家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

子供のテストの点数が悪い!成績を上げるにはどうすればいい?

投稿日:2019年10月14日 更新日:

  • 「子供がテストで30点を取ってきた!」
  • 「中3になってから子供のテストがずっと悪い・・。どうしよう」

こんなとき、つい子供を怒ってしまうことは多いもの。ただ、「何やってるの!」と叱ってしまうと子供のテンションが下がるので逆効果。落ち着いて、成績を伸ばす対策を考えることが大切です。

ではテストの点数を伸ばすために、何をすればいいの??

もちろん塾や家庭教師などを利用するべきですが、このときに気をつけるべきポイントを解説します。

子供のテストの点数が悪いとき、どうするべき?

子供のテストの点数が悪いとき、とるべき行動として2つのパターンがあります。

【子供のテストが悪いときにとるべき行動】

  • 成績が落ちたのが最近なら、少し様子を見る
  • しばらく成績が悪いなら、塾や家庭教師を考える(月1.5〜2万円)

成績が落ちたのが最近なら、少し様子を見る

最近のテストでたまたま点数が悪かったなら、次のテストまで様子を見てみましょう。「どうしてこないだのテストだけ点数が悪かったんだろうね?」と子供に聞いてみると、一緒に原因を探ることができます。

「部活が忙しかった」「苦手な単元だった」「何かの理由で、あまり勉強できなかった」など、子供にも思い当たることがあるはず。「じゃあ次は時間をうまく作って、勉強もしないとね」のように伝えれば、子供も気をつけるはずです。

この場合、状況はそれほど深刻でないため、これくらいの対処で大丈夫です。ただ、次のテストは大切なため、子供の勉強の様子をときどき見ておきましょう。

しばらく成績が悪いなら、塾や家庭教師を考える(月1.5〜2万円)

最近のテストだけでなく前回や前々回のテストも低迷しているなら、対処が必要。この場合は塾や家庭教師の利用を考えましょう。

テストの点数が悪い子供は、数学や英語の内容だけでなく、「どう勉強すればいいのか」もわからないことが多いです。これを子供が自分で改善するのは難しいため、誰かに教えてもらう必要があります。

塾や家庭教師は、週1回60分か90分で1.5〜2万円ほど。少し大きな金額ですが、子供の今後を考えると必要な費用ではあります。いきなり週2回で始めると子供が大変に感じるため、まずは週1回のペースでスタートすると良いです。

最近は塾と家庭教師の料金が近づいてきていて、そこまで大きな差がありません。もちろんトライや学研など大手の家庭教師は月3〜4万円しますが、1.5〜2万円くらいで利用できる家庭教師はたくさんあります。

ちなみに成績をアップさせるサービスとして通信教育もありますが、点数が悪い場合はおすすめしません。通信教育はきちんと使いこなせれば良い教材ですが、勉強の習慣がないと途中で挫折しやすいです。通信教育は月5,000円ほどと安いため利用する人もいますが、やはり先生に教えてもらえる塾や家庭教師が良いです。

頭ごなしに怒るのはNG。理解を示して、一緒に相談する

子供のテストが悪いとき、つい親は怒ってしまいがち。

  • 「なんで勉強しないの!」
  • 「こんな点数取って、何やってんの!」

ただ、頭ごなしに怒っても、子供のやる気は上がりません。逆に「もういいや。自分はバカなんだ・・」と落ち込んで、成績がずっと低迷してしまうこともあります。こうなるのは、絶対に避けたいもの。

成績が落ちるとつい怒りたくなりますが、親としてはぐっと我慢しましょう。そして子供に理解を示して、一緒にどうするか相談するべきです。

「テスト、今回もやっちゃったね・・。ずっと点数が悪いから、そろそろ対策を考えないといけないけど、どうすればいいと思う?お母さんはやっぱり塾とか家庭教師に行くといいと思うけど、どう?」

上のような形で、一方的に塾や家庭教師を押し付けるのではなく、子供の気持ちを引き出しましょう。「友達が行ってるから、塾に行きたい」「自分だけで集中して勉強したいから、家庭教師がいい」のように子供の言葉を聞いてから、「じゃあ、ちょっと考えてみようか」と話を進めれば、子供のやる気が失われません。

勉強するのは子供でも、親も「応援する気持ち」が必要

人によっては「勉強するのは子供だから、親は何もできない」と考えることがあります。

ただ、確かに勉強は子供がしますが、親の行動や言葉も子供の成績に大きく関係します。

大切なのは、「子供を応援する気持ち」をいつも持つこと。「何か困ったら、いつでも相談していいよ」というスタンスでいると、何かを言わなくても子供は自然と安心してくれます。そして、勉強も頑張るようになります。

「勉強は子供がするものだから、私は関係ない」というスタンスだと、子供は「自分だけで頑張らないといけない。頼れる人がいない」のように、孤独を感じます。ここで踏ん張れるメンタルがある子供は少なく、多くは心が折れて勉強の努力をあきらめてしまいます。

日頃から子供とコミュニケーションをとり、応援や支える気持ちを持っていれば、子供はまた挽回してくれるはず。子供が勉強を頑張るときは、親も頑張ってサポートする必要があります。

塾と家庭教師は、どちらが良い?

