家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

家庭教師ランナーの料金を解説!月謝目安は1.3〜2.5万円、おすすめプランも紹介

投稿日:2020年6月16日 更新日:

家庭教師のランナーを利用しようか迷うときには、料金が気になるもの。ランナーはトライや学研などの大手に比べるとオトクに利用でき、費用を抑えて1対1の授業を受けられます。

ランナーは全国展開していて規模も大きく体制も整っているため、考えてみるのもオススメ。ただ、料金は公式サイトを見てもわかりにくいため、ここで解説します。

なお、ランナーを含めて家庭教師を探すときは、「家庭教師 比較くらべーる」というサービスが便利。学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、地域で人気の家庭教師センターをすぐに検索できます。資料請求の申込みもカンタンにでき、1社ずつ問い合わせなくても複数の会社を比較できるので、ぜひ使ってみてくださいね。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

(こちらも参考に)家庭教師ランナーの評判は実際どう?口コミ・体験談から評価

家庭教師ランナーの料金は、月額13,000〜25,000円ほどが目安。指導の回数・時間、使う教材で金額が変わる

家庭教師ランナーの月謝は、月13,000〜25,000円ほどが目安です。金額に幅があるのは、指導の回数や1回の指導時間、使う教材によって変わるためです。

大手だと月に3〜4万円かかることが多いため、ランナーはかなりお値打ち。これくらいの金額なら、考えやすいはずです。

ランナーの料金で大きなポイントになるのが、「オリジナル教材を使うかどうか」。ランナーは勉強しやすいようにオリジナル教材を用意していて、これを使うかどうかで料金体系が変わります。

ランナーのオリジナル教材を使わない場合

ランナーのオリジナル教材を使わない場合、子供が持っている学校のワークや参考書を使って教えてもらいます。月額料金の内訳は、下のようになります。

「指導料」+「管理・サポート費」+「先生の交通費」

指導料は学年によって変わり、小学生・中学生・未就学児:30分900円、高校生:30分1,000円です(税込)。

たとえば中学生で週に1回(月4回)、90分の授業を受けるなら、指導料は900円×3×4回=10,800円です。

管理・サポート費は、各地にあるランナーの支店の運営費用としてかかります。学年によって変わり、未就学児:5,000円、小学生:8,000円、中学生:11,000円、高校生:15,000円です(税込)。

交通費は指導に来てくれる先生の交通費です。ランナーはなるべく近い先生を紹介してくれるため、往復500円くらいに収まることが多いです。先生の交通費が往復500円の場合、月に4回教えてもらうとすると500円×4回=2,000円が毎月の交通費です。

交通費を除く「指導料+管理・サポート費」の合計は、下のようになっています。

 学年 週1回(月4回) 週2回(月8回)
1回60分 1回90分 1回60分 1回90分
未就学児 12,200円 15,800円 19,400円 26,600円
小学生 15,200円 18,800円 22,400円 29,600円
中学生 18,200円 21,800円 25,400円 32,600円
高校生 23,000円 27,000円 31,000円 39,000円

おすすめは、週1回90分のプラン。90分あればかなりしっかり教えてもらうことができ、値段もお手ごろ。もう少し勉強できそうなら、120分にしたり週2回にすると良いです。

ランナーのオリジナル教材を使う場合

次にランナーのオリジナル教材を使う場合ですが、月謝の内訳は下のようになります。

「指導料」+「教材費」+「先生の交通費」

教材を使わないプランにあった「管理・サポート費」は、教材費に含まれています。指導料はオリジナルを使わない場合と同じで、小学生・中学生・未就学児:30分900円、高校生:30分1,000円です(税込)。

オリジナル教材は「サポートゼミ」というシリーズのもので、子供の学年・状況に合わせて提案してもらえます。イメージとしては1年分や2年分の教材を先に購入することになり、分割での支払いが指導料と合わせてかかることになります。

たとえば年間12万円の教材を使う場合、月の教材費は1万円。これと指導料を合わせて月2〜3万円ほどになります。

気をつけたいのは、オリジナル教材は契約ではなく「購入」になること。もしランナーを途中でやめてしまっても、教材の分割支払いは残ることになります。もちろんランナーは体制が整っているため続けると良いですが、子供のやる気と相談しましょう。

教材費は子供によって変わりますが、目安の料金は下のようになっています。

【東北エリア】

 学年 教科数 週1回(月4回) 週2回(月8回)
1回60分 1回90分 1回60分 1回90分
小学生 2教科 14,200円 17,800円 21,400円 28,600円
英+1教科 14,700円 18,300円 21,900円 29,100円
4教科 19,200円 22,800円 26,400円 33,600円
中学生 2教科 16,200円 19,800円 23,400円 30,600円
3教科 19,200円 22,800円 26,400円 33,600円
5教科 24,200円 27,800円 31,400円 38,600円
高校生 2教科 23,000円 27,000円 31,000円 39,000円
3教科 30,500円 34,500円 38,500円 46,500円

