家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

中学生向けの家庭教師、料金の相場はどれくらい?月謝以外に費用はかかる?

投稿日:2018年1月5日 更新日:

家庭教師を考えるときに気になりやすいのが「費用」。

「家庭教師は高そう・・」と思っている人は多いもの。ただ、子供が中学生の場合、家庭教師は確かに費用がかかるもののすごく高い金額ではなく、目安として1.5〜3万円ほどです。学習塾と比べてすごく高いわけではないので、考えてみるのもおすすめ。

ここでは「中学生向けの家庭教師の費用相場」を解説します。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。「かてきょ診断」というカンタンな質問に答えると、地域の人気家庭教師センターをすぐに検索できます。

家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてほしいと思います。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

中学生向け家庭教師の費用相場は「月1.5~3万円ほど」

冒頭でも紹介しましたが、中学生を対象とした家庭教師の費用相場は「月1.5~3万円ほど」

例えば、安価な料金で人気の「家庭教師のあすなろ」は、英語・数学の2科目で週1回(月4回)60分の授業が15,200円(税込)となっています。

週1回の指導とはいえ、1.5万円で家庭教師を利用できるのは、なかなか良いと思います。ちなみに週1回(月4回)90分の場合、18,700円(税込)で、これでも十分お値打ちです。

管理人は学習塾で、中学生を教えていたことがあります。勤務していた塾の月謝は中学生の場合、週1回90分の授業で12,000円、中3は14,000円でした。また、進研ゼミなどの通信教育は月5,000円くらいから勉強できますが、自力で勉強しないといけないので大変です。

家庭教師は学習塾や通信教育に比べると高いですが、「1対1で教えてもらえる」というメリットがあります。

塾のように集団形式や個別指導形式で教えてもらうのも良いですが、家庭教師が合う子供も多いです。「塾で教えてもらうのが合わなかったから、家庭教師を利用することにした」という声もときどき聞きます。「子供にどちらが合いそうか」で考えてみてくださいね。

料金の内訳は2パターン

家庭教師センターの月額料金は多くの場合、次のような内訳になっています。

【パターン1月額=「指導料」+「教材費
【パターン2月額=「指導料」+「管理費

パターン1は「家庭教師センターで用意しているオリジナル教材を使う場合」です。この場合は指導料と教材費を合計して、先ほど紹介した月1.5~3万円の金額になります。

次にパターン2は、「手持ちの教材(学校で使っているワークや、本屋で買える参考書)を用意して授業を受ける場合」です。この場合は教材費の代わりに1万円ほどの「管理費」という費用がかかり、月1.5~3万円の金額になります。管理費は「家庭教師センターが、家庭をサポートするための費用」という名目になっています。

「パターン1の場合に管理費がかからないのは、おかしいのでは?」と思うかもしれませんが、教材費の中に管理費も含まれる形になっています。

つまり家庭教師センターのオリジナル教材を使う場合でも使わない場合でも、月1.5〜3万円の相場は変わりません。少し不思議に感じるかもしれませんが、家庭教師センターは利益を上げるために運営されている面もあるため、こうした仕組みになっています。

ちなみに「パターン1と2、どちらが良いの?」と思うかもしれませんが、管理人的にはパターン2、つまり「家庭教師センターのオリジナル教材を使わないパターン」をおすすめします。その理由は、「家庭教師センターの教材は、割高な場合が多いため」です。

たとえば家庭教師の月額が月2万円の場合、大体ですが「指導料1万円+教材代1万円」のような割合になっています。もちろん家庭教師センターはこだわって教材を作っているのかもしれませんが、中学生のテキストで月1万円はちょっと高いです。それなら学校の教材や、市販の参考書・問題集で十分です。

また、家庭教師センターの教材は「契約」ではなく「購入」のため、もし家庭教師を解約する場合でも手元に残ります。すると教材の購入代金をローンで支払う場合、「家庭教師をやめたのに教材の分割代金が残る」というケースもあります(スマホを解約するときに本体の分割金が残るのと同じイメージです)。

ただ、家庭教師センターのオリジナル教材も内容自体は悪くないため、子供が「これがいい!」と気に入ったら、使うのも良いと思います。

月額料金以外にかかる費用は?

