家庭教師の先生は大学生と社会人どちらがいい?メリットとデメリット

投稿日:2018年1月9日 更新日:

家庭教師で先生として教えに来てくれる人は、「大学生」と「社会人」に分けることができます。どちらが良いかは子供によって違い、両方のメリット・デメリットを知ることが大切。

家庭教師センター(トライなど、家庭教師を紹介してくれるサービス)を利用する場合、「どんな先生が良いか」について希望を出すことができます。それぞれの特徴を理解すると、「子供にとってベストな先生」の希望を出しやすくなりますよ。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

大学生と社会人講師のメリット・デメリット

大学生と社会人の先生には、次のようなメリット・デメリットがあります。それぞれの違いを知ってくださいね。

大学生講師のメリット・デメリット

まずは大学生講師のメリット・デメリットについて。次のような特徴があります。

【メリット】

  • 若いため、コミュニケーションが上手。
  • 講師に勉強が苦手な気持ちを理解しやすい。
  • 最近の中学校・高校・大学の事情をよく知っている。

【デメリット】

  • ハイレベルな指導には不向き。
  • 人によっては、マナーを守れないことがある。

大学生の先生は「若さ」という大きなメリットがあります。子供と年齢が近いため、「元気で明るい人」や「優しくお兄さんやお姉さん的な立場で教えてくれる人」のような人が多いです。

管理人も家庭教師や塾講師としてさまざまな生徒さんを教える中で、ほかの先生の指導も見てきました。その中で感じることは、「確かに指導力(学歴・指導経験)は大切だけれど、コミュニケーション能力も大切」ということです。「子供の心をつかむ力」という面では、社会人より大学生の先生のほうが高い能力を持っていることが多いのです。

いくら豊富な経験を持っていても、それを楽しく伝えることができないと、子供の学力は伸びにくいです。大学生の先生は子供と上手くコミュニケーションをとれる人が多く、中学生の指導に向きやすいといえます。

ただ、「ハイレベルな高校を目指したい場合」や「子供がある程度の学力をつけている場合」には、大学生の指導力では対応しきれないことがあります。こうした場合は、経験豊富な社会人講師のほうが向いているといえます。

さらに大学生の先生はまだ若いため、人によってはマナーを守れないことがあります。先生は家庭教師センターで研修を受けてから指導に来てくれるため、基本的な常識は守れる人が多いです。ただ、先生によっては時間を守らなかったり、挨拶ができなかったりすることがあるため、この場合には「講師の変更」をセンターへ依頼すると良いです。講師変更はほとんどの家庭教師センターで無料です。

社会人講師のメリット・デメリット

次に、社会人講師のメリット・デメリットを紹介します。

【メリット】

  • 経験豊富な人が多いため、幅広い子供にしっかり対応できる。
  • ハイレベルな内容も、指導できる人が多い。
  • マナーを守れる人が多く、スムーズにやりとりしやすい。

【デメリット】

  • 年齢が高い講師は、子供の気持ちを理解できないことがある。
  • 仕事や家事があり、臨機応変な対応をしにくい。

社会人の中にも、家庭教師をしている人がいます。こうした人は仕事終わりの時間や休みの日を利用したり、家事や育児の合間を縫って指導をしたりしています。

社会人の先生は「経験が豊富」という大きなメリットがあります。学生の頃から家庭教師のアルバイトをしていた人が多く、5年や10年など、長く勉強を教えている人が多いです。

中1~3年の内容をしっかりと把握している先生は、幅広い子供に対応しやすいです。また、何度も同じ内容を教えている先生は指導に慣れており、ハイレベルな内容も指導してくれます。

学校のテストで上位を狙いたい場合や、偏差値の高い高校を目指したいなら、社会人の先生を検討するのがオススメです。社会人の先生ならマナーもしっかりしているため、親とのコミュニケーションもスムーズです。

ただ、社会人の先生は人によって、子供の心を上手くつかめないことがあります。30代や40代になると、子供との年齢が離れてきます。すると子供の親近感が湧きにくくなり、「勉強を教えるだけ」になってしまうことがあります。

先生は「学力」だけで決めない!

家庭教師は勉強を教えてくれる人なので、「偏差値の高い高校・大学出身の先生」や「指導経験豊富な先生」など、「先生の学力」に注目してしまいがちです。

ただ、良い先生かどうかを考えるときには、学力だけでなく、「人柄」や「コミュニケーション能力」も大切。経験豊富な社会人の先生だけでなく、まだ経験は浅くても子供の心を上手くつかめる大学生の先生にも、違った良さがあります。

すると、「うちの子供に合っているのは大学生と社会人、どちらなんだろう」ということが気になると思います。そこでそれぞれの先生が、どんな子供に向きやすいのかを紹介しますね。

勉強が苦手な場合には「大学生」

大学生の先生が向きやすいのは、「勉強へのモチベーションが低い子供」の場合です。

  • 「勉強が苦手で、嫌い」
  • 「どうやって勉強すればいいか分からない」
  • 「つい勉強をサボってしまう」
  • 「とりあえず、平均レベルまで点数を上げたい」

こうしたときには、家庭教師センターに大学生の先生を中心に探してもらうと良いです。

大学生の講師は上で紹介したように、子供とコミュニケーションをとるのが上手です。そのためやる気のない子供でも「お兄さん」「お姉さん」のように接することで、やる気を引き出しやすいです。中学校の平均レベル~やや上を目指す指導なら、大学生も十分対応できます。

勉強がある程度好きな場合には「社会人」

社会人の先生が向きやすのは、「勉強へのモチベーションがある程度高い子供」です。

  • 「もっと点数を伸ばしたい」
  • 「上位の高校を目指したい」
  • 「自分で勉強できるけど、フォローをしてほしい」

上のような場合には、社会人の先生を家庭教師センターに紹介してもらいましょう。

社会人の講師は指導力があるため、今の時点で力をつけている子供にも十分対応することができます。経験豊富な先生は「自分が分からない問題を、先生はスパッと解いてしまう」「いつも新しい発見がある」という感動を与えることができ、実力のある子供の心を惹きつけることができます。

子供に合った先生を紹介してもらおう!

大学生と社会人の先生は、それぞれで異なるメリット・デメリットがあります。子供に合った講師を紹介してもらうと、よりスムーズに成績が伸びやすくなりますよ。また、子供も親も「先生は頼りになる!」と感じやすいです。上手に家庭教師を活用して、子供の学力アップに役立ててくださいね。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-先生のタイプ
-, , , , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.