家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

家庭教師デスクスタイルの教材代は高い?テキストはどんな内容?

投稿日:2018年2月12日 更新日:

家庭教師のデスクスタイルを考えるときには、「教材」が気になることもあると思います。

「ネットで教材代が高いっていう口コミを見かけるけど、実際どうなの??」

デスクスタイルは平均点を取りたい子供向けのサービスで、「基礎から学べるオリジナル教材」を用意しています。

料金は1科目4,100円(税込・英数国の場合)で、指導料を含めたトータル金額は月14,000~28,000円ほどです。他社に比べると少し安いので、デスクスタイルを考えてみるのも良いと思います。

ここではデスクスタイルの教材について、料金や内容を解説します。

なお、デスクスタイルを含め、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

デスクスタイルはオリジナル教材の使用が必須

デスクスタイルの指導は基本的に、オリジナル教材を使って進められます。

家庭教師センターは大きく2種類に分かれ、

  • 教科書や学校のワークなど、手持ちの教材を使って教えてもらう会社(トライ・学研・学参・ノーバスなど)
  • オリジナル教材で教えてくれる会社(あすなろ・デスクスタイル・ガンバなど)

があり、デスクスタイルは後者です。

デスクスタイルのコンセプトは、「勉強が苦手・嫌いな子供向けの家庭教師」。

勉強へのモチベーションが低い子は、「教科書もワークもよく分からない。一体何を使って勉強すれば良いのか分からない」ということがよくあります。そのためデスクスタイルではオリジナル教材を用意して、迷わず勉強できるようにしています。

デスクスタイルを利用する場合、子供に「とにかくこれ(オリジナル教材)だけ!」と伝えると良いです。

取り組む教材を絞ることで、そのテキストをどんどん進められるようになります。すると学習効果が高くなり、子供のテスト点数や成績もアップしやすくなります。

教材のレベルは「教科書の基本~標準」

デスクスタイルの教材は、勉強が苦手な子供でも無理なく取り組めるレベルになっています。目安でいうと「教科書の基本~標準レベル」です。

いきなり難しい問題に取り組んでも、なかなか勉強が進みません。また、勉強をより嫌いになってしまう可能性も高いです。そのためまずは、基本的な内容をしっかり押さえることが大切。

デスクスタイルのオリジナル教材は解説もていねいなので、先生と一緒に勉強すればスムーズに理解しやすいです。

デスクスタイルの教材費はシンプル。月額は指導料がプラスされるので要チェック

デスクスタイルの教材費は、とてもシンプルです。

英・数・国:それぞれ月4,100円(税込)
理・社:それぞれ月3,300円(税込)

勉強が苦手な子供の場合、まずは「英語」と「数学」から勉強するのが一般的。つまり4,100円×2=8,200円(税込)が毎月の教材費です。

デスクスタイルでは、教材代に加えて「指導料」がかかります。週1回(月4回)90分で授業を受ける場合、指導料は税込10,800円(90分指導は1回2,700円。2,700円×4回)です。つまりこの場合、指導料10,800円+教材代8,200円=19,000円(税抜)が毎月の料金です。

「教材代が高い」っていう口コミがあるけど・・?

デスクスタイルはネットの口コミで、「教材代が高い」という内容を見かけることがあります。

確かに1科目で月4,100円、英語・数学合わせて8,200円というテキスト代は、本屋で買える参考書・問題集に比べると高く感じるかもしれません。ただ、管理人は実はそう思いません。

デスクスタイルは単にテキストを用意して「はい終わり」というわけではなく、「スタッフによる学習サポート」を電話やメールで受けることができます。教材代には、この費用も含まれています。

スタッフは先生から「指導報告」を受けていて、子供の学習状況を把握しています。これを元に家庭や子供へ勉強・進路などのアドバイスをすることで、スムーズに学力を伸ばせるようサポートしてくれます。

また、中学生向けの通信教育は、だいたい月4,000~5,000円くらいの金額。つまりデスクスタイルの教材は「通信教育と同じくらい」と考えれば、すごく高いわけではないと思います。

通信教育では、複数科目をまとめて受講すると1教科あたりの金額が安くなります。デスクスタイルのほうが高いかもしれませんが、サポート費用が含まれていると考えれば、妥当(だとう)な金額です。

デスクスタイルのトータル月額は14,000~28,000円くらい(指導回数・時間・科目数によって変わります)。一般的な家庭教師の月額は20,000~35,000円ほどなので、デスクスタイルは指導料・教材代トータルで考えればお値打ちなサービスといえます。

管理人はデスクスタイルの回し者ではありませんが(笑)教材費だけで考えている口コミが多いため、管理人の考えをお伝えさせていただきました。

「全部お任せしたい!」という場合にはおすすめのサービス

デスクスタイルの教材は、勉強が苦手な子供向けの「基礎~標準レベル」。教材代は英・数・国が月4,100円(税込)、理・社が月3,300円(税込)です。指導料と教材代のトータルは14,000~28,000円ほどで、相場に比べると安いサービスといえます。

デスクスタイルは、「子供が勉強嫌いなので、全部お任せしたい!」というときにはおすすめのサービス。楽しくしっかり教えてくれる先生・基本から学べる教材・スタッフによるサポートを活用して、子供の成績アップに役立ててくださいね。

なお、デスクスタイルを含め、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

(デスクスタイルについてさらに詳しく)
家庭教師デスクスタイルは勉強が苦手な中学生向け!内容・料金を評価

-サービス
-, , , , ,

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.