家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

家庭教師ノーバスは手持ちのテキストでOK。高額教材の販売はナシ!

投稿日:2018年2月4日 更新日:

家庭教師のノーバスを考えるときは、「授業に使う教材」が気になることもあると思います。

オリジナル教材を用意している会社もありますが、こうした会社は教材代が高め。ノーバスは「子供が今持っている教材」を使うのが基本で、追加の教材代はかかりません。学校のワークや参考書・問題週などで指導してもらえるため、テスト対策もしっかりできます。

ここでは「ノーバスの教材」について解説します。

ノーバスはオリジナル教材ナシ。手持ちの参考書・問題集で学習が基本

家庭教師のノーバスはオリジナル教材を用意しておらず、学校で配布される問題集(ワーク)や参考書、教科書を使っての授業が基本です。

勉強でつまずいていてこれから学力を伸ばしたい場合、まずは学校の教材をしっかりこなすことが大切。多くの参考書や問題週は「基本問題」「練習問題」「応用・発展問題」に分かれていて、ひと通り解けるようになると高校・大学受験にも対応しやすくなります。

また、学校の教材は宿題として出されることも多く、成績表(中学校は内申点)にも大きく影響します。

内申点は高校受験で重視されることが多く、なるべく高い点を取っておくことは大切。学校のワーク課題をしっかりこなすと高い内申点を取りやすくなり、受験で有利になります。

まずは学校の教材を中心に勉強を進めて、もし余裕があるなら市販の参考書・問題集でノーバスの先生に教えてもらいましょう。

ちなみにノーバスと塾を併用する場合、ノーバスの先生に塾のテキストを教えてもらうこともできます。

ノーバスで使う教材は、手持ちのものなら何でもOK。「これで勉強したい」という教材があるなら、ノーバスのスタッフや先生に伝えると良いです。もし「どの教材で教えてもらえばいいか分からない」という場合、まずは学校の教材で教えてもらうのがおすすめです。

ノーバスは「学習プリント」を無料で用意してもらえる

ノーバスでは、「学習プリント」を無料で提供してもらうことができます。

先生に教えてもらいながら学校の教材をこなした上で、「ワークはもう大丈夫」「もっとたくさん問題を解きたい」という場合、ノーバスに学習プリントを用意してもらえます。電話などで連絡すればOKです。

ただし「無料だから」といって、使わないのに学習プリントをもらっても成績は伸びません。教材はあくまでも「解いて活用すること」が大切です。

必要があれば、使う教材の提案をしてもらえる

場合によっては

  • 「学校の教材が良いのは分かっている。でも、うちの子供には合わない気がする」
  • 「ワークは何度も解いて理解しているから、新しい教材を購入したい」

ということもあると思います。

この場合、ノーバスのスタッフや指導してくれる先生に相談すれば、子供に合う教材を提案してもらうことができます。

自分に合う問題集や参考書を使うことは、とても大切。子供によって勉強のスタイルは違い、「どんな説明を分かりやすいと感じるか」も異なります。

学校で使う多くの教材はクセがなく、良い教材です。ただ、学校のものが子供にどうしても合わない場合、ノーバスで教材を提案してもらいましょう。

もちろんですがこの場合、教材の購入代金がかかります。ただ、何十万円もする高額教材を提案されることはないので、安心して大丈夫です。

ノーバスは教材代がかからず、利用しやすいサービス

ノーバスは基本的に「手持ちの教材」を使った授業が基本。まずは学校の参考書や問題集を中心に教えてもらいましょう。その上で必要があれば無料の学習プリントを提供してもらったり、新しい教材を提案してもらったりすると良いです。

ノーバスは教材代がかからないため、安心で利用しやすいサービス。先生の質も良くてサポート体制も整っているため、考えてみるのはオススメです。興味がわいたら、まずは無料の体験授業で子供に合うかチェックしてみてくださいね。

家庭教師ノーバスの詳しい解説はこちら

-サービス

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.