家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

家庭教師は相性が大切!子供に合う先生を紹介してもらう、4つのポイント

投稿日:2020年8月17日 更新日:

家庭教師は、先生によるマンツーマン指導が基本。そのため「お子さんと先生の相性」はとても大切です。

「この先生はとてもわかりやすいし、面白い!」という先生なら、お子さんも前向きに勉強でき、成績も伸びやすくなります。一方、「この先生、いまいち合わない・・」という先生の場合、長く教えてもらっても思うように成績が伸びないこともあります。

スムーズに学力を伸ばすなら、最初からなるべく相性の良い先生を紹介してもらうことが大切!ここでは、「相性の良い先生を紹介してもらう方法」を解説します。

なお、家庭教師を探すなら、「家庭教師 比較くらべーる」という無料のサービスが便利。学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、お子さんと相性の良い、地域で人気の家庭教師センターをまとめて探せます。資料請求の申込みもカンタンにでき、1社ずつ調べる手間が省けて便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師は相性にこだわろう!良い先生に教えてもらえば、成績は伸びやすい

「とりあえず家庭教師の先生を子供につければ、成績が伸びるのでは?」

こんなふうに考える親御さんもいらっしゃいますが、家庭教師はただ先生に来てもらうだけでは効果が薄いです。なるべくお子さんと先生の相性にこだわるべき。

人は誰しも、気の合う人と合わない人がいます。嫌いな人が言うことは、あまり聞きたくないこともあると思います。

特に子供は好き嫌いがハッキリしているため、合わないとなったらトコトン合いません・・(汗)

つまり相性が悪い先生だと、いくら先生がしっかり説明しても、お子さんがなかなか吸収してくれません。逆に「あの先生は好き」という先生なら、説明をドンドン聞いて理解してくれます。

管理人もなるべく多くの生徒さんに合うよう指導していましたが、「この子は自分と合うな」という生徒さんは、スムーズに学力を伸ばしてくれることが多かったです。

相性の良い先生を紹介してもらうには?4つのポイント

家庭教師は相性が大切だと理解できても、「どうすれば良い先生を紹介してもらえるのか?」がわからないことは多いもの。

そこで次の4点を意識して、家庭教師センターを利用してみてほしいと思います。

【家庭教師センターで相性の良い先生を紹介してもらう、4つのポイント!】

  1. お子さんの状況を、家庭教師センターに伝える。なるべく詳しく!
  2. スタッフとの相性も良い(信頼できる)家庭教師センターを選ぶ
  3. 希望の先生をスタッフ任せにせず、親子で話し合って条件を出す
  4. 紹介予定の先生で体験できる家庭教師センターを利用する

1. お子さんの状況を、家庭教師センターに伝える。なるべく詳しく!

相性の良い先生を紹介してもらうには、まずはお子さんがどんな子か知ってもらうことが大切。そのためには家庭教師センターに、お子さんの状況を詳しく伝えると良いです。

【家庭教師の体験前に用意すると良いもの】

  • テストの点数(直近半年くらい)
  • 成績表(直近のもの)
  • 親御さんが気づく、勉強の様子(普段はあまり勉強しない、数学は得意、など)
  • 趣味・好きなこと

多くの家庭教師センターは、無料で体験授業を受けることができます。体験前に上のようなものを用意しておくと、家庭教師センターのスタッフにお子さんを詳しく知ってもらえます。

細かな情報を伝えると、スタッフが先生に「この生徒さんは今こんな成績で、ここに悩んでいます。趣味がゲームとマンガなので、休憩のときに雑談で話を合わせると良いですよ」のように伝えてくれます。

先生も指導のイメージがわくと、最初から生徒さんと上手く合わせやすくなります。もちろん先生はどんな生徒さんでも対応できる必要がありますが、ご家庭からの情報があると、より助かるのです。

2. スタッフとの相性も良い(信頼できる)家庭教師センターを選ぶ

家庭教師センターは、最初に営業スタッフが体験授業とサービスの説明をしてくれます。このときスタッフが、「親身になってくれる、良い人かどうか」もチェックしましょう。

【こんな家庭教師センターのスタッフは微妙・・】

  • 何だか頼りない
  • 提案が強引
  • 説明が適当

スタッフがイマイチの場合、紹介してもらえる先生の準備も微妙な可能性があります。家庭教師センターは1社だけではないので、別の会社を考えるほうが安心。

家庭教師は先生だけでなく、スタッフとの相性も良いほうが成績は伸びやすくなります。家庭教師センターは進路や受験の情報を提供してくれるため、サポート面で頼りになります。

