家庭教師の授業を受ける前に用意するもの・準備することは?教材は?

投稿日:2018年1月5日 更新日:

家庭教師の授業を受けるためには、必要なものを用意しておく必要があります。準備するべきものは5つ。

  • 教材
  • 成績表や定期テスト・模試の結果
  • スリッパ
  • お茶
  • 部屋の掃除

このページでは、これら5つについて解説します。準備を整えておけば、スムーズに先生から勉強を教えてもらうことができますよ。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師の授業を受けるための用意

家庭教師の授業を受けるための用意は、冒頭で紹介した5つのもの。比較的簡単に準備できるので、それほど手間はかからないはずです。以下では、それぞれについて詳しく紹介します。

勉強に使う教材

まずは「勉強に使う教材」を用意しておきましょう。ひとまず教えてもらいたい教科の「学校で使っているワーク」があれば大丈夫です。無理に新しく教材を購入する必要はありません。

中学生の場合、「学校のワークをどれだけしっかりこなすか」が、高校進学へのポイントです。ワークの提出が学校課題となっていることも多く、ワークの出来は内申点にも大きく影響します。そのため家庭教師で教えてもらうときにも、まずはワークを中心にすると良いです。子供に「学校で使っているワークを用意しておいて」と伝えておきましょう。

また、家庭教師センター(家庭教師を紹介してくれるサービス)によっては、「オリジナル教材」で勉強することもあります。オリジナル教材を使って教えてもらうかどうかは、選択できる家庭教師センターが多いです。もしこの教材を使う場合は、学校のワークを準備する必要はありません。

ただ、管理人的には家庭教師のオリジナル教材を使うより、学校ワークがおすすめです。学校ワークは高校受験対策もできて、宿題を前倒しでこなすこともできます。家庭教師のオリジナル教材は確かに良い内容かもしれませんが月1万円ほどかかり、割高に感じやすいです。

成績表やテスト・模試の結果

家庭教師の授業を受けるときには、初回指導のときに「成績表」や「定期テスト・模試(全県模試など)の結果」を準備しておくと良いです。こうしたものを用意しておくと、先生に子供の学力を把握してもらいやすくなります。

勉強は得意・不得意を見極めることが大切。例えば「数学は得意だけど、英語が苦手でテストの点数が低い」という場合、英語を重点的に指導してもらうことで成績を伸ばしやすくなります。参考になる材料は多いほうが良いため、「直近の成績表・テスト結果」を準備しておきましょう。

子供によっては「点数を知られるのが恥ずかしい」と考えて、テスト結果などを出さないことがあります。ただ、家庭教師の先生は、結果を見て怒ることはありません。

講師は「今はこういう成績なんだね、じゃあこういう風に進めようか」という提案をするために確認したいだけです。そのため恥ずかしがる子供には、「先生に成績を見せても、別に何ともないよ」と伝えておきましょう。

講師用のスリッパ

家庭教師の指導を受けるときには、先生が自宅へ上がることになります。そのため、スリッパを用意しておきましょう。

講師に出すお茶(必須ではない)

これは必須ではありませんが、講師に出すお茶を用意しておくと良いです。スーパーで300円ほどの「お茶パック」を購入すれば十分です。

家庭教師センターでは、「講師にお茶を出す必要はありません」と伝えられます。ですがそうはいっても、先生は子供の勉強を教えてくれる人です。指導でたくさん話すと、喉が乾くものです。そのため少し気を使うと、講師は嬉しいはずです。

また、お茶を出すときには、先生と子供の様子をさりげなく確認することができます。「先生がしっかり勉強を教えてくれているか」「子供がサボっていないか」などを、横目でチェックしておくと良いです。これによって講師や子供も「見られている」という、ほど良い緊張感を保つことができます。

管理人が指導に行っていたご家庭には、お茶菓子を出していただいたところもありました。ただ、ここまでする必要はありません。

部屋の掃除(必要に応じて)

家庭教師を使う場合、講師が毎週勉強を教えに来てくれます。そのため多少かもしれませんが、部屋や自宅の中を見られてしまうことになります。気になるようなら、掃除をしておくと良いでしょう。

管理人が気軽に話せるようになったお母さんの中には、「先生が来てくれることで、掃除する気持ちが湧いてくるから助かる!」と言っていました(笑)

必要なものをチェックして、家庭教師を利用しよう

ここでは、「家庭教師の指導を受けるために必要なもの」を紹介しました。新しく購入する必要があるものはお茶パックやスリッパくらいで、あまりありません。教材も手持ちのものでOKです。成績表やテスト・模試の結果は探さないと出てこないことがあります。家庭教師を検討するなら、準備しておいてくださいね。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-家庭教師の基本
-, , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.