一般とプロの家庭教師は、どんな違いがある?メリットとデメリット!

投稿日:2018年1月9日 更新日:

家庭教師として指導してくれる先生は、「一般」と「プロ」に分かれています。

一般は誰でもなることができ、大学生や社会人が中心です。これに対してプロは指導経験豊富な社会人のみとなっていて、難易度の高い内容も教えることができます。

「やっぱりプロのほうが良いのかな」と思うかもしれませんが、一般とプロの先生は、それぞれに良さがあります。両方のメリットとデメリットを知り、子供に合う講師を選ぶことが大切です。

そこでここでは、「一般とプロ家庭教師の違いと、メリット・デメリット」を紹介します。子供にピッタリの先生に指導してもらい、成績アップに役立ててくださいね。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

一般家庭教師とプロ家庭教師の違い

一般とプロの家庭教師は、次のような違いがあります。

一般の家庭教師:大学生・社会人で、指導未経験もしくはある程度の経験がある人。
プロ家庭教師:社会人で、指導経験や合格実績が豊富にある人。

一般の家庭教師は大学生が中心。ただ、社会人の講師を紹介してもらえることもあります。指導経験は未経験~4年ほど。未経験だからといって必ずしも悪い講師であるわけではなく、トライなどの家庭教師センター(家庭教師を紹介してくれるサービス)が研修を行い、良い先生であることを確認して紹介してくれます。

一方、プロの家庭教師は社会人のみ。プロ家庭教師は誰でもなれるわけではなく、家庭教師センターによって基準を設けて採用しています。例として指導経験に7年以上や10年以上などの基準が設けられていて、しっかり指導できる先生が揃っています。プロ家庭教師コースを用意している家庭教師センターは少なく、トライ・学研・ノーバスなどの大手が中心です。

ここで多くの人が思ってしまいがちなのが、「やっぱり指導経験が豊富な、プロ家庭教師のほうが良いのでは?」ということ。

こう考える人は多いのですが、一概にそうとは限らず、一般講師のほうが向きやすい子供もたくさんいます。どちらの講師でも、しっかりと勉強を教えてもらうことはできます。

「ではどちらの先生が、うちの子供に合うのだろう」

こうした場合のために、次は一般家庭教師とプロ家庭教師のメリットとデメリットを紹介します。

一般家庭教師のメリット・デメリット

まずは一般講師のメリット・デメリットをまとめてみました。

【一般講師のメリット】

  • 20歳前後の若い人が多く、子供と年齢が近い。上手くコミュニケーションをとれる。
  • 高校受験や大学受験を最近経験しているため、受験事情や勉強の記憶が新しい。
  • 勉強が苦手な子供の気持ちを理解しやすい。
  • 費用を安く抑えやすい(月2~2.5万円)。

【一般講師のデメリット】

  • 超難関の高校を目指す指導には不向き。
  • 人によっては、常識・マナーが不十分。
  • 車や原付を持っていない人が多いため、駅まで送迎が必要な場合がある。

管理人が塾講師や家庭教師をしていて思うのは、「勉強ができるだけで、良い先生になれるわけではない」ということです。確かに有名大学を卒業していたり高い指導実績があったりすることは大切ですが、「子供の気持ちをいかに高めることができるか」がとても重要です。

20歳前後の若い先生は子供と年齢が近いため、子供ととても上手くコミュニケーションをとれる人が多いです。特に勉強が苦手な子供の場合、プロ講師が難しいことを教えても吸収できない可能性があります。それよりは少し雑談を加えながら楽しく教えてくれる一般講師のほうが、向きやすいです。

プロ講師のメリット・デメリット

次に、プロ講師のメリット・デメリットを紹介します。

【プロ講師のメリット】

  • 指導経験が豊富で、分かりやすく説明してくれる。
  • 難関高校を目指す場合に向きやすい。
  • 社会人としても長い経験があるため、マナーがきちんとしている。

【プロ講師のデメリット】

  • 年齢が高く、指導が固めの雰囲気になりやすい。
  • 勉強意欲が低い子供は、講師を上手く活用しきれないことがある。
  • 費用が高め(5~10万円)。

プロ講師は「豊富な指導経験・指導実績」がメリット。中学で学ぶ全範囲をしっかりと理解していて、子供が理解できるように解説してくれます。勉強が好きな子供や難関高校を目指して勉強している子供には、向きやすいです。

ただ、プロ講師は年齢が高めの傾向にあり、30~50代が中心です。そのため子供と話が合わず、指導が「淡々と勉強するだけ」になってしまいやすいです。そのため特に勉強が苦手な子供の場合、つまらなく感じてしまうことがあります。

これは管理人の意見ですが、中学生の段階でプロ家庭教師が必要な子供は、かなり少ないと思います。中学で習う内容は比較的やさしく、一般講師でも十分に対応できます。

有名大学に在籍している大学生を紹介してもらえば、上位の高校を目指す指導も行ってもらうことができます。ただ、より万全に受験対策をしたいときにはプロ家庭教師を頼む意味があるので、予算と合わせて考えてみてください。

一般とプロ、それぞれどんな子供に向いている?

このように一般の家庭教師とプロ家庭教師は、それぞれにメリットとデメリットがあります。上でも少し紹介していますが、それぞれどんな子供に向いているのかを紹介します。

一般家庭教師:勉強が苦手な子供向け。偏差値50~60を目指したい。
プロ家庭教師:勉強が好きで、もっと伸ばしたい子供向け。偏差値60以上を目指したい。

この基準でどちらが向いているかを考えると、子供に合った講師を紹介してもらうことができます。単純に「プロだから良いだろう」と考えず、子供と相性の良い先生に指導をしてもらうと、成績がより伸びやすくなります。

両方の違いを知り、子供に合う先生に教えてもらおう

一般の家庭教師とプロ家庭教師は上で紹介したように、それぞれで違うメリット・デメリットがあります。「子供と相性の良い先生から教えてもらうこと」が、成績を伸ばすにはとても大切です。じっくりと検討して、一般とプロのどちらにするかを決めてくださいね。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-先生のタイプ
-, , , , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.