話が戻りますが、塾と家庭教師はどちらも学力アップに役立つサービスです。ただ、この2つは特徴が違うため、どちらが合うかは子供によって違います。

塾と家庭教師どちらにするか決めるときは、次のポイントを基準に考えてみてください。

【塾と家庭教師の判断基準】

  • 友達がいて授業形式のほうが勉強しやすいなら、塾がおすすめ。
  • 勉強にまったく自信がないなら、家庭教師。

友達がいて授業形式のほうが勉強しやすいなら、塾がおすすめ。

塾の場合、友達と一緒に勉強できるのがメリット。苦手な勉強も友達と頑張れば、楽しく感じることもあります。また、塾は授業形式なので、学校と似た形で勉強できます。

「友達と一緒に頑張りたい」「授業形式のほうがいい」という場合、塾をおすすめします

ただ、友達と勉強するはずが一緒に遊んでしまったり、塾の授業を聞くだけで内容が頭に入らなかったりする可能性はあります。実際に塾へ足を運び、「ここなら大丈夫だ」と子供も親も感じられるかが大切です。

ちなみに塾は「集団授業の塾」と「個別指導塾」があります。個別指導塾は生徒2〜3人に対して1人の先生が教えてくれますが、子供1人にかける時間は短くなります。管理人的には、個別を選ぶなら料金的にあまり変わらないため、家庭教師のほうが良いと思います。

勉強にまったく自信がないなら、家庭教師

「勉強に自信がない」「誰かがいる場所より、自分だけで勉強したい」という場合、家庭教師がおすすめです。

家庭教師のメリットは「1対1で教えてもらえる」ということ。先生が計算のクセや細かいミスなども見てくれるため、しっかりと教えてもらうことができます。自宅で勉強できるので夜に教室へ通う必要がなく、子供に合う先生の希望を出すこともできます。

以前は塾と家庭教師で、大きな料金差がありました。ですが最近はどちらも1.5〜2万円ほどと、そこまで大きな差がなくなっています。集中して頑張るなら、家庭教師は良い勉強方法といえます。

両方とも体験ができるため、まずは試してみるべき

塾と家庭教師は上のような特徴・メリットがありますが、どちらが合うかは実際に授業を受けないとわからないもの。そのため多くの塾や家庭教師では、無料で体験授業を受けることができます。

少し時間はかかりますが、子供と一緒に時間を作り、いくつかの塾・家庭教師で体験を受けてみると良いです。その中で授業・スタッフの対応・勉強の体制や環境が1番良いと感じるところに決めれば、テストの点数を伸ばせる可能性が高くなるはずです。

体験授業ではもちろん、スタッフから料金やサービスの提案があります。押し売りのような営業をしてくるところは少ないですが、もしあればハッキリ断りましょう。親身に「こういう方向で勉強していけば、きっと伸びていきますよ」と提案やアドバイスをしてくれるところを探しましょう。

ちなみに塾は近くの教室を探すしかありませんが、家庭教師は「かてきょナビ」というサービスが便利です。「かてきょ診断」という質問に答えれば地域で人気の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ探したり問い合わせたりする手間がなくなります。無料なので、ぜひ使ってみてほしいと思います。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

成績が伸び始めるまで2〜6ヶ月はかかる。早めに対策を!

塾や家庭教師の授業が始まったら、「すぐに成績が上がらないこともある」ということは理解しておきましょう。

成績がしばらく低迷していた場合、最近の学習内容がかなり抜けていることが多いです。これを取り戻す時間が必要なため、どうしても多少の時間はかかります。

人によっては「家庭教師を頼んで1ヶ月なのに、まだ成績が上がらない・・」と感じることがあります。ただ、成績がかなり悪いと、点数が伸びるまで3〜6ヶ月ほどかかることもあります。

ひとまず3ヶ月と半年の間に行われたテストで、点数をチェックしてみましょう。そしてもし点数があまり伸びていない場合、あらためて講師やスタッフに相談すると良いでしょう。

テストが悪いときこそ、子供のサポートをしっかりと

子供の点数が悪いときは、親もつい怒ってしまいがち。ただ、こうしたときこそ親が子供を支えるべきなので、理解を示して一緒に塾や家庭教師を考えましょう。子供に合う勉強の仕方で頑張れば、きっと成績も挽回できるはずです。

-家庭教師の基本

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.