家庭教師の先生は、どういう交通手段で来るの?交通費の渡し方は?

投稿日:2018年1月9日 更新日:

家庭教師では、先生が自宅へ直接指導に来てくれます。このとき講師は、電車やバス、車などの交通手段を使います。

例えば先生が「電車で来る場合」と「車で来る場合」では、家庭側で対応することが違います。講師が電車で来る場合、家庭側は待っているだけで良いですが、車で来る場合は駐車スペースを空けておく必要がありますよね。

このように講師の交通手段によって、家庭の対応は違ってきます。そこでここでは、「家庭教師の交通手段」について解説します。「交通費の渡し方」も合わせて紹介しているため、参考にしてくださいね。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師の交通手段

先生の交通手段は、大きく分けて次の3つ。

  • 電車・バス
  • 徒歩・自転車

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

電車・バス

一番多いのは、「電車やバスを使って指導へ向かう講師」です。最寄駅で降りて、そこから徒歩で
自宅へ指導に来てくれます。

この場合、家庭側は講師が支払う往復分の電車代・バス代を支払う必要があります。例えば先生が指導へ来るために、往復400円の交通費がかかる場合、1ヶ月に「400円×指導回数」の費用を支払う必要があります。月4回の指導なら、この場合は1,600円ですね。

トライや学研など、家庭教師センターの指導料(月額料金)は基本的に「口座振替(引き落とし)」です。ただ、交通費に関しては先生へ直接手渡しで支払うことがほとんどです。

家庭教師センターは、できるだけ自宅から近いところに住む先生を紹介してくれます。そのため、あまり交通費が高くならないように配慮してくれます。講師は30分以内くらいで来れる場所に住んでいることが多いです。

ちなみに講師が通勤・通学のために定期を持っていて、指導のときに定期区間内を通る場合は、交通費が安くなったり、ゼロだったりすることがあります。この場合はラッキーと考えておきましょう。

また、あまりあることではないものの、電車が止まってしまったり、バスが渋滞に巻き込まれて遅れたりすることがあります。こうしたときには講師の到着が、普段より遅れることがあります。この場合は指導時間の前に、講師から電話などで連絡があるはずです。

車・原付

講師によっては、車や原付を持っていることがあります。この場合、講師が自宅へ車で来てくれます。自宅に駐車スペースがある場合は、そこに講師の車を停めてもらいましょう。

もし駐車場などに空きがない場合は、講師にコインパーキングを利用してもらうことになります。

多くの家庭教師センターでは、「車で講師に来てもらう場合は1kmあたり20円、原付・バイクの場合は1kmあたり10円」と決めているのが一般的です。例えば講師の自宅とあなた・子供の自宅が10km離れている場合、車だと往復400円、原付・バイクだと往復200円の交通費がかかります。

ただ、コインパーキングを講師に利用してもらう場合は、別途コインパーキング代もかかることになります。

徒歩・自転車

場合によっては、自宅からかなり近い場所に住む先生を紹介してもらえることもあります。3~4kmほどなら、講師が自宅から自転車で指導に向かうことができます。

この場合、先生は交通費がかからないため、家庭が講師へ支払う交通費もゼロです。余計な負担がかからないので、お得ですよね。

ただし近いところに住む講師は、道ばたやスーパーでバッタリ会ってしまう可能性があります(汗)頻繁にあることではないものの、少し気まずい感じがするかもしれません。。

もしこうしたことが気になるようなら、家庭教師センターから近い場所に住む講師を紹介されたときに、断ると良いです。するとスタッフが、別の少し離れた場所に住む講師を紹介してくれるはずです。

送迎ができると、紹介可能な講師が増えやすい

自宅が最寄り駅から離れている場合、指導に向かえる講師が少なくなりやすいです。そのため、家庭側で「最寄駅までの送迎」ができると、紹介してもらえる講師が増えやすいです。

先生も仕事でお給料をもらうために教えているので、「できるだけ向かいやすい家庭で指導したい」と考えています。「最寄駅で下車して、徒歩20分」や「電車とバスを乗り継ぎ、そこから徒歩5分」のような場合、「向かいにくい」と感じて指導を控える講師が多くなってしまうのですね。

車を持っている講師が運良く見つかれば良いのですが、「車を持っていて、指導できるスケジュールが空いていて、指導力もしっかりある講師」となると、かなり候補の先生は絞られてしまいます。。

家庭側で送迎ができると講師が自宅までアクセスしやすくなり、紹介してもらえる先生が増えます。可能なら、送迎を考えてみるのも良いと思います。

人によっては「お金を払うのだから、先生が自宅まで来てくれて当然」と考えることもあるかもしれません。確かにもっともなのですが、講師も「できるだけスムーズに向かえる家庭の役に立ちたい」と思っていることが多いです。お互いに配慮し合うことが大切ですね。

講師の交通手段を理解しておこう

ここでは「家庭教師の交通手段」について紹介しました。

講師の交通手段には「電車・バス」「車・原付・バイク」「徒歩・自転車」の3種類があり、それぞれで家庭の対応するべきことが変わってきます。先生を紹介されるときまで交通手段は分からないのですが、上のようなパターンがあることを知っておくと良いですよ。すると心の準備ができて、慌てず対応できるはずです。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-家庭教師の基本
-, , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.