家庭教師を頼む場合、「月額以外にかかるお金」も気になるところ。月額以外に家庭教師センターでかかる費用は、最初に支払う「入会金」と、「講師の交通費」の2つです。

入会金(契約時のみ)

「家庭教師に指導をお願いしよう」と決めたら、家庭教師センターへ入会(契約)することになります。このとき、「入会金」がかかることが多いです。入会金は多くの場合、2万円ほどです。ただし家庭教師センターによってはキャンペーンを行っていて、入会金が半額になったり、無料になったりすることもあります。

「次のキャンペーンが開催されるまで待とう」と思っていると、子供の勉強を始めるタイミングがどんどん遅くなってしまいます。そのためあくまでも「家庭教師センターへ契約しようと思っていたときに、キャンペーンがあればラッキー」という感じで考えておくことをおすすめします。

講師の交通費(毎月)

もうひとつ月額料金以外にかかるのが、「講師の交通費」です。

家庭教師では、先生が自宅へ来て指導をしてくれます。そのため、講師の交通費を支払う必要があります。

家庭教師センターは、できるだけ自宅の近くに住んでいる先生を紹介してくれることが多いです。そのため交通費は、「指導1回あたり、往復分で400~1,000円ほど」で収まることが多いです。

家庭教師センターの月謝は、「口座振替(引き落とし)」で支払うのが一般的。ただ、交通費に関しては、先生に直接支払うことになります。「毎回の授業後に支払う」「ひと月分の交通費を月末にまとめて支払う」など、家庭教師センターによって交通費の払い方は違います。各センターのスタッフから説明があるはずです。

たとえば先生が指導へ来てくれるときに、往復400円の交通費がかかるとします。週1回指導をしてもらう場合、ひと月に先生へ支払う交通費は1,600円(400円×4回)となります。

ちなみに「交通費が高くなるけれど、おすすめの良い先生」がいた場合、指導が始まる前に家庭教師センターのスタッフから相談があります。

本屋で購入する教材(参考書・問題集)

本屋で新たに教材を購入する場合、この費用もかかります。

ただ、中学生の場合は学校のワークで指導してもらうことが多いため、何冊も新たな教材を買うことにはならないはずです。必要そうなら、英語・数学で1冊ずつ購入すれば十分です。これくらいなら、2,000~2,500円くらいの出費ですむはずです。

また、使う教材は、教えにきてくれる先生と相談して決めるほうが良いです。子供によって使うべき教材は違い、「まずは学校のワークをしっかりこなすことが大切」という場合も多いです。先に教材を用意しても、「実際に指導が始まったら使わなかった」という失敗もあるため、初回の指導で先生と相談しましょう。

管理人も中学生を教えるときは多くの場合、学校のワークを中心に教えていました。

費用の相場を理解して、家庭教師を検討しよう

まとめとして、中学生向けの家庭教師は、「1.5~3万円」が相場です。週に2回(月8回)など、たくさん指導してもらう場合はこれ以上の金額になることもありますが、だいたいの目安にはなるはずです。

家庭教師は塾や通信教育に比べると、少し高めです。ただ、1対1で集中的に教えてもらえるというメリットは、ほかのサービスにはありません。家庭教師センターはどこも無料の体験授業を行っているため、実際に授業を受けて、スタッフから話を聞いて考えてみてくださいね。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが、「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」というカンタンな質問に答えれば評判の良い家庭教師センターがまとめて表示され、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら地域で人気の家庭教師センターをまとめて検索でき、体験の申込みもできます。それぞれのセンターの体験を受けてスタッフの様子・対応を比較すれば、ベストな会社を選べるはずです。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切!ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-家庭教師の基本
-, , , , ,

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.