家庭教師デスクスタイルは勉強が苦手な中学生向け!内容・料金を評価!

投稿日:2018年1月20日 更新日:

デスクスタイルは20年以上の実績をもち、西側の地域で評判の良い家庭教師センター(家庭教師を紹介してくれるサービス)です。「勉強が苦手な子供向けの家庭教師」をコンセプトにしており、お兄さんやお姉さん的な雰囲気の先生に基礎から指導してもらうことができます。

ここではデスクスタイルのメリットやデメリット、料金について解説します。どの家庭教師センターを利用しようか検討しているときには、ぜひ参考にしてくださいね。

なお、デスクスタイルを含め、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

勉強が苦手・嫌いな子供向けの家庭教師センター

デスクスタイルは実績20年以上、講師数4万人以上の家庭教師センターです。

管理人の個人的な感覚なのですが、20年以上運営している家庭教師センターは「実績のあるサービス」として考えています。デスクスタイルは長年に渡って支持されていて、それだけ質の高い家庭教師センターといえます。

家庭教師センターはどれも同じように見えるますが、デスクスタイルは「勉強が苦手な子供向けの家庭教師」というハッキリしたコンセプトを掲げています。

  • 勉強がとても苦手。。
  • そもそも勉強の仕方が分からない。
  • テストではいつも、平均点を取れない。

上のような子供にはデスクスタイルは向きやすいので、「まず検討するべきサービス」といえます。

デスクスタイルのメリット

デスクスタイルにはさまざまなメリットがあり、大きく分けて5つのポイントがあります。

  • 勉強が苦手・嫌いな子供の指導ノウハウが充実している。
  • さまざまな「学習冊子」を提供してもらえる。
  • 大学生の先生が中心。親近感の湧く指導を受けられる。
  • オリジナル教材で、迷うことなく勉強できる。
  • 家庭教師センターの中では費用が安め。

それぞれを見ていきましょう。

勉強が苦手・嫌いな子供の指導ノウハウが充実している

デスクスタイルは上で紹介したように、勉強が苦手な子供の指導を得意としています。ただ、「得意」といっても、具体的にどんな指導をしてくれるのか分かりませんよね。デスクスタイルでは次の点を重視しており、指導を担当する先生にも研修が行われています。

  • 勉強の内容だけでなく、「勉強の仕方」を教える。
  • 教科書の内容を中心に指導する。
  • 学校の授業に合わせて勉強を進める。
  • 小学校を含めて、抜けている基礎を確認。
  • 学習スケジュールを作って子供に合わせて指導する。
  • 学校の教科書に合わせたテスト対策問題で、ピンポイントな学習。
  • お兄さんやお姉さん的な先生が、楽しく指導。
  • デスクスタイルのスタッフによる、学習相談の受付け。

こうしたたくさんのノウハウがあります。先生がもともと身につけている指導力に加えて上のようなノウハウがあることで、デスクスタイルでは勉強が苦手な子供でも点数を伸ばしやすくなっています。

オリジナル教材で、迷うことなく勉強できる

家庭教師センターによって、大きく2つの指導形式があります。

  • 子供が持っているワークで勉強する場合
  • 家庭教師センターが用意しているオリジナル教材を使う場合

この2パターンです。両方のコースを用意していることもあれば、どちらか片方だけの家庭教師センターもあります。

デスクスタイルは「何を勉強するかで迷わないように」という配慮から、オリジナル教材での学習が必須となっています。「基礎から学ぶ」というデスクスタイルのコンセプトに沿った内容となっているため、勉強しやすくグングン点数を伸ばせるような構成となっています。

教科書の内容を理解してデスクスタイルのテキストで問題を解くと、しっかりと力をつけることができます。

さまざまな「学習冊子」を提供してもらえる

デスクスタイルではテキスト以外に、さまざまな学習冊子を用意しています。

  • 小学生の漢字チェック帳(1006字)
  • 中学生の漢字チェック帳(1130字)
  • 中学生の英単語チェック帳(1200字)
  • 小学算数の基本チェック帳
  • 高校受験ガイドブック
  • 小論文・作文対策
  • 面接対策

