家庭教師ノーバスは有名大学の先生が多い!講師数や先生への研修について

投稿日:

家庭教師ノーバスを検討するときに気になりやすい点として「先生の質」があります。

家庭教師では、1対1で勉強を教えてもらうことができます。そのため、

  • 「どんな先生に教えてもらえるのだろう」
  • 「本当に良い先生に教えてもらえるの?」

という点は、しっかりチェックしておきたいところですよね。

そこでここでは、「家庭教師ノーバスに在籍する先生」について詳しく紹介します。ノーバスを利用しようか迷っている場合は判断材料になるので、チェックしてみてくださいね。

>>「家庭教師ノーバス」公式サイト・詳細はこちら

在籍講師は関東だけで7万人以上。相性の良い先生を見つけやすい

ノーバスは関東エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木)で展開するサービスで、これらの地域だけで7万人以上の先生が在籍しています。

規模の大きな家庭教師センター(家庭教師を紹介してくれるサービス)は全国展開で10万人以上くらいが目安なので、ノーバスも「ほぼ大手」と考えて良いくらいのサービスです。

在籍する先生がたくさんいるということは、「それだけ相性が良く、高い指導力のある人を紹介してもらいやすい」ということ。ノーバスは、子供に合う先生を紹介してもらいやすいサービスといえます。

有名大学に在籍する大学生・院生が中心

ノーバスに在籍する先生は、都内の有名大学に通っている人が多いです(大学生だけでなく、大学院生も含む)。

東大・一橋・早稲田・慶応などに通う先生が多いため、中学生の内容はしっかり教えてもらうことができます。

また、「慶応へ通う先生に勉強を教えてほしい!」のような希望も叶えやすいです。女性の先生も多いため、子供が女子の場合でも相性の良い先生を紹介してもらうことができます。

さらに、偏差値の高い中学校・高校や、中高一貫校出身の先生も多いです。そのため子供と同じ中学校を出た先生に指導してもらうこともできます。学校によって学習のペースやカリキュラムは異なるため、同じ中学校出身の先生に教えてもらうと、事情を理解してもらいやすいです。

ノーバスではスタッフに先生を選んでもらう際、希望を出すことができます。「早稲田に在籍している先生がいい」「女性の先生がいい」などの希望を伝えると良いです。全ての要望を100%満たす先生を紹介してもらうのは難しいかもしれませんが、子供にピッタリな人を紹介してもらいやすくなります。

ちなみにどの大学の先生がどれくらいノーバスに在籍しているかは、次のようになっています(2018年1月。ノーバスの公式サイトより)。

男子 女子
青山学院大学 629人 469人
学習院大学 274人 250人
慶應義塾大学 1,874人 814人
上智大学 374人 344人
中央大学 1,144人 544人
東京医科歯科大学 67人 37人
東京外国語大学 114人 174人
東京工業大学 464人 67人
東京大学 1,171人 324人
首都大学東京 274人 121人
東京理科大学 864人 297人
一橋大学 454人 174人
明治大学 967人 625人
早稲田大学 2,321人 851人
筑波大学 384人 386人
立教大学 345人 331人

基準を設けていて、採用率は約25%

ノーバスは先生の採用に、基準を設けています。

管理人は、「有名大学に在籍している先生でも、必ずしも良い指導をできるとは限らない」と考えています。確かに偏差値の高い大学に通う先生は勉強を頑張った経験があるため、しっかり教えられることは多いです。ただ、淡々と説明だけをする先生は子供の興味を引くことができず、「良い指導」をしているとはいえないですよね。

ノーバスもこのように考えていて、単に「良い大学へ通っているから」というだけで先生を採用せず、次のような項目をトータルで判断しています。

  • 学力テスト
  • 指導力テスト
  • 礼儀・マナーのチェック
  • ノーバスのスタッフによる面接(人柄・雰囲気の確認など)

家庭教師の先生は「学歴」だけでなく、「人間性」も大切。ノーバスは上のような基準をしっかり設けていて、採用率は25%とかなり低い数字になっています。こうしたハッキリした採用ルールがある家庭教師センターは少なく、ノーバスの強みといえます。

先生は指導へ向かう前に、研修を受けている

上のような基準があることに加えて、ノーバスは「先生への研修」を行っています。そして研修を終えてから、先生は指導へ向かうことになります。

研修では子供の学習状況をノーバスのスタッフと先生で確認したり、ノーバススタッフが「このように指導していただくと良いです」のように先生へアドバイスしたりします。

また、指導を初めて担当する先生については、スタッフが「一般常識やマナーの再確認(挨拶・服装・スマホ使用禁止など)」や「効果的な指導方法」についての情報提供をしています。

つまりノーバスでは、研修で主に3つのことを先生へ伝えています。

  • 子供の学習状況と、今後の指導方針
  • 家庭教師としての教え方
  • 社会人としての基本的なマナー

こうした研修を通して、先生はしっかりと体制を整えてから指導へ向かいます。

より経験のある講師は、「プレミアムコース」で紹介してもらえる

ノーバスの先生はここまで紹介したように、家庭教師センターの中ではかなり質が高いです。ただ、場合によっては「社会人の先生に教えてほしい」「より経験豊富なプロの先生に教えてほしい」ということもあると思います。

この場合、ノーバスの通常コースではなく「プレミアムコース」というサービスを利用すると良いです。プレミアムコースはいわゆる「プロ家庭教師コース」で、社会人の先生や、経験や合格実績が豊富な先生に教えてもらうことができます。

プレミアムコースは先生の実力によって「ハイグレード」「スーパーグレード」「スーパーハイグレード」というランクがあります。スーパーハイグレードの先生が、1番高い実力をもっています。プレミアムコースは週1回(月4回)・90分の授業で月30,000~50,000円ほど、週1回(月4回)・120分で月36,000~62,000円ほどです。

プレミアムコースの料金は高いですが、難関校を目指す場合にはおすすめです。子供の勉強意欲が高ければ、検討してみるのも良いと思います。

関東なら、相性が良く高い実力の先生を紹介してもらえる!

家庭教師ノーバスは、東京都内の有名大学に通う先生がたくさん在籍しており、独自の基準に沿って採用しています。そのため「相性が良く、指導力の高い先生を紹介してもらいやすいサービス」といえます。

ただ、ノーバスのデメリットは「地域が関東に限られる」ということ。対応エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木なので、この地域に住んでいるなら検討してみるのはおすすめです。

子供によって向き不向きはあるため、まずは体験授業を受けてチェックしてみるのが良いですよ。体験はもちろん無料で強引な勧誘もないので、安心して利用してみてくださいね。

>>「家庭教師ノーバス」公式サイト・詳細はこちら

-サービス
-, , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.