【関東エリア】

学年 教科数 週1回(月4回) 週2回(月8回)
1回60分 1回90分 1回60分 1回90分
小学生 2教科 14,200円 17,800円 21,400円 28,600円
英+1教科 14,700円 18,300円 21,900円 29,100円
4教科 19,200円 22,800円 26,400円 33,600円
中学生 2教科 16,200円 19,800円 23,400円 30,600円
3教科 19,200円 22,800円 26,400円 33,600円
5教科 24,200円 27,800円 31,400円 38,600円
高校生 2教科 17,000円 21,000円 25,500円 33,000円
3教科 21,500円 25,500円 29,500円 37,500円

【東海・関西エリア】

 学年 教科数 週1回(月4回) 週2回(月8回)
1回60分 1回90分 1回60分 1回90分
小学生 2教科 15,200円 18,800円 22,400円 29,600円
英+1教科 15,700円 19,300円 22,900円 30,100円
4教科 20,200円 23,800円 27,400円 34,600円
中学生 2教科 17,200円 20,800円 24,400円 31,600円
3教科 20,200円 23,800円 27,400円 34,600円
5教科 25,200円 28,800円 32,400円 39,600円
高校生 2教科 18,000円 22,000円 26,500円 34,000円
3教科 22,500円 26,500円 30,500円 38,500円

【九州エリア】

学年 教科数 週1回(月4回) 週2回(月8回)
1回60分 1回90分 1回60分 1回90分
小学生 2教科 14,200円 17,800円 21,400円 28,600円
英+1教科 14,700円 18,300円 21,900円 29,100円
4教科 19,200円 22,800円 26,400円 33,600円
中学生 2教科 16,200円 19,800円 23,400円 30,600円
3教科 19,200円 22,800円 26,400円 33,600円
5教科 24,200円 27,800円 31,400円 38,600円
高校生 2教科 23,000円 27,000円 31,000円 39,000円
3教科 30,500円 34,500円 38,500円 46,500円

ちなみにランナーのオリジナル教材である「サポートゼミ」は、確かに良い内容ではあります。ただ、勉強が苦手ならまずは学校のワークや課題を教えてもらうほうが子供の負担が少なく、本屋で買える1,000円ほどの参考書・問題集でも良いものはたくさんあります。高いと感じたら、オリジナル教材を使わないプランを利用しましょう。

また、ないとは思いますが、もし「オリジナル教材を使わないと教えられません」「オリジナル教材を使わないと成績は上がりませんよ」と言われたら、ほかの家庭教師センターも合わせて考えることをおすすめします。

初期費用は「登録料」として22,000円(税込)、「預り金」として13,000円

ここまで紹介した料金は、「毎月かかる料金」。入会の最初にかかる費用として、下の2つがあります。

【家庭教師ランナーの初期費用】
登録料:
22,000円(税込)
預り金(保証金):13,000円

登録料は生徒カルテの作成や、先生の紹介手続きなどの費用としてかかります。預り金は先生の指導料を支払わない場合などに、埋め合わせとして使われるお金です。ただ、預り金は料金の滞納などがなければ、退会するときに返金されます。

先生の変更は無料

家庭教師ランナーは、先生の変更は無料でできます。

ランナーに登録している先生は全国で5万人を超えていて、子供に合う先生を紹介してもらえます。ただ、やはり相性はどうしてもあり、合わないと感じることもあります。この場合はランナーのスタッフに相談すれば先生を変更してくれるため、早めに相談しましょう。

解約金も無料

ランナーをもし辞めたい場合でも、解約金(違約金)はかかりません。電話窓口に連絡すれば、スムーズに手続きしてもらえるはずです。また、上で紹介した初期費用の「預り金」も、料金の滞納などがなければ返金されます。

(参考)
家庭教師ランナーの解約(退会)・クーリングオフ方法。オリジナル教材を使う場合は特に要確認

家庭教師ランナーの料金は利用しやすい金額。子供に合うプランで始めよう

家庭教師ランナーの料金は1.3〜2.5万円ほどが目安で、大手よりオトクな金額。ランナーは先生も5万人以上いて良い先生を紹介してもらいやすく、しっかり教えてもらうことができます。オリジナル教材を使うかどうかで料金体系が変わるため、子供に合うプランで利用してほしいと思います。

家庭教師 比較くらべーる

なお、ランナーを含めて家庭教師を探すときは、「家庭教師 比較くらべーる」というサービスが便利です。学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、お住まいの地域で人気の家庭教師センターをすぐに検索できます。資料請求の申込みもカンタンにでき、1社ずつ問い合わせる手間が省けるので、ぜひ使ってみてくださいね。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

-サービス

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.