家庭教師デスクスタイルの研修内容は?子供をしっかり教えてもらえる?

投稿日:2018年2月24日 更新日:

家庭教師デスクスタイルでは、指導を担当する先生に「研修」を行っています。子供に勉強を教える上で必要なことを伝えることで、スタッフは先生がスムーズに指導できるよう整えているのです。

ただ、「研修といっても、一体どんな内容なの?」「うちの子を、ちゃんと見てもらえるの?」と思うこともありますよね。そこでここでは、「家庭教師デスクスタイルが行っている研修」について紹介します。利用しようか迷うときには、参考にしてくださいね。

デスクスタイルの先生は、研修を受けた大学生が中心

デスクスタイルの先生は大学生が中心で、研修を受けてからご家庭の指導へ向かいます。

大学生の先生は英語や数学など、勉強についての知識をもっています。ただ、それを「人に教える」という面では、スキルが不足していることは多いです。そのためデスクスタイルのスタッフが研修をすることで、先生がしっかりと子供を教えられるように整えています。

先生には子供の勉強を任せることになるので、なるべく良い人に教えてもらいたいもの。「デスクスタイルは研修を行うことで、先生の質を保っている」といえます。

ちなみに研修は、デスクスタイルの各地域にある支店で行われています。管理人も研修を受けに、支店へ出向いたことがあります。

デスクスタイルの研修内容は、大きく3つ

デスクスタイルの研修では、大きく3つのことが行われます。

  • 子供の現状・今後の方針についての説明。
  • 家庭教師としての指導研修。
  • 一般常識・マナー研修。

これら3つのことが行われることで、先生の指導スキルが整います。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

子供の現状・今後の方針についての説明

まずはデスクスタイルのスタッフが先生に、「子供の学習状況」を説明します。

先生が良い指導をするには、「子供が今、どのような点でつまずいているのか」を知ることが大切。スタッフが「この生徒さんは今数学が苦手で、20点くらいしか取れていません。これをまずは、何とか50~60点くらい取れるように指導してほしいです」のように伝えることで、先生が指導のイメージをつかみやすくなるのです。

また、「今後の学習方針」についても、スタッフから提案があります。「生徒さんは数学をかなり苦手にされているので、あまり無理に進めようとせず、最初はじっくり教えていただくと良いと思います」のように方針の提案があることで、先生がそれに沿って指導を進めることができます。

家庭教師としての指導研修

次に、「家庭教師として指導するための研修」も行われます。

上でも紹介したように、英語や数学についての知識があっても、「先生がそれを上手く子供に伝えられるか」は別の話です。そのためスタッフが「どうして分からないの?のように生徒さんへ聞くのは控えましょう」「生徒さんのモチベーションを上げるために、適度に雑談を加えながら教えると良いです」のような「教え方」を伝えることで、先生は子供の興味を引く指導をしやすくなります。

一般常識・マナー研修

さらにデスクスタイルの研修では、「一般常識・マナー研修」も行われます。

大学生の先生はまだ10代もしくは20代前半。そのため人によっては、一般常識やマナーを知らないことがあります。先生がご家庭の指導へ向かったときに挨拶をしなかったり、授業中にスマホを触ったりするのは、当然ですがマナー違反です。そのためデスクスタイルはこうしたトラブルを防ぐために、常識やマナーを先生に伝えています。

研修内容は具体的に、次のようなことが挙げられます。

  • 清潔感のある服装で向かう。
  • 指導スタート・終了のときには挨拶をする。
  • 無断で遅刻・欠席をしない。
  • むやみに指導スケジュールを変更しない。
  • 子供とのLINEなど、連絡先の交換禁止。

他にもありますが、ざっとこうしたことが研修で先生に伝えられます。

良い指導をする先生でも、よく遅刻をしたり、挨拶ができなかったりする人は嫌ですよね。どれも基本的な常識・マナーですが、大学生の先生にはしっかりと伝えておく必要があるのです。

もし相性が合わない場合、無料で先生を変更できる

こうして3つの内容について研修が終わったら、先生はご家庭に出向いて指導がスタートします。

デスクスタイルのスタッフは子供との相性を考えて候補の先生を選んでくれて、良い指導ができるように先生へ研修をしてくれます。そのため基本的には、満足できる先生を紹介してもらえることが多いです。

ただ、子供や先生には「相性」があり、場合によっては「この先生は相性が合わない」ということがあります。このときにはデスクスタイルのスタッフへ連絡すれば、無料で講師の変更をしてもらうことができます。

ただし別の先生を紹介してもらうには、デスクスタイルのスタッフがあらためて講師の選抜や研修をする必要があるため、1~2週間ほどの時間がかかります。念のため、理解しておきましょう。

デスクスタイルは研修を受けた、良い先生に教えてもらえる

家庭教師デスクスタイルでは「子供の現状・今後の指導方針」「家庭教師としての指導研修」「一般常識・マナー研修」という、3つの研修を受けた先生が指導に来てくれます。そのため子供をしっかり教えてもらうことができ、点数アップにつながる可能性は高いです。

ただ、家庭教師は子供によって向き不向きがあるため、まずは「体験」をしてから利用するかどうか決めることが大切。デスクスタイルは無料で体験を受けることができ、実際の指導がどのようなものなのか知ることができます。興味が湧いたら、利用してみてくださいね。

なお、デスクスタイルを含め、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-サービス
-, ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.