家庭教師の指導時間は、60分・90分・120分どれがいい?

投稿日:2018年2月24日 更新日:

家庭教師を利用するときに、「指導時間」で迷うことがあります。60分や90分、120分で教えてもらうのが一般的ですが、「どのくらいの時間で教えてもらうと良いのか分からない」「子供の集中力が持つか心配」のようなことがあります。

そこでここでは、「家庭教師の指導時間」について紹介します。60分・90分・120分それぞれの時間が、どんな場合に適しているかを紹介しています。子供に合う指導時間で、家庭教師を利用してくださいね。

なお、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師の指導時間は多くの場合、60分・90分・120分

ほとんどの家庭教師センター(家庭教師を紹介してくれるサービス)では、指導時間が60分・90分・120分に分かれています。

これ以上の時間でも教えてもらうことはできますが、料金も高くなり、子供の集中力も途切れやすいです。そのため基本は、上の3パターンから選ぶのがおすすめです。

無理なく勉強できる時間を選ぶことが大切

指導時間は「長いほうがたくさん勉強できるから良さそう」と思うかもしれません。ただ、時間が長くなるほど子供は疲れやすく、場合によっては勉強をより嫌いになってしまうこともあります。そのため「子供が無理なく勉強できる時間」にすることが大切です。

60分・90分・120分それぞれの指導時間について、特徴を見ていきます。

60分は勉強が苦手な子供におすすめ

60分は短めの指導時間なので、勉強が苦手な子供でも取り組みやすいです。

中学校の学習内容は少しずつ本格的になるものの、高校内容に比べればシンプルです。そのため60分でも、ポイントを押さえて指導してもらうことはできます。

ただし、60分で2科目を教えてもらうことは難しいです。そのためできれば週に2回教えてもらったり、「今週は英語、次の週は数学」のように、科目を週ごとに変えて指導してもらったりすると良いです。

また、週1回60分なら勉強へのハードルが低いため、まずはここから始めて慣れてきたら90分などに伸ばすのもおすすめです。

90分は標準的。バランス良く勉強できる

90分は標準的な指導時間です。2科目を勉強するにもちょうど良い時間なので、まずは英語と数学を45分ずつ教えてもらうと良いです。もちろん1科目を集中的に教えてもらうのも効果的です。

管理人が家庭教師で教えていた生徒さんも、「週1回(月4回)90分」のプランで利用していることが多かったです。そしてテストが近づいてきたら、指導回数を増やす感じでした。基本は週1回のプランで申し込んでいても、家庭教師は臨機応変に指導回数を調節することができます。

また、大学の授業は90分が基本です。将来的に子供を大学へ行かせたい場合、中学生のうちから90分授業に慣れさせておくのは良いことといえます。

120分なら、しっかり勉強できる

120分指導は、1回の授業でしっかりと教えてもらうことができます。解説だけでなく問題の練習も取り入れながら指導が進むため、子供が分からない点を残しにくいです。

ただ、120分指導は「集中力が途切れやすい」というデメリットがあります。最初から120分の指導が不安な場合、まずは60分や90分で慣れてからのほうが良いです。

また、120分指導の場合、「60分+休憩+60分」という形式で教えてもらうのが一般的です。2時間続けて集中するのは大変なため、先生が休憩を挟んでくれます。

120分の授業に慣れると学校や将来的に大学で受ける授業も、少し短く感じるかもしれません。先生にとっても十分な時間があるため、「2科目や3科目の指導」「テスト前の集中対策」など、臨機応変な指導をしやすいです。

指導時間は、途中で変更できる

上でもお伝えしましたが、指導時間は途中で変更することができます。利用する家庭教師センターのスタッフへ「指導時間を60分から90分に変更したいです」のように伝えると、手続きをしてくれます。

ただ、指導してくれる先生はスケジュールを組んで指導に来てくれるため、指導時間を長くすると予定が合わなくなることがあります。もしどうしても先生と都合が合わない場合、講師変更になります。どうするかは家庭教師センターのスタッフや先生と相談して決めるため、ひとまず「こういう可能性がある」ということだけ頭に入れておきましょう。

子供の様子を見ながら、指導時間を決めよう

家庭教師の指導時間は60分・90分・120分が一般的で、まずは60分か90分で始めると良いです。勉強が苦手なら、まずは60分からがおすすめ。ある程度は頑張れそうなら、90分で始めてみましょう。家庭教師は体験を受けられるので、どれくらいの時間なら大丈夫そうかを確認してみるのもおすすめです。

子供に最適な時間で勉強すると、成績が伸びやすくなります。親子で相談して、時間を決めてくださいね。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-家庭教師の基本
-, , , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.