家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

家庭教師ランナーの解約(退会)・クーリングオフ方法。オリジナル教材を使う場合は特に要確認

投稿日:2020年6月19日 更新日:

家庭教師ランナーへの入会前に、解約方法を知っておきたいこともあるもの。ランナーは体制が整っていて、解約もスムーズに対応してもらえます。

ここでは家庭教師ランナーの解約方法を解説します。

ちなみにランナーを含めて、家庭教師を探すときに便利なのが「家庭教師 比較くらべーる」というサービス。学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。家庭教師 比較くらべーるなら資料請求の申込みもカンタンにでき、1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師ランナーの解約は、エリアごとの支社に連絡(契約書をチェック)

家庭教師ランナーを解約・退会する場合、エリアごとの支社に連絡します。

エリア 都道府県 会社
東北 宮城・山形・福島・岩手 株式会社マスターマインズ
関東 東京・神奈川・千葉・群馬・埼玉・栃木 株式会社マスターマインズ
東海 愛知・岐阜・三重 株式会社よんろく
関西 京都・滋賀 株式会社よんろく
九州 福岡・長崎・熊本・大分・佐賀・宮崎・鹿児島・山口  株式会社マスターマインズ

上のようにランナーはエリアによって会社が違い、それぞれで連絡先も異なります。

入会のときに契約書を受け取っているはずで、そこに連絡先の電話番号も書かれているはず。その番号に連絡して解約の希望を伝えましょう。

ランナーは体制が整っている。解約を渋られて引き伸ばされることはない

ランナーは全国にサービスを展開する家庭教師センターで、ある程度の規模があります。そのため体制が整っていて、解約を渋られることはありません。

会社によっては「もう少しだけ続けませんか?」のように引き伸ばされてしまうことがありますが、こうしたトラブルはないので大丈夫です。

解約時には、「保証金」の13,000円が戻ってくる

ランナーへ契約するときには、入会金(22,000円)と合わせて保証金(預り金)という金額で13,000円を払います。これは「指導料などの支払いが遅れたときに、埋め合わせとして使われるお金」として払いますが、滞納などがなかった場合は戻ってきます。

つまり保証金は一旦払う必要があるものの、実質かからないお金です。

ランナーのオリジナル教材を使っている場合、解約のときに費用が発生するので注意

ランナーはスムーズに解約できますが、気をつけたいのがランナーのオリジナル教材を使う場合。ランナーは子供が持っている教材で教えてもらうこともできますが、「学習ゼミ」というオリジナルの教材を使うプランも用意されています。

学習ゼミは契約ではなく「購入」になり、家庭教師を続けている間に分割で購入代金を支払うのが一般的。途中でやめる場合、分割払いの残りを払う必要が出てきます。

オリジナル教材をすでに使っている場合、契約日から過ぎている期間によって、支払う金額が変わります。

契約日からの期間 1学年分 2学年分 3学年分
1ヶ月以内 商品価格の15% 商品価格の12% 商品価格の10%
2ヶ月以内 商品価格の25% 商品価格の18% 商品価格の15%
3ヶ月以内  商品価格の35%  商品価格の24% 商品価格の20%
4ヶ月以内 商品価格の45% 商品価格の30% 商品価格の25%
5ヶ月以降  1ヶ月ごとに+7%  1ヶ月ごとに+4% 1ヶ月ごとに+2.5%

上の表の金額と「使った教材の価格の合計」を比べて、低い方を払います。たとえば3学年分をまとめて購入すると使っていない教材があるはずなので、3学年分の教材の何%かと、使った教材の合計金額を比べます。

ただ、上の計算でいくと3〜5万円、高いときには10万円ほどの額を、解約のときに支払わないといけない場合があります。解約のときに払うお金が高額になる可能性があるので、オリジナル教材を使う場合はよく考えて契約することをおすすめします。

また、ランナーはオリジナル教材を使わないプランもあり、もし解約時の支払いが心配なら、オリジナル教材を使わないプランのほうが安心感はあります。

ランナーはクーリングオフもできるが、早めに連絡(契約日から8日以内)消費者ホットラインも知っておこう

もしオリジナル教材をよくわからないまま契約してしまった場合、クーリングオフ(解約金ゼロでの契約解除)ができます。

法律では契約日から8日以内ならクーリングオフができますが、ランナーは少し長めになっています(10日以内か14日以内ですが、要確認)。ただ、なるべく早めの8日以内に連絡することをおすすめします。

また、ないとは思いますが、もしランナーの対応が遅れてクーリングオフ期間から外れてしまいそうな場合には、国民生活センターの消費者ホットラインに相談しましょう。念のため知っておくと安心です。

家庭教師ランナーは解約もスムーズにできて安心。ただしオリジナル教材を使う場合はしっかり確認を

家庭教師ランナーは全国にサービスを展開していて、体制が整っています。解約もスムーズに対応してもらえるため、契約したエリアの支店に連絡しましょう。

ただ、ランナーのオリジナル教材を使う場合は注意が必要。解約金が高くなる可能性があるため、きちんと続けられるかどうかを子供と相談しましょう。また、手持ちの教科書やワークで教えてもらえるプランもあるので、こちらのほうが安心ではあります。

家庭教師ランナーは勉強が苦手な子供にぴったりのサービス。大学生の先生にお兄さん・お姉さん的な雰囲気で教えてもらえるので、ぜひ考えてみてほしいと思います。

なお、ランナーを含めて、家庭教師を探すのに便利なのが「家庭教師 比較くらべーる」というサービス。大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師 比較くらべーる

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。家庭教師 比較くらべーるなら複数の家庭教師センターをすぐ検索でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。家庭教師 比較くらべーるは無料で利用でき、学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、家庭教師センターを提案してもらえます。資料請求の申込みもカンタンにでき、1社ずつ問い合わせる手間が省けるので、ぜひ使ってみてくださいね。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

-サービス

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.