中学生向けの家庭教師、料金の相場はどれくらい?月謝以外に費用はかかる?

投稿日:2018年1月5日 更新日:

家庭教師を検討するときに、気になりやすいのが「費用」ですよね。

「家庭教師は高そう・・」と思っている人は多いです。中学生向けの家庭教師は確かに費用がかかるものの、「めちゃくちゃな金額ではない」と思います。ただ、もちろん予算はご家庭によって異なるので、じっくり検討してみてくださいね。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

中学生向け家庭教師の費用相場は「月2~3万円ほど」

まず、中学生を対象とした家庭教師の費用相場は、「月2~3万円ほど」です。

例えば、良心的な料金で人気がある家庭教師センター(家庭教師を紹介してくれるサービス)の「家庭教師のあすなろ」は、週1回(月4回)90分の授業内容で、20,300円(税込)となっています。

週1回の指導とはいえ2万円で家庭教師を利用できるのは、けっこう良いと思います。ちなみに90分・週2回(月8回)の場合、30,800円(税込)になります。

管理人は塾講師として、中学生を教えていた経験があります。勤務していた塾の月謝は中学生の場合、週1回90分の授業で12,000円、中3は14,000円でした。また、進研ゼミなどの通信教育は月5,000円くらいから勉強できますが、自力で勉強しないといけないので大変です。

学習塾や通信教育に比べると高いのですが、家庭教師は「1対1で教えてもらえる」というメリットがあります。塾のように集団形式や個別指導形式で教えてもらうのも良いですが、家庭教師のほうが合う子もいますよね。「塾で教えてもらうのが合わなかったから、家庭教師を利用することにした」という声もときどき聞きます。「あなたの子供にどちらが合いそうか」で判断するのが良いと思います。

料金の内訳は2パターン

家庭教師センターの月額料金は多くの場合、次のような内訳になっています。

【パターン1】月額=「指導料」+「教材費
【パターン2】月額=「指導料」+「管理費

パターン1は「家庭教師センターで用意している、オリジナル教材を使う場合」です。この場合は指導料と教材費を合計して、先ほど紹介した月2~3万円の金額になります。

次にパターン2は、「学校で使っている教材や本屋で買える参考書などを用意して、授業を受ける場合」です。この場合は教材費の代わりに「管理費」という費用がかかり、月2~2.5万円の金額になります。管理費は「家庭教師センターが、家庭をサポートするための費用」としてかかることが多いです。

「パターン1の場合に管理費がかからないのは、おかしいのでは?」と思うかもしれませんが、教材費の中に管理費も含まれる形になっています。

つまり家庭教師センターのオリジナル教材を使う場合でも使わない場合でも、月2~2.5万円の相場は変わりません。ちょっと不思議に感じるかもしれませんが、家庭教師センターもやはり利益は大切なので、こういう仕組みになっているのですね。

ちなみに「パターン1と2、どちらが良いの?」と思うかもしれませんが、管理人的にはパターン2、つまり「家庭教師センターのオリジナル教材を使わないこと」をおすすめします。

その理由は、「家庭教師センターの教材は、割高な場合が多いため」です。たとえば家庭教師の月額が月2万円の場合、大体ですが「指導料1万円+教材代1万円」のような割合になっています。もちろん家庭教師センターがこだわって作っているのかもしれませんが、中学生の教材代に月1万円はちょっと高いですよね。それなら学校の教材や、市販の参考書・問題集で十分です。

家庭教師センターの教材は「契約」ではなく「購入」のため、もしも家庭教師が合わなかった場合にも手元に残ります。つまり教材の購入代は、続けて支払う必要があります。

スマホ・携帯も「2年契約」に見えますが、実際はスマホ本体を「購入」しているので、本体代金は解約しても残ります。家庭教師センターのオリジナル教材もこれと同じなので、あまりおすすめではないのです。。

ただ、家庭教師センターのオリジナル教材も内容自体は悪くないので「これが勉強しやすそう!」と強く感じたら、使うのも良いと思います。オリジナル教材を使っても使わなくても、料金はあまり変わりません。

月額料金以外にかかる費用は?

家庭教師を頼む場合、「月額以外にかかるお金」も気になるところですよね。月額以外に家庭教師センターでかかる費用は、最初に支払う「入会金」と、「講師の交通費」の2つです。

入会金(契約時のみ)

「家庭教師に指導をお願いしよう」と決めたら、家庭教師センターへ入会(契約)することになります。このとき、「入会金」がかかることが多いです。入会金は多くの場合、2万円ほどです。

ただし、各家庭教師センターではキャンペーンなどを行っていて、入会金が半額になったり、無料になったりすることがあります。タイミングが合えば運が良いですね。

「次のキャンペーンが開催されるまで待とう」と思っていると、子供の勉強を始めるタイミングがどんどん遅くなってしまいます。そのためあくまでも「家庭教師センターへ契約しようと思っていたときに、キャンペーンがあればラッキー」という感じで考えておくことをおすすめします。

講師の交通費(毎月)

もうひとつ月額料金以外にかかるのが、「講師の交通費」です。家庭教師では、先生が自宅へ来て指導をしてくれます。そのため、講師の交通費を支払う必要があります。

家庭教師センターは、できるだけ自宅から近いところに住む講師を紹介してくれることが多いです。そのため支払うことになる交通費は、「指導1回あたり往復分で500~1000円ほど」で収まることが多いです。

家庭教師センターの月額料金は、「口座振替(引き落とし)」で支払うのが一般的です。ただ、交通費に関しては、先生に直接支払うことになります。「毎回の授業後に支払う」「ひと月分の交通費を月末にまとめて支払う」など、家庭教師センターによって支払い方法は異なります。各センターのスタッフから説明があるはずです。

例えば講師が指導を行うために、交通費として往復400円がかかるとします。週1回指導をしてもらう場合、ひと月に先生へ支払う交通費は1,600円(400円×4回)となります。「交通費が高くなるけれど、家庭教師センターがおすすめしたい良い先生」の場合、指導が始まる前に家庭教師センターのスタッフから相談があります。

本屋で購入する教材(参考書・問題集)

本屋で新たに教材を購入する場合、この費用もかかります。多くの場合は、何冊も購入することにはならないはずです。まずは英語と数学で1冊ずつ購入すれば十分です。これくらいなら、2,000~2,500円くらいの出費ですむはずです。

また、使う教材は、教えにきてくれる講師と相談して決めるほうが良いです。子供によって適した教材は異なり、「まずは学校で配布されているワークをしっかりこなすことが大切」という場合も多いです。先に教材を用意しても、「実際に指導が始まったら使わなかった」という失敗もあるため、初回指導のときに先生と教材の相談をすると良いです。

管理人も中学生を教えるときは多くの場合、学校のワークを中心にして教えていました。

費用の相場を理解して、家庭教師を検討しよう

中学生向けの家庭教師は、費用の相場が「2~3万円」と考えると良いです。週に2回(月8回)などたくさん指導してもらう場合だと、これ以上の金額になることはあります。だいたいの金額を把握して、家庭教師を利用するかどうか考えてみてくださいね。

やはり塾や通信教育に比べると、家庭教師は高いです。ただ、「1対1で集中的に教えてもらえる」というメリットは、ほかのサービスにはありません。体験授業なども活用して検討してみてほしいと思います。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-家庭教師の基本
-, , , , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.