家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

家庭教師は平日昼間の不登校生も教えてもらえる?昼間の指導に対応しているオススメの会社

投稿日:2020年12月22日 更新日:

家庭教師といえば、平日の夕方〜夜、または土日に教えてもらうイメージ。ただ、不登校生を積極的にサポートしている会社も多く、平日の昼間に教えてもらうこともできます。

昼間に教えてもらうと、夕方や夜に教えてもらう場合とは違うメリットもあります。ここでは、「平日の昼間に家庭教師を利用する場合」を解説します。

なお、不登校のお子さんは相性の差がハッキリ出やすいため、できれば家庭教師の会社は比較するべき。「家庭教師 比較くらべーる」という無料のサービスは、学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、お子さんに合う地域で評判の会社をまとめて検索できます(不登校向けコースも対応)。資料請求の申込みもできて1社ずつ問い合わせる手間が省けるので、使ってみてくださいね。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師の先生はスケジュールがさまざま。不登校生を平日昼間に教えている人もいる

家庭教師として活動している先生は、人によってスケジュールが違います。大学生で大学に通いながら教えている人もいれば、仕事が休みのときに指導している社会人の先生もいます。早めの時間が空いている人も多いため、不登校の生徒さんを平日昼間に教えることもできます。

昼間に教えてもらうと、夕方・夜の時間を活用しやすい!

夕方や夜に教えてもらう場合、お子さんは授業が終わるまで何となく落ち着かないことが多いもの。「夜8時から授業があるからな〜」と思うと、ゆっくり休めなかったり、何もせず授業の時間を待ったりしてしまうこともあるはずです。

昼間の時間に教えてもらうと、夕方や夜は時間が空きます。「授業も終わったし、夕方からはゆっくりしよう」のようになりやすいため、授業後の時間を有効活用することができます。

授業後はできれば復習や宿題をすると良いですが、自由に使ってOK。好きなことをするのも良いですし、引き続き勉強を頑張るのも良いでしょう。

家庭教師の料金は、昼間でも夜でも変わらない

平日と昼間で、家庭教師の料金は変わりません。

家庭教師の指導料は「1時間4,000円」のように時間で決まることがほとんどで、どの時間帯でも同じです。

ただし不登校生の場合、通常コースではなく「不登校コース」を利用するほうが良い場合もあります。

不登校のお子さんは先生と合う合わないがハッキリしていたり、先生がコミュニケーションを取りながらリードしたりする必要があり、普通のお子さんよりきめ細かいサポートが必要な場合が多いです。経験豊富な先生でないと上手く対応できないことがあり、会社によっては専門のコースを設けています。

不登校コースは、通常コースより料金が少し高め。たとえば通常コースが1.5〜3万円くらいなら、不登校コースは2〜4万円くらいが目安です。費用はかかってしまいますが、お子さんをきちんとサポートしてもらうためにも、考えてみてください。

平日・昼間の不登校生指導に対応している、おすすめの主な家庭教師

平日・昼間の指導をお願いする場合、なるべく大手または準大手の会社を利用すると良いです。

昼間の時間が空いている先生はどの会社にもいますが、良い先生が揃っているのは、やはり大手・準大手の家庭教師センター。下の3社は規模が大きくて在籍する先生も多いため、体験授業などで話を聞いてみるのはオススメです。

なお、家庭教師の会社は対応エリアがあります。体験授業を受ける場合、お住いの地域に対応しているかを確認して利用してほしいと思います。

大手で不登校コースもあり安心。不登校生の指導経験が豊富な先生も多い「学研の家庭教師」

料金の目安
(週1回90分)
不登校コース
1時間5,170円〜(税込)
運営実績 35年以上
登録講師 全国で10万人以上
対応エリア 北海道・東北・関東・東海・関西・四国・九州
オリジナル教材 なし

まずは大手の「学研の家庭教師」。先生の数はとても多く、大学生から社会人、プロまで幅広く揃っています。不登校コースもあるため数学や英語の指導だけでなく進路のサポートもしっかりしてくれて、学研は受験情報も豊富です。費用は大手なので少し高くなりやすいものの、万全の体制と安心感という面では良い会社です。

「学研の家庭教師」公式サイト・詳細

親しみやすい雰囲気の指導で、不登校のお子さんも打ち解けやすい「家庭教師のあすなろ」

料金の目安
(週1回90分)
20,400円(2教科・税込)
24,300円(3教科・税込)
運営実績 30年以上
登録講師 全国で20万人以上
対応エリア 東北・関東・東海・関西・北陸
オリジナル教材 あり
選択可能

続いては親近感のわく指導が得意な「家庭教師のあすなろ」。トライや学研に次ぐ準大手の家庭教師センターで、全国展開、先生の数もとても多いです。

あすなろは大学生の先生が中心で、お子さんと打ち解けてコミュニケーションをとりやすいのがメリット。お兄さんやお姉さん的な雰囲気で、不登校のお子さんも勉強に抵抗感をもたずに学べます。

また、あすなろは料金がお値打ちなのも良いところ。不登校生でも通常コースと料金は変わらず、月2〜2.5万円ほどでしっかり教えてもらえます。

「家庭教師あすなろ」公式サイト・詳細

「こころの未来」コースは不登校生に対応。幅広い学力のお子さんに合う「家庭教師ノーバス」

料金の目安
(週1回90分)
26,400円(中3・税込)
運営実績 35年以上
登録講師 非公開(準大手規模)
対応エリア 関東・東海
オリジナル教材 なし

最後は関東と東海エリアでサービスを展開する「家庭教師のノーバス」。こちらも準大手の会社で、家庭教師に加えて学習塾も展開しています。そのため進路や受験に関する情報が豊富で、「こころの未来」という不登校や発達障害の生徒さん向けコースもあります。

ノーバスは勉強が苦手なお子さんに加えて、逆に勉強がまずまずできる生徒さんにも対応。コミュニケーション重視の先生もいれば指導力の高いプロの先生も在籍しているため、幅広いお子さんを指導できます。料金は大手より少しお値打ちという感じですが、安心感はあります。

「家庭教師ノーバス」公式サイト・詳細

家庭教師は平日昼間の不登校生指導もOK!体験授業で合いそうか確認を

家庭教師の先生を紹介してくれる家庭教師センターには、さまざまな先生が在籍しています。早めの指導できる人はたくさんいるため、不登校で平日昼間に教えてほしい場合でも大丈夫です。

上で紹介した3社はどれも大手・準大手で、評判の良い会社。ただ、最後は体験授業を受けて、実際お子さんに合っているか、安心して指導をお願いできそうかを確認するべき。できれば上の会社も含めて2〜3社で体験を受けると、ベストな会社を利用できるはずです。

家庭教師 比較くらべーる

なお、家庭教師センターを比べるときに便利なのが、「家庭教師 比較くらべーる」という無料のサービス。学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、お子さんに合う地域で評判の良い会社をまとめて検索できます(不登校向けコースも対応)。資料請求の申込みもでき、1社ずつ問い合わせる手間が省けるので、上の3社に加えてほかの会社も探すときは使ってみてほしいと思います。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

 

-不登校

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.