家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

家庭教師は週1回1時間(60分)でも効果ある?これから始めるときのポイント!

投稿日:

家庭教師をこれから始めようか考えるとき、「週1回の授業くらいで、本当に効果あるの?」と思うこともあるもの。

ただ、家庭教師は週に1回、まずは1時間からでも効果的。1対1できめ細かく教えてもらえるため、子供の成績が伸び悩んでいるときにはおすすめです。

ここでは「家庭教師を週1回1時間で利用するときの効果」を解説します。

なお、家庭教師を探すなら、「かてきょナビ」という無料のサービスが便利。「かてきょ診断」というカンタンな質問に答えると、子供にピッタリの地域で人気の家庭教師センターをまとめて探せます。1社ずつ調べる手間が省けて便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師は内容が濃い!週1回1時間でもかなり効果的。多くの家庭が週1回

管理人も家庭教師として多くの生徒さんを指導してきましたが、週1回1時間でも伸びる子は多いです。

家庭教師のメリットは、やはりマンツーマン指導(1対1)というところ。講師としても家庭教師はとても指導しやすく、学んでほしいことをお子さんへダイレクトに伝えられます。

大人が利用する英会話やヨガなどの習いごとも、マンツーマンで週に1回1時間教えてもらうとかなり効果的なはず。家庭教師もこれと同じで、週1回1時間でも思った以上の学習効果があります。

また、家庭教師を利用するお子さんの中には、これまで勉強習慣がなかった子も多いです。週に1回でも定期的に先生が来ることで勉強する習慣ができ、自分の学習ペースをつかむ子もいます。

勉強が苦手な子や勉強習慣がなかった子は逆に伸びしろがあり、大きく伸びる可能性があります。

ちなみに家庭教師を始められる多くのご家庭が、週1回からスタートしています。最初から90分や120分の授業にする場合は多いですが、予算やお子さんのやる気に合わせて1時間(60分)から始めるのも良いと思います。体験授業を受ける家庭教師センターのスタッフとも相談して決めましょう。

1時間で教えてもらうなら、まずは1教科だけに絞るべき

週1回1時間の授業でなるべく効果を高めるなら、まずは1教科に絞るのがおすすめ。「この教科を1番教えてほしい」という教科を、お子さんと相談して決めましょう。

90分や120分の授業でも、1教科にかける時間が45分や60分ということはよくあります。つまり1時間の授業時間全てを1教科に使えば、教えてもらえる科目数はひとつでも、効果は90分や120分授業と同じです。

また、お子さんが中学生か高校生なら、まずは英語か数学のどちらかを教えてもらうと良いです。

この2教科は中学・高校のメインで、学ぶのに時間がかかります。家庭教師でフォローしてもらえば内容を固めやすくなるので、より苦手なほうを選ぶと良いでしょう。

ちなみに「1時間の中で英語と数学どちらも教えてほしい」という思いもあるかもしれませんが、これはかなり難しいです。

家庭教師の先生は確かにポイントを絞って教えてくれますが、やはり英語・数学とも学ぶべきことは多いです。お子さんに多少の土台があれば1時間で2教科も可能ですが、中途半端になることを避けてまずは1教科に集中がおすすめ。1教科が伸びると勉強のコツがつかめてやる気もアップするため、ほかの教科も伸びやすくなります。

授業がない日の学習計画も、先生に立ててもらおう

1教科に絞って教えてもらっても、それだけではまだ不十分。授業がない日にやるべき勉強や学習の計画も、先生に立ててもらいましょう。

これまで勉強していなかったお子さんの場合、週に1回1時間勉強するのは、かなり大きな前進。最初のうちは家庭教師の授業だけでも良いですが、授業に慣れてきたら宿題も出してもらうと良いです。

先生に「明日はこれ、その次の日はこれ」というように具体的な課題を出してもらうことで、お子さんが迷わず勉強できます。

家庭側から言わなくても、課題や計画を考えてくれる先生は多いです。ただ、こちらからも伝えておくと、先生はより意識して考えてくれるようになるはずです。

ちなみに、最初からいきなり大量の課題を出してもらうのはおすすめしません。「まじ?こんなに勉強するの・・?」とお子さんが引いてしまい、逆にモチベーションを下げる原因になってしまいます(汗)

最初は「勉強習慣ができるだけでも前進」と考えて、少しずつ課題を増やしてもらいましょう。

効果を感じたら、週1回90分や週2回60分などに増やすのもおすすめ

週1回1時間の指導で学力や子供の様子が変わってきたら、授業の回数や時間を増やすと効果的。週1回90分や120分、週2回60分などは、多くのご家庭が利用されているプランです。

これくらいの時間を取れると2教科指導や他教科のわからない点も質問でき、さらなる学力アップが期待できます。

トライや学研などの大手は月額が高めですが(月3〜5万円が目安)、最近はノーバス・学参・あすなろなどの準大手もお値打ちな費用で良い指導をしてもらえます(月1.5〜3万円が目安)。予算と子供の状況で、考えてみてください。

家庭教師をしっかり活用すれば、大きな学力アップに効果あり!

家庭教師は週1回1時間の指導でも、効果はあります。60分は短く感じるかもしれませんが、その間ずっと先生がお子さんを見てくれるため、学べる内容はとても多いです。もちろん3ヶ月、半年と続ける必要はありますが、継続すれば大きな伸びにつながるはず。ぜひ考えてみてくださいね。

なお、家庭教師を探すなら、「かてきょナビ」という無料のサービスが便利です。「かてきょ診断」というカンタンな質問に答えると、子供にピッタリの地域で人気の家庭教師センターをまとめて探せます。

家庭教師を考えるときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ調べる手間が省けて便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-家庭教師の基本

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.