家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

家庭教師の先生は、どういう交通手段で来るの?交通費の渡し方は?

投稿日:2018年1月9日 更新日:

家庭教師では、先生が自宅へ直接指導に来てくれます。このとき講師は、電車・バス・車などの交通手段を使います。

先生が電車で来る場合と車で来る場合では、家庭での準備が変わってきます。講師が電車で来るなら家庭側は待っているだけで良いですが、車で来る場合は駐車スペースを空けておく必要がある、などです。

そこでここでは、「家庭教師の交通手段」や「交通費の渡し方」について解説します。家庭教師を利用する前の参考にしてほしいと思います。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師の交通手段

先生の交通手段は、大きく分けて次の3つ。どの方法で来てくれるかは、先生によって違います。

  • 電車・バス
  • 徒歩・自転車

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

電車・バス

先生の交通手段で一番多いのは、電車やバスです。最寄の駅やバス停で降りて、そこから徒歩で指導に来てくれます。

この場合、家庭は講師が払う往復分の電車代・バス代を負担する必要があります。

例えば先生が指導へ来るために、往復400円の交通費がかかる場合、1ヶ月に「400円×指導回数」の費用を支払う必要があります。月4回の指導なら、家庭が先生に払う交通費は1,600円になります。

トライや学研など、家庭教師センターの指導料は基本的に「口座振替(引落し)」です。ただ、交通費に関しては先生へ直接手渡しで支払うのが一般的です

家庭教師センターはできるだけ、近いところに住んでいる先生を紹介してくれて、交通費が高くならないように配慮してくれます。そのため先生は、30分以内くらいで来れる場所に住んでいることが多いです。

ちなみに講師が通勤・通学のために定期を持っていて、指導のときに定期区間内を通る場合は、家庭の負担する交通費が安くなったり、ゼロだったりすることもあります。これはラッキーなパターンです。

また、電車が止まってしまったり、バスが渋滞に巻き込まれて遅れたりすることがあります。こうした場合、先生の到着が普段より遅れることがあります。この場合は指導時間の前に、先生から電話などで連絡があるはずです。

車・原付

車や原付で指導に来る先生もいます。先生が車を停められるスペースを用意して、毎回そこに駐車してもらいましょう。

多くの家庭教師センターでは、「講師が車で向かう場合は1kmあたり20円、原付・バイクの場合は1kmあたり10円」という交通費が一般的です。

たとえば講師の自宅と家庭が10km離れている場合、車だと往復400円(20円×10km×往復)、原付・バイクだと往復200円(10円×10km×往復)の交通費がかかります。

もし空きの駐車場などがない場合、講師にコインパーキングを利用してもらうことになります。この場合、車やバイクのガソリン代だけでなく、コインパーキング代もかかることになります。

また、先生に路駐してもらうのは、なるべく避けるべき。もし先生が駐禁などのペナルティを受けてしまったら、とても迷惑をかけてしまうことになります。駐車スペースがないなら、電車やバス、徒歩で来れる先生を紹介してもらいましょう。

徒歩・自転車

場合によっては、自宅からかなり近くの先生を紹介してもらえることもあります。

この場合、先生は交通費がかからないため、家庭が講師へ支払う交通費もゼロです。余計な負担がかからないので、お得ですね。

ただし先生が近くに住んでいると、道ばたやスーパーでバッタリ会ってしまう可能性があります(汗)頻繁にあることではないものの、少し気まずいかもしれません・・。

もし気になるようなら、住む場所が近すぎる先生の紹介は断りましょう。家庭教師センターのスタッフが、少し離れた場所に住む講師を紹介してくれるはずです。

送迎ができると、紹介可能な講師が増えやすい

先生はお給料を頂くために教えているため、「なるべく移動に時間をかけたくない」と考えています。

自宅が最寄り駅から遠い場合、指導に来れる講師が見つかりにくいです。「最寄駅で下車して、そこから徒歩20分」「電車とバスを乗り継ぎ、そこから徒歩5分」のような立地だと、「教えに行くのが大変」と考える講師が多くなってしまいます。

この場合は家庭側で「最寄駅までの送迎」ができると、紹介してもらえる講師が増えやすいです。家庭の手間は増えてしまいますが、なかなか良い先生が見つからないなら、「先生を最寄り駅まで送迎しますよ」と家庭教師センターのスタッフに伝えてみてください。

車を持っている講師が運良く見つかれば良いですが、「車を持っていて、スケジュールに空きがあり、指導力もしっかりある講師」となると、かなり候補の先生は絞られてしまいます。

家庭によっては、「お金を払うのだから、先生が自宅まで来てくれて当然」と考えることもあります。確かにもっともなのですが、講師も「なるべくスムーズに向かえる家庭の役に立ちたい」と思っていることが多いです。お互いに配慮し合うことが大切ですね。

講師の交通手段を理解しておこう

ここでは、「家庭教師の交通手段」について紹介しました。

講師の交通手段は大きく「電車・バス」「車・原付・バイク」「徒歩・自転車」の3種類があり、それぞれで家庭で対応すべきことが変わります。

家庭教師センターから紹介されるときまで、先生の交通手段は分かりません。ただ、上のようなパターンがあることを知っておくと、慌てず対応できるはずです。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-家庭教師の基本
-, , ,

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.