これらはデスクスタイルに申し込むと無料でもらうことができ、補助的なツールとして使うことができます。

特に中学生の英単語チェックと小学生算数の基本チェックはかなり使えますよ。

英単語と小学生の算数知識は、中学生の学習には必須といえます。先生に宿題として出してもらってコツコツ取り組めば、英語や数学の勉強がよりスムーズになります。もちろん他の冊子も役立つので、活用しながら勉強を進めると良いですよ。

大学生の先生が中心。親近感の湧く指導を受けられる

デスクスタイルには大学生、社会人の先生両方が在籍しています。ただ、基本的には大学生の先生が中心。大学生講師は子供と年齢が近いため、親近感の湧く指導をしやすいです。

家庭教師は勉強を教えることも大切ですが、「子供のモチベーションを高める」という役割もあります。コミュニケーションをとりながら指導することで、子供が「この先生との勉強なら楽しい」と感じやすくなります。

子供がこうした姿勢になれば、勉強へのモチベーションが上がり、さらに成績は伸びやすくなります。

家庭教師センターの中では費用が安め

デスクスタイルはオリジナル教材を用意しているものの基礎的な指導が中心のため、料金は抑えめになっています。

料金については下で詳しく解説しますが、月あたり14,000~25,000円ほどで利用できます。

家庭教師で1番大切なのは「しっかり子供を教えてくれて、成績が上がるか」ですが、料金が安いに越したことはありません。その意味でデスクスタイルは、検討する価値があるといえます。

デスクスタイルのデメリット

デスクスタイルには上のようなメリットがあるものの、デメリットもあります。大きく分けて2つの点があるため、確認しておくと良いです。

関東・東北地方は対応していない

デスクスタイルは、関東・東北地方は対応エリアに入っていません。東京・神奈川・千葉・埼玉では利用することができないため、気をつけてください。

対応している地域は下で紹介する表の通りで、デスクスタイルは「本州の真ん中から西側エリア」でサービスを展開しています。

関西:大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
東海:愛知・岐阜・三重・静岡
四国:徳島・香川・高知・愛媛
北信・甲信越:石川・富山・新潟・福井・長野・山梨
中国:島根・鳥取・岡山・広島
九州:福岡・大分・宮崎・長崎・熊本・佐賀・鹿児島

プロコースはないため、ハイレベルな指導には不向き

デスクスタイルは冒頭で紹介したように、「勉強が苦手な子供」を対象としています。そのためハイレベルな勉強ができる「プロ家庭教師コース」はありません。すでに勉強がある程度できる場合や、勉強に対する意欲が高い場合、デスクスタイルはおすすめしません。

以上2つのデメリットを理解して利用すれば、デスクスタイルを子供の成績アップに役立てやすいです。

デスクスタイルの料金

家庭教師センターによっては料金を公式サイトに載せていないことがありますが、デスクスタイルはきちんと掲載しており、シンプルな料金システムとなっています。

デスクスタイルでかかる料金は、「入会金」と「月額料金」に分かれています。

入会金は21,600円(税込)です。また、もしも月額料金を滞納した場合に充てられる「保証金」として、14,000円が必要です。保証金は滞納がなければ、退会時にそのまま返してもらうことができます。

次に月額料金ですが、次の3つの料金で構成されています。

「指導料」+「教材費」+「交通費」

これら3つの費用を合計した金額が、月に支払う料金です。

【指導料】
指導料は、次のようになっています。

60分指導 1回1,500円(税込)
90分指導 1回2,500円(税込)
120分指導 1回3,000円(税込)
120分を超える指導 1,500円×指導時間

学年によって、料金は変わりません。たとえば週1回(月4回)90分の指導をしてもらう場合の指導料は、2,500円×4回=10,000円です。

【教材費】
デスクスタイルではオリジナル教材を使って指導するため、教材費が毎月かかります。

英・数・国 それぞれ月4,100円
理・社 それぞれ月3,300円

たとえば英語と数学を教えてもらう場合の教材費は、4,100円×2科目=8,200円です。

【交通費】
交通費は「先生に、自宅へ指導しにきてもらうための費用」です。「片道最大400円」となっており、デスクスタイルはなるべく近いところに住む先生を紹介してくれます。

