家庭教師デスクスタイルの料金を解説!毎月いくらくらいかかる?

投稿日:2018年2月11日 更新日:

家庭教師のデスクスタイルを検討するときに確認したいのが「料金」について。

「最初にいくら必要なの?」
「毎月いくらかかるの?」

ということは、やっぱり気になりますよね。

そこでここでは、デスクスタイルの料金について詳しく解説します。料金の内容がスッキリ分かるはずなので、検討するときの材料にしてくださいね!

デスクスタイルの料金は目安として、月15,000〜25,000ほど

まず、デスクスタイルの料金は目安として、15,000〜25,000円ほどと考えてください。指導してもらう回数・時間・科目数によって料金は変わりますが、だいたいこれくらいの金額に収まることが多いです。

一般的な家庭教師は25,000〜35,000円ほどが相場のため、デスクスタイルは相場よりも安いサービスといえます。

一般的に経験のある先生ほど、指導料は高くなります。デスクスタイルで授業をしてくれるのは大学生の先生が中心で、社会人やプロの先生は少なめとなっています。そのためデスクスタイルは指導料を抑えることができており、利用しやすいサービスになっています。

ちなみに大学生の先生でも、きちんと中学生の内容を教えることはできます。特に大学生は中学生の子供と年齢が近いため、「お兄さん」や「お姉さん」のような雰囲気で教えてくれやすいです。

勉強が嫌い・苦手な子供は楽しく指導することが大切。この意味で大学生の先生は、「平均点を取れない子供の指導に向いている」といえます。

デスクスタイルでかかる料金の内訳は?

ここから、デスクスタイルの料金を詳しく解説します。デスクスタイルでは、「最初だけ支払う料金」と「毎月支払う料金」がかかります。

最初だけ支払う料金:入会金・保証料
毎月支払う料金:指導料・教材費・交通費

それぞれを見ていきましょう。

入会金として21,600円が最初に必要

まず、デスクスタイルへの「入会金」として、21,600円(税込)が必要です。

また、「保証金」として14,000円がかかります。これは「もし毎月支払う料金を滞納してしまった場合、その埋め合わせに使われる費用」です。家庭によっては毎月の料金を支払わないことがあり、万が一に備えてデスクスタイルは保証金を預っています。

ただ、保証金は月額料金の滞納がなければ、退会時に戻ってきます。そのためきちんと料金を支払えば、実質はかからない費用です。

最初に支払う費用は、この2つのみです。ほかにかかる料金はありません。

毎月の料金は「指導料+教材費+交通費」

次に、毎月かかる料金を見ていきます。

デスクスタイルでは「指導料+教材費+交通費」の料金が、毎月かかります。それぞれの費用を順番に説明します。

【指導料】
60分:1,500円(税込)×指導回数
90分:2,500円(税込)×指導回数
120分以上:1500円×時間(例:120分なら3,000円)

指導料は上のようになっています。

例えば週1回(月4回)90分の指導をしてもらう場合、指導料は2,500円×4回=月10,000円(税込)となります。指導料は「先生による授業料」のため、先生へ直接支払います。

これに加えて、教材代や交通費がかかります。

【教材代】

デスクスタイルでは勉強をスムーズに進めるため、「オリジナル教材」を用意しています。サービスによっては手持ちの教材で勉強することもありますが、デスクスタイルでは独自のテキストを使います。

英・数・国:それぞれ月4,100円(税込)
理・社:それぞれ月3,300円(税込)

例えば週1回(月4回)90分で、英語と数学を教えてもらうとします。この場合、教材代は4,100円×2科目=8,200円(税込)となります。指導料は2,500円×4回=月10,000円(税込)のため、合計で18,200円(税込)が毎月の料金です。

【交通費】

デスクスタイルでは家庭教師の先生が自宅に来てくれるため、「先生の交通費」を家庭が支払うことになります。

交通費:片道で最大400円

デスクスタイルは、なるべく自宅から近い先生を紹介してくれます。つまり交通費があまり高くならないように配慮してくれます。

例えば先生の交通費が「往復で600円」の場合、週1回(月4回)指導でかかる交通費は600円×4回=2,400円です。

ここまで紹介したように、「指導料+教材費+交通費」が毎月支払う料金です。これらを合計してだいたい月15,000〜25,000円くらいになることが多いので、検討してみてくださいね。

デスクスタイルは、さまざまな割引がある

デスクスタイルでは、さまざまな割引があります。もし当てはまるものがあれば、よりおトクになります!

兄弟同時指導割引:兄弟2人を教えてもらう場合、1人あたりの指導料が60分875円(税込。通常は1,500円)になる。つまり兄弟で、60分1750円(税込)の指導料。
子育て支援割引:子育て支援カード・子育て応援パスポートを持っていると、割引あり。
母子・父子家庭割引:母子家庭・父子家庭の場合、割引あり。
他社からの乗り換え割引:ほかの家庭教師サービスや、塾などから乗り換える場合、割引あり。
友達の紹介割引:友達からの紹介で、割引あり。

それぞれの割引キャンペーンは、内容が時期やタイミングによって変わります。当てはまるものがあれば、デスクスタイルに相談してみてくださいね。

デスクスタイルは手頃な料金で、利用しやすいサービス!

デスクスタイルの料金は月15,000〜25,000円くらいが目安で、手頃な料金となっています。ほかの家庭教師サービスよりも比較的安いため、子供が勉強を苦手にしている場合には考えてみてくださいね。

デスクスタイルは無料で「体験授業」を受けることができます。家庭教師は子供によって向き不向きがあるため、まずは実際に授業を受けてみると良いです。強引に売り込まれたり、実は体験でお金がかかったりすることはありません。デスクスタイルを活用して、子供の勉強をしっかりサポートしてあげてくださいね!

なお、デスクスタイルを含め、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-サービス
-, , , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.