勉強嫌いの子供には平均点以下専門の家庭教師!おすすめサービスは?

投稿日:2018年2月24日 更新日:

「子供の成績を、何とか平均点まで伸ばしてあげたい」
「子供の勉強嫌いを、家庭教師で克服させてあげたい」

日頃から子供のテスト結果や成績表を見ていると、こう感じることもあると思います。

家庭教師は1対1で教えてもらえるため、学力を伸ばすためにとても効果的。ただ、その中でも「平均点以下専門の家庭教師」なら、より勉強が苦手・嫌いな子供でもしっかりと教えてもらうことができます。

家庭教師はさまざまなサービスがあり、それぞれの会社で特徴や内容が異なります。ここでは「平均点以下専門の家庭教師」について解説し、おすすめのサービスを紹介します。平均点を取れるよう、子供の勉強をサポートしてあげてくださいね。

なお、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

「平均点以下専門の家庭教師」なら、苦手を克服しやすい!

家庭教師を紹介してくれる「家庭教師センター」には、さまざまな種類があります。その中には「平均点以下専門の家庭教師」もあり、「まずは基礎を固めたい」「平均点を取れるようになりたい」という子供におすすめです。

一般的な家庭教師センターでも、平均点以下の子供を教えてもらうことはできます。ただ、こうしたサービスは幅広い子供を対象としているため、「勉強が苦手・嫌いな子供をどう伸ばすか」というノウハウは弱いことがあります。

その点、点数の低い子供をたくさんサポートしてきた家庭教師センターは、「まずは勉強への抵抗感をなくす」「コミュニケーションをとり、子供に授業を楽しんでもらう」のようなノウハウを蓄積しています。そのため平均点を取るために、しっかりと指導してもらうことができます。

家庭教師センターを選ぶときのポイント

「平均点以下専門の家庭教師」とうたっている家庭教師センターは複数あり、しっかりと運営されている会社を選ぶことが大切です。

サービスによってはあまり相談に乗ってくれなかったり、先生の管理も適当だったりします。そのため、次の4点に注目して家庭教師センターを選ぶと良いです。

  • 運営実績が長いかどうか。
  • 講師数が多いかどうか。
  • 料金をしっかり公表しているか。
  • 対応エリア。

それぞれのポイントについて、見ていきます。

運営実績が長いかどうか

体制が整っている家庭教師センターは、運営実績が長いです。目安として「20年以上」を基準としてください。10年前後しか運営していないサービスは運営体制に不安があるため、あえて選ぶ必要はありません。

講師数が多いかどうか

家庭教師センターに在籍している先生の数も大切です。

正直なところ「◯万人なら大丈夫」という基準は分かりにくいですが、講師数を公表していなかったり、1万人以下だったりする場合は少ないです。講師の登録数が1万人の場合、単純計算ですがひとつの都道府県に200人ほどしかいない計算になり、先生の数がかなり限られてしまいます。3万人くらいの登録数を目安にすると良いです。

料金をしっかり公表しているか

家庭教師センターによっては、料金を公式サイト上で公表していないことがあります。

検討している段階で料金をチェックできないのは、とても不便です。また、家庭教師センターはあえて料金表を掲載しないことで「直接話して営業すれば、契約してもらいやすい」と考えている可能性もあります。管理人は家庭教師センターの内部スタッフとして働いた経験もあるため、こうした目的である可能性は高いです。。

こうした理由から、料金やサービス内容をホームページ上にしっかり公開しているサービスのほうが安心です。

対応エリア

家庭教師センターは、サービスによって対応エリアが異なります。住んでいる地域がエリア内に入っているかを確認しましょう。

平均点以下専門の、おすすめ家庭教師センター

こうした基準を踏まえて、平均点以下専門の家庭教師でおすすめのサービスを紹介します。

家庭教師デスクスタイル

家庭教師デスクスタイルは、「平均点以下の子供に強い家庭教師」とはっきりコンセプトを打ち出しているサービスです。

在籍している先生は大学生が中心で、お兄さんやお姉さん的な存在として、親近感の湧く指導をしてくれます。また、オリジナルテキストを使って教えてもらうことができ、「何を使って勉強すればいいか分からない」という子供でも迷わず学習できます。