たとえば先生が自宅へきてもらうために、片道300円の交通費がかかるとします。週1回(月4回)指導してもらう場合、1ヶ月の交通費は往復600円×4回=2,400円となります。

つまり週1回(月4回)90分で英語と数学を教えてもらう場合、10,000円+8,200円=18,200円(税込)に、先生の交通費を加えた料金が月額となります。

一般的な家庭教師センターでは、25,000円前後の料金がかかることは多いです。これに比べるとデスクスタイルは、良心的な価格といえると思います。

デスクスタイルを利用するときの流れ

デスクスタイルを利用する場合、次のような流れで進みます。

問い合わせ → 体験授業 → サービス説明 → 入会申込み

デスクスタイルでは最初に、「体験授業」を受けることができます。実際にどんな指導をしてもらえるかを体験することで、より子供に合っているかをしっかりと判断することができます。

体験授業はデスクスタイルの公式サイトから申し込むことができます。必要項目を入力して、最後の「ご質問」の欄に子供の状況を入力しておきましょう。するとデスクスタイルのスタッフが電話で連絡をしてくれて、子供に合わせた学習プランの提案をしてくれます。そして体験授業の日にちを決めて、自宅で実際に指導を受けます。

体験授業を受けるときには、「学校の教材」と「成績が分かるもの(テストの答案・成績表)」を用意しておくと良いです。これらがなくても体験を受けることはできますが、よりスタッフが子供の状況を把握しやすくなります。体験授業の終了後には、デスクスタイルのスタッフがサービスの案内をしてくれます。内容に納得できたら、入会の申し込みをすると良いです。

もちろんですが、強引な売り込みはないので安心してくださいね。体験して微妙なら、断ればお金はかかりません。

体験授業を受けると、学習冊子を無料で1冊もらえる

体験授業を受けると、特典として上で紹介した学習冊子を1冊無料でもらうことができます。必要なものを前もって考えておくと良いですね。

  • 小学生の漢字チェック帳(1006字)
  • 中学生の漢字チェック帳(1130字)
  • 中学生の英単語チェック帳(1200字)
  • 小学算数の基本チェック帳
  • 高校受験ガイドブック
  • 小論文・作文対策
  • 面接対策

デスクスタイルへ入会すると、全て受け取ることができます。

勉強が苦手なら、利用するのはおすすめのサービス

デスクスタイルは勉強が苦手な子供向けの家庭教師センターで、さまざまなノウハウやオリジナルテキスト・ツールが充実しています。料金も比較的抑えることができるので、体験授業を利用して検討してみるのはおすすめです。関東より西側の地域でしか利用できないので、対応エリアかどうかはチェックしてくださいね。

なお、デスクスタイルを含めて、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

デスクスタイルについては、次のページでも詳しく解説しています

家庭教師デスクスタイルの料金を解説!毎月いくらくらいかかる?

家庭教師デスクスタイルの教材代は高い?テキストはどんな内容?

家庭教師デスクスタイルの体験授業はどんな内容?強引な勧誘はない?

家庭教師デスクスタイルの先生は大学生が中心!勉強が苦手な子供におすすめ

家庭教師デスクスタイルの研修内容は?子供をしっかり教えてもらえる?

家庭教師のデスクスタイルは不登校の子供にもおすすめ。メリットを紹介

家庭教師デスクスタイルは簡単に退会・解約できる?クーリングオフは?

家庭教師デスクスタイルの運営会社は大丈夫?悪い評判はない?

家庭教師デスクスタイルの営業スタッフは強引な勧誘をしてこない?

家庭教師デスクスタイルは悪質なサービス?口コミや評判はどうなの?

-サービス
-, , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.