家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

子供の勉強の要領が悪い場合、どうするべき?要領の良い子に変わる方法

投稿日:2020年11月6日 更新日:

子どもの性格はそれぞれ違い、要領の良さも違うもの。

「うちの子、要領が悪いんだよね・・」

ということもあると思います。

どうにか要領よくやってほしいものの、

  • 「子どもが頑張っているのに、成績が伸びない」
  • 「勉強を始めても、何だか無駄なことばかりしている」

ということはあるもの。

ここでは「お子さんの要領が良くないとき、何をするべきか」を解説します。

なお、要領のよさを改善するなら、1対1で教えてもらえる家庭教師がおすすめ。「家庭教師・比較くらべーる」という無料のサービスなら、学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、子供にピッタリの地域で人気の家庭教師センターをまとめて探せます。資料請求の申込みもカンタンにでき、1社ずつ調べる手間が省けて便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

勉強の要領が悪い場合、子どもが自分だけで改善するのは難しい・・

何事も要領の良い人はいつも、

  • 「どうしたらより上手く時間を使えるだろう」
  • 「いま、何を1番しないといけないのだろう」

のように考えていることが多いです。つまり物事の優先順位を見極める力があり、より良くこなす工夫を考えています。

一方で要領が良くない人の場合、周りから見ると遠回りなことをしていることがよくあります。

  • ノートはきれいだけど、問題を解く時間は少ない。
  • 家でダラダラしてしまい、なかなか勉強を始めない。
  • わからない問題があると、すぐに勉強をやめてしまう。

上のような行動がいろいろ積み重なり、「要領が悪い」という状態になっています。つまりこうした点をひとつずつ改善すれば、お子さんの要領は良くなるはずです。

ただ、ずっと続けてきた行動は習慣になっていて、なかなか1人では直せません。大人でも悪い生活習慣を改善できないことはありますが、子どもにも同じことがいえます。

もちろん「今日から変わる!」と決めて、行動習慣を変えられるお子さんも中にはいます。ですがこうしたお子さんは少なく、多くの人は要領が悪いまま過ごしやすいです。

1番良い解決策は、要領の良い人に刺激を受けること!3つの方法

要領が悪くて悩んだときの1番良い解決策は、「要領の良い人に教えてもらうこと」そして、「なるべく要領の良い人と一緒にいること」です。

要領の良い人に教えてもらえば、

  • 「そうか、先に約分しておけば確かにラクだな」
  • 「ごはんを食べる前の15分だけでも毎日勉強すれば、確かにけっこう力がつくかも」

のように、小さな改善点に気づくことができます。自分で悩むよりも解決策がぱっとわかるため、ぜひ教えてもらいましょう。

ではどうすれば、要領の良い人に教えてもらえるのか?
これには3つの方法があります。

学校で成績の良い人に、直接聞いてみる。なるべく一緒に勉強する

まずは「学校で成績の良い人に、直接聞く」というのが、1番手軽な方法。お子さんに「頭のいい○○くんに聞いてみたら?」と伝えてみましょう。

頭の良い子、成績の良い子は、「誰かに教えたい」と思っていることが多いです。「どうやって勉強してるの?」「どうしてそんなに要領がいいの?」と聞けば、ヒントを教えてくれるはず。これを参考に、行動や習慣を変えてみると効果的です。

また、1度聞くだけじゃなく、できれば一緒に勉強するとより良いです。「あのさ、何とかテストの点数を上げたいから、一緒に勉強していい?」と聞けば、「いいよ」と言ってくれることもあるはずです。

スポーツでも、刺激になる人がたくさんいる環境で練習すると上手くなりやすいもの。勉強や要領もこれと同じで、日ごろの環境はとても大切です。

個別指導の学習塾で、先生に勉強の仕方を教えてもらう

学校の人に聞きにくい場合、学習塾を利用するのもひとつの方法です。先生に「どうすれば要領よく勉強できるか」を教えてもらい、それを元に行動を変えられます。

学習塾の場合、同い年の人ではなく大学生や社会人の先生に教えてもらえるため、よりさまざまなアドバイスをもらえるのがメリット。もちろん英語や数学などの勉強も直接教えてくれるため、変わるきっかけになりやすいです。

学習塾は学校のような集団塾と、先生1人に対して生徒さんが2〜3人の個別指導塾に分かれます。個別指導塾のほうがきめ細かく見てもらえるため、おすすめです。

家庭教師で集中的に、要領の良い勉強法を身につける

要領の良い勉強や生活習慣をしっかり身につけるなら、家庭教師も良い選択肢です。

家庭教師は大学生や社会人の先生に、1対1で教えてもらえるのがメリット。お子さんの計算の仕方やノートの書き方、日ごろの勉強法など、細かな改善点をひとつひとつアドバイスしてもらえます。

家庭教師の場合、大学生or社会人・学歴・性格・性別など、先生の細かい希望を出すことができます。「国公立大学の男性の先生に、要領の良い勉強の仕方を教えてほしい」のように依頼すれば、なるべく要望にマッチする先生を紹介してもらえます。

「こう勉強するといいよ」「こうすると効率的だよ」というアドバイスを毎週もらえば、かなりの確率でお子さんの行動が変わるはず。相性の良い先生から教えてもらうと、さらにその効果はアップします。

最近は良心的な価格で利用できる会社も増えていて、学習塾とあまり料金が変わらないところもあります。地域で評判の良い会社は「家庭教師 比較くらべーる」という無料のサービスで検索できるため、家庭教師を考えるときは使ってみてください。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト

親御さんが「うちの子は要領が悪い」と考えるのをやめて、「きっと要領よくできる子だ」と信じるのも大切

最後にもうひとつ大切なのは、「親御さんがお子さんをどう思っているか」です。

  • 「うちの子は要領も頭も悪い・・」
  • 「何をやってもダメなんだよね・・」
  • 「運動だけできるけど、頭は悪いんだよね」

上のようにイメージを決めつけてしまうと、実はお子さんがその通りになりやすいです。「自分は要領がダメなやつなんだ・・」「何をやっても要領が悪いんだ」とお子さんが何度も考えてしまい、それに引っ張られてしまうためです。

逆に

  • 「大丈夫。ひとつずつ直せば要領よくなるよ」
  • 「お母さんはできるって信じてるよ」
  • 「野球は上手いんだから、ほかのことも上手くできるよ」

上のようにお子さんを信じれば、きっと変わってくれるはず。お子さんが頑張るなら、親御さんも一緒に頑張る必要があります。

要領のよさはセンス・性格と考えがち。でも、行動を変えれば改善できる!

要領の良さはセンスや性格で、変えられないと思っている人は多いです。ただ、行動を見直して良いものに変えれば、要領や効率を高めることは誰でもできます。何もせずに諦めるのではなく、「少しずつでも変えてみよう」と思うことが最初の1歩です。

また、要領の良い行動や習慣を、1人で直すのは難しいもの。学校の友だちや学習塾、家庭教師などを考えてみるのもおすすめです。塾や家庭教師は費用がかかるものの、今後につながるきっかけになるはずです。

家庭教師 比較くらべーる

なお、上でも紹介しましたが、要領のよさを改善するなら1対1で教えてもらえる家庭教師が効果的。「家庭教師・比較くらべーる」という無料のサービスなら、学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、子供にピッタリの地域で人気の家庭教師センターをまとめて探せます。資料請求の申込みもカンタンにでき、1社ずつ調べる手間が省けて便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

-勉強コラム

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.