デスクスタイルは平均点以下専門という特徴だけでなく、「料金が安い」というメリットもあります。英語と数学2科目を教えてもらう場合、週1回(月4回)60分なら14,200円、90分なら18,200円で教えてもらうことができます(どちらも税込)。

これは一般的な家庭教師センターに比べると、とても安い料金です。中学生指導の場合、家庭教師の相場は20,000~25,000円ほど。デスクスタイルがいかに低価格かが分かります。デスクスタイルは大学生講師を中心とすることで、コストを抑えているのだと思います。

ただしデスクスタイルのデメリットとして、関東・東北地方をカバーしていません。これ以外の地域ではおすすめなので、対応エリアを確認してくださいね。

関西:大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
東海:愛知・岐阜・三重・静岡
四国:徳島・香川・高知・愛媛
北信・甲信越:石川・富山・新潟・福井・長野・山梨
中国:島根・鳥取・岡山・広島
九州:福岡・大分・宮崎・長崎・熊本・佐賀・鹿児島

>>「デスクスタイル」の公式サイト・詳細はこちら

家庭教師のあすなろ

もうひとつおすすめのサービスが、「家庭教師のあすなろ」です。こちらも人気の家庭教師センターで、28年に渡って展開しているサービスです。自宅が関東・東北なら、あすなろがおすすめです。

あすなろはデスクスタイルのように、「平均点以下専門」というはっきりしたコンセプトは打ち出していません。ただ、公式サイトからも分かりますが、あすなろは「親しみやすさ」を大切にしており、それが先生による指導やスタッフのサポートに反映されています。そのため勉強が苦手な子供を、しっかりと教えてもらうことができます。

あすなろは長く運営している家庭教師センターで、講師数も全国で13万人以上と多いです。そのため、子供と相性の良い先生を紹介してもらいやすいです。

あすなろの料金は関東と東北で少し変わりますが、それほど大きな差はありません。関東の場合、英語・数学の2科目を週1回(月4回)60分で教えてもらうなら16,200円、90分なら20,200円です(それぞれ税込)。

また、あすなろは「オリジナルテキストを使うかどうか」を選ぶことができ、学校の教科書やワークで教えてもらうこともできます。

あすなろは全国展開しているため、関東や東北地方に住んでいなくても利用できます。デスクスタイルと合わせて検討してみてくださいね。

>>「家庭教師あすなろ」公式サイト・詳細はこちら

迷ったら、体験で比較するのがおすすめ

ほとんどの家庭教師センターでは、無料で「体験授業」を受けることができます。デスクスタイルやあすなろでも体験授業を受けることができ、「子供に合うかどうか」をチェックするために役立ちます。どちらにするかで迷ったら、まずは両方の体験を受けてみることをおすすめします。

また、体験を受けると、スタッフから「子供に合わせた学習プラン」を提案してもらうことができます。これも子供がこれから勉強する上で、参考になるはずです。

さらにデスクスタイルは体験授業を受けると「学習サポート冊子」、あすなろは「高校受験ガイド」などの特典を受け取ることができます。こちらも家庭教師の勉強が始まったときに、合わせて活用すると良いですね。

家庭教師で、子供の勉強嫌いを直そう

平均点以下専門の家庭教師なら、勉強が苦手・嫌いな子供でもしっかりと教えてもらうことができます。お兄さんやお姉さん的な存在の先生に毎週教えてもらうことで、「勉強のペース」を作ることができます。すると少しずつ、苦手を克服することができます。

管理人が以前教えていた生徒さんも、最初は英語が30点台でしたが、中3の秋には70点ほどまで伸びました。コツをつかめば、中学生は大きく伸びます。デスクスタイルやあすなろはおすすめなので、体験授業を利用して検討してみてくださいね!

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-家庭教師の基本
-, , , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.