家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

不登校におすすめの家庭教師、ランキング形式で評判の良い人気の会社を紹介

投稿日:2020年9月8日 更新日:

お子さんが不登校だと、勉強が心配なもの。家庭教師なら1対1で、周りの目を気にせず教えてもらえるため安心です。

ただ、家庭教師の会社はたくさんあり、どこがいいのか迷うこともあると思います。そこでここでは、不登校の指導が得意で評判の良い家庭教師センターを、4つ紹介します。

どこも先生が揃っているだけでなくサポート体制もしっかり。また、最初に無料で体験授業を受けられるため、実際お子さんに合いそうか確認してから利用できます。参考にして、お子さんを支えてあげてくださいね。

不登校向けの家庭教師、良心的で評判の良いおすすめ4社

親近感のわく指導&専門資格をもつスタッフがサポート「家庭教師のあすなろ」

料金の目安 小学生・中学生:月1.5〜2.5万円
高校生:月2〜3万円
不登校コース
 オンライン指導
運営実績 約30年
オリジナル教材 あり(選択OK)
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木・宮城・山形・福島・岩手・新潟・福岡・佐賀・山口・熊本

まずは温かみのある公式サイトが特徴の、「家庭教師のあすなろ」。大学生の先生が中心の会社ですが、親身に指導してくれて、サポート体制も整っています。「不登校訪問専門員資格」という、不登校に関する専門資格をもつスタッフもいるため、勉強や進路の悩みにしっかりアドバイスしてもらえます。

あすなろは独自のテキストを用意していて、使うかどうかは自由に選択できます。月謝も良心的で利用しやすいため、考えてみるのもおすすめです。

「こころの未来」コースで子供のペース・様子に合わせて教えてもらえる「家庭教師のノーバス」

家庭教師ノーバス不登校コース

料金の目安 小学生:月2〜2.5万円
中学生・高校生:月2.5万円
不登校コース
オンライン指導
運営実績 約35年
オリジナル教材 なし
対応エリア 東京・神奈川・千葉・栃木・埼玉・愛知・岐阜・三重

家庭教師ノーバスは、関東・東海エリアで評判の家庭教師センター。準大手と言って良い規模があり、幅広いコースを用意しています。

不登校の生徒さんもこれまでに豊富な指導実績があり、「こころの未来」という専用のコースを用意。不登校に関連する知識や指導ノウハウも蓄積しているため、きめ細かいサポートが期待できます。

料金は、お値打ちな会社と大手の間というイメージ。ただ、ノーバスは先生にもこだわっていて、単に勉強ができるだけでなく人柄や常識などもチェックされて採用が決まります。料金と指導・サポートのバランスが取れていて、考えてみるのも良い会社です。

不登校専門のコースがあり、経験豊富な先生も充実「学研の家庭教師」

料金の目安 月3〜4万円
不登校コース
オンライン指導
運営実績 約35年
オリジナル教材 なし
対応エリア 全国

3番目のおすすめは「学研の家庭教師」。トライと並ぶ大手の会社で、不登校コースはもちろん用意、経験豊富な先生が揃っています。

学研は家庭教師のほかにも学研教室という学習塾、参考書や問題集の出版など、教育サービスを幅広く展開。そのため受験や進路に関する情報にも詳しく、お子さんのこれからについて相談しやすい体制が整っています。

先生の中には不登校の生徒さんを中心に見てきた人もいるため、お子さんと相性の良い人が見つかる可能性も高いです。

学研は大手のため、料金はほかの会社より高め。ただ、候補として考える価値は十分あります。

お兄さんやお姉さん的な雰囲気の先生がていねいに教えてくれる「家庭教師のガンバ」

料金の目安 小学生・中学生:月1.5〜2.5万円
高校生:月2〜3万円
不登校コース
オンライン指導
運営実績 約30年
オリジナル教材 あり(選択OK)
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木・群馬・福島・長野・山梨・新潟

最後のおすすめは、あすなろと同じ系列の「ガンバ」。関東・東北・甲信越エリアに対応していて、大学生の先生がお兄さんやお姉さんのような雰囲気で教えてくれます。

先生を気に入ると、子供がやる気になることはよくあります。ガンバは不登校のお子さんにもペースを合わせて優しく教えてもらえるため、学力の挽回や学校復帰のきっかけになることもあるはず。料金がお値打ちなのもメリットです。

家庭教師は、平日昼間の指導も可能

家庭教師として活動している先生は、人それぞれスケジュールが違います。大学に通いながら教えている大学生の先生もいれば、仕事が休みのときに指導している社会人の先生もいます。早めの時間が空いている人も多いため、不登校の生徒さんを平日昼間に教えられる人もいます。

昼間に教えてもらうと、夕方・夜の時間を活用しやすい

夕方や夜に教えてもらう場合、お子さんは授業が終わるまで何となく落ち着かないことが多いもの。「夜8時から授業があるからな〜」と思うと、ゆっくり休めなかったり、授業までの時間を何もせず過ごしてしまったりすることもあるはずです。

昼間の時間に教えてもらうと、夕方や夜は時間が空きます。「授業も終わったし、夕方からはゆっくりしよう」のようになりやすいため、授業後の時間を有効活用することができます。

授業後はできれば復習や宿題をすると良いですが、自由に使ってOK。好きなことをするのも良いですし、引き続き勉強を頑張るのも良いでしょう。

家庭教師の料金は、昼間でも夜でも変わらない

平日と昼間で、家庭教師の料金は変わりません。

家庭教師の指導料は「1時間4,000円」のように時間で決まることがほとんどで、どの時間帯でも同じです。

ただし不登校生の場合、通常コースではなく「不登校コース」を利用するほうが良い場合もあります。

不登校のお子さんは先生と合う合わないがハッキリしていたり、先生がコミュニケーションを取りながらリードしたりする必要があり、普通のお子さんよりきめ細かいサポートが必要な場合が多いです。経験豊富な先生でないと上手く対応できないことがあり、会社によっては専門のコースを設けています。

不登校コースは、通常コースより料金が少し高め。たとえば通常コースが1.5〜3万円くらいなら、不登校コースは2〜4万円くらいが目安です。費用はかかってしまいますが、お子さんをきちんとサポートしてもらうためにも、考えてみてください。

-ランキング

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.