家庭教師センターに契約・入会して、初回指導を受けるまでの流れ

投稿日:2018年1月5日 更新日:

「家庭教師に子供の勉強を見てほしい」と思う場合、「家庭教師センター」という先生を紹介してくれるサービスを利用することになります。トライや学研、あすなろなど、家庭教師センターにはさまざまなサービスがありますが、授業が始まるまでの流れは似ています。

ここでは「家庭教師センターに入会してから、指導がスタートするまでの流れ」を紹介します。最初に流れを知っておくと、どれくらいから勉強を始められるかが分かったり、次のテストへ向けて授業を始められたりします。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師センターを使い、勉強を始めるまでの5ステップ

家庭教師センターを利用して講師に指導をしてもらうまでには、次のような流れで進みます。大きく分けて、5つのステップがあります。

1. 体験授業を申し込む

家庭教師センターはいきなり申し込むのではなく、まずは「体験授業」を受けてから利用するかどうかを検討するのが普通です。

家庭教師の授業が子供に合うかどうかは、実際に指導を受けてみないと分からないですよね。そのため家庭教師センターはほとんどの場合、無料で体験をさせてくれます。スタッフが自宅へ出向いて、子供を教えてくれるのです。

また、その様子を親も見ることができ、「こういう感じで授業が行われるのか」「これなら子供も勉強できそうだ」のように確認することができます。

家庭教師センターも、「まずは体験を受けて、家庭教師が合うかどうかを確認してほしい」と考えています。子供も最初は気が乗らなくても、体験してみると「これならいいかも・・」と感じることがよくあります(笑)そのため、気軽に体験してみるのが良いと思います。

体験授業は、家庭教師センターの公式サイトから申込みできます。「無料体験授業」のボタンを押して、フォームに連絡先や住所、子供の学力・状況などを入力すると、スタッフが連絡してくれます。電話で体験する日時を相談して、その日になるとスタッフが自宅へ来てくれます。

また、体験を受けたからといって、料金がかかったり、入会しないといけなかったりすることはありません。悪質な業者はこうしたことがあるのかもしれませんが、サイト内で紹介しているサービスは全て良心的な家庭教師センターです。

2. 体験授業を受け、サービスの説明を聞く

体験授業を受けた後は、スタッフから親へ向けてサービスの説明があります。「家庭教師センターがどんな方針で指導を行っているか」や料金について、詳しく話してくれます。

その家庭教師センターへの入会を考える場合は、気になる点があれば質問しておくと良いです。そして十分に検討した上で、契約するかどうかを決めます。なるべく家族で話し合って決めることをおすすめします。

お母さんによっては「体験授業で子供もやる気になっているし、今すぐ始めたい!早く子供の勉強をスタートさせて、遅れを取り戻さないと!」と考えることがあります。

ただ、焦って契約するのは良くありません。できれば2~3つの家庭教師センターを体験して、比較して決めるのがおすすめです。

家庭教師センターや実際に勉強を教えてくれる先生には、自分の子供を任せることになります。親身に子供のことを考えてくれて、信頼できるセンターを利用したいですよね。そのため落ち着いて、じっくり決めるよう気をつけてください。

3. 家庭教師センターに入会(契約)講師の紹介を待つ

こうして十分に検討したら、家庭教師センターへ入会します。契約をした時点で、入会となります。

入会後はひとまず、「講師の紹介」を待つことになります。家庭教師センターには、さまざまな人が講師として登録しています。家庭教師センターのスタッフは在籍している先生の中から、あなたの子供に合う講師を選び出してくれます。

家庭教師センターへ入会する前には「優しくていねいに教えてくれる先生がいい」「子供が男の子だから、男性の先生がいい」「平日の夜に指導してほしい」のように、希望を伝えることができます。家庭教師センターは家庭の希望を考慮しながら、「この生徒さんには、この先生が合いそうだ」と考えながら講師を選んでくれます。

ただ、講師によって、指導に入れる曜日や時間帯は異なります。先生によっては「子供との相性が良さそうだけれど、予定が合わない」という場合があります。

そのため家庭教師センターは「講師と子供の相性」や「スケジュールが合うかどうか」など、さまざまな視点から、子供にとってベストな先生を選んでくれます。

入会してから講師を紹介してもらうまでは、2週間前後かかることが多いです。家庭教師センターに登録する講師は都市部に多く、自宅が街中の場合は1週間ほどで紹介してもらえることもあります。ただ、郊外や田舎に住んでいる場合、講師の紹介が遅れたり、場合によっては紹介してもらえなかったりする場合があります。

「うちは田舎だから、本当に教えにきてくれる先生がいるのかな・・」と感じる場合、家庭教師センターに「講師をきちんと紹介してもらえそうか」を確認しておくと良いです。また、駅から自宅が離れている場合、家庭教師センターへ「先生を車で最寄り駅まで送迎しても大丈夫」のように伝えると、紹介してもらえる可能性が高くなります。

4. 初回の指導日を決めて、授業スタート!

講師が決定すると、家庭教師センターから連絡があります。そして「先生が決まったのでご連絡しました。先生は初回のご指導日として、1月20日と23日、27日の18時以降にご都合がつくそうです。ご予定いかがでしょうか?」のように提案してくれます。

提案された日の中から初回の指導日を決めて、当日になったら指導がスタートします!

最初は親・子供とも緊張するかもしれませんが、講師がリードしながら勉強を進めてくれます。先生からは最初に挨拶があり、子供の学力を確認したり、「こうした方向で進めていきます」という提案をしてくれたりします。

初回の授業後は、講師と家庭で指導のスケジュールを相談することになります。家庭教師センターにいちいち連絡をする必要はなく、親が先生の連絡先を聞いて、直接やりとりをします。また、講師は家庭教師センターから、子供の連絡先を聞かないように十分注意されています。

初回の授業後は、定期的に講師が自宅に来て指導を進めてくれます。

5. 初回の授業後に、家庭教師センターから確認の連絡がくる

初回の授業を終えると、数日以内に家庭教師センターから確認の連絡がきます。「初回授業後のフォロー」という意味もありますが、センターのスタッフは「家庭の講師に対する評価」を気にしています。そのため「先生のご指導はどうでしたか?」のように確認がきます。

初回の授業に満足がいっているなら「大丈夫でしたよ。これからもお願いします」のように伝えて終了です。何か気になることがあったなら、スタッフに伝えると良いでしょう。

もし初回の授業で子供に先生が合わなかった場合、家庭教師センターはもう1度講師を選び直してくれます。

多くの場合、先生の変更に追加料金はかかりません。ただ、家庭教師センターのスタッフは、あらためて他の講師を探す必要があります。そのため再び、1~2週間の時間がかかることになります。こうしたことにならないためにも、契約前に「どのような講師が希望か」をしっかり伝えておくと良いですね。

流れを理解して家庭教師センターを検討しよう

家庭教師で勉強を教えてもらう場合、以上のような流れで指導が始まります。最初にこうしたことを分かっておくと、より安心して家庭教師を利用できますよね。家庭教師をしっかり活用して、子供の成績アップや高校受験に役立ててくださいね。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-家庭教師の基本
-, , , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.