3. 希望の先生をスタッフ任せにせず、親子で話し合って条件を出す

ほとんどの家庭教師センターでは、「こんな人がいい」という先生の希望を出すことができます。

「条件は、いい先生。以上!」

上のようにざっくりした希望の出し方だと、家庭教師センターのスタッフが困ってしまいます。あまり希望条件が細かすぎるのも候補の先生が減ってしまいますが、3〜5つくらいの条件を出しておくと良いです。

【先生の希望を出すときのポイント】

  • 明るく元気な先生? or 落ち着いた優しい先生?
  • 異性の先生でも大丈夫?
  • 大学生の先生 or 社会人の先生?
  • 学歴にこだわりはある?
  • 近くに住む先生? or 少し遠くに住む先生でも大丈夫?
  • 合格実績はあるほうがいい?

上のようなポイントをお子さんと一緒に考えて、家庭教師センターのスタッフに希望を出しましょう。

ただし上でもお伝えしたように、あまり条件が細かすぎるのも良くありません。候補の先生が少なくなり、性格面で相性の良い人を紹介してもらえなくなる可能性があります。少し条件を緩めることも、一応考えておくと良いです。

4. 紹介予定の先生で体験できる家庭教師センターを利用する

家庭教師センターの体験授業は、実は営業スタッフが教えてくれることが多いです。つまり入会後に担当となる先生は、体験時に教えてくれる人ではない場合がほとんどです。

ただ、会社によっては、入会後に担当となる先生で体験を受けることができます。

【体験時の先生が、そのまま担当になる家庭教師センター】

  • 家庭教師の学参
  • 家庭教師ファースト

この2社なら「体験のときの先生が良かった・・」ということがないため、利用してみるのもおすすめ。どちらも準大手規模の会社で、体制が整っています。

ただ、体験と実際の授業で先生が違っても、良い家庭教師センターはあるため、比較して考えるのがおすすめです。

もし相性が合わない場合、家庭教師センターは無料で先生を変更してくれる。ただし頻繁に変えるのは逆効果

なるべくお子さんと合う先生を紹介してもらおうと思っても、「いざ授業が始まったら、合わなかった・・」ということはあります。

ですがこの場合、多くの家庭教師センターは無料で先生を変更してくれます。電話などでスタッフに連絡すると講師交代の手続きを進めてくれるため、「この先生は無理」という場合は連絡しましょう。

先生を変更する場合、1〜2週間ほど準備期間で待つことになり、その後に新しい先生が来てくれます。時間がかかるためなるべく避けたいですが、長い目で見ると早めに変更したほうがお子さんにとってプラスです。

上で紹介したポイントに気をつければ、最初から良い先生に教えてもらいやすいです。ただ、もし微妙な先生に当たってしまった場合は、変更ができることを覚えておきましょう。

ちなみに「この先生もダメ、あの先生もダメ」と、頻繁に先生を変えるのは良くありません。お子さんも新しい先生に慣れるまで時間がかかり、その期間が繰り返されることになるためです。

どの先生も、100%カンペキという人は正直いません。「この先生ならやっていけそう」と感じたら、半年〜1年ほどは様子を見てみることをおすすめします。

家庭教師は相性の良い先生に教えてもらえば、学力が大きくアップする可能性あり!

家庭教師は、相性がとても大切。お子さんと先生が合うなら、学力もスムーズに伸びやすくなります。

お子さんにピッタリな先生を紹介してもらうには、上で紹介した4つのポイントを押さえておくと良いです。また、念のため、合わない先生は無料で変更できることを覚えておきましょう。

まずは体験授業を通して、家庭教師そのものがお子さんに合うかをチェックしてみてくださいね。スタッフから今後の学習アドバイスももらうことができます。

家庭教師 比較くらべーる

なお、家庭教師センターを探すなら、「家庭教師 比較くらべーる」という無料のサービスが便利です。学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、お子さんにピッタリの地域で人気の家庭教師センターをまとめて探せます。

家庭教師を考えるときは、できれば複数の会社(2〜3社)を比べると良いです。家庭教師 比較くらべーるなら資料請求の申込みもカンタンにでき、1社ずつ調べる手間が省けて便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

-家庭教師の基本

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.