家庭教師で勉強を教えてもらう場所はどこが良い?子供部屋かリビングか

投稿日:2018年1月5日 更新日:

家庭教師を利用する場合、「どこで教えてもらうか」を決める必要があります。

「どこでもいいんじゃない?」と思うことがあるかもしれませんが、勉強場所は大切なポイント。このページでは、「家庭教師の先生に教えてもらう、勉強場所」について開設します。子供にとってベストな場所で、先生に勉強を教えてもらってくださいね。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師の勉強場所は、大きく分けて3種類

指導を受ける場所として一般的なのは、次の2つです。

  • 子供の部屋
  • リビング

ほとんどのご家庭では、このどちらかで指導を受けることが多いですね。

ただ、場合によっては「家庭教師に1対1で教えてほしいけど、家に知らない人を入れたくない・・」ということもあると思います。この場合は、「近くのカフェや、家庭教師センター(トライなど、家庭教師を紹介してくれるサービス)の校舎」で指導を受けられることもあります。

この3つを、詳しく見ていきましょう。

子供の部屋

家庭教師で指導を受ける場所として一般的なのは、「子供の部屋」です。子供も講師も集中して勉強に取り組みやすく、子供が講師に悩みなどを打ち明けてくれやすくなります。

ただ、閉じた空間なので、「親が指導の様子を確認しにくい」というデメリットがあります。ドアが閉まっていると声しか聞こえず、実際どんな形で指導が行われているかが見えにくいです。これだと、少し心配になることもありますよね。

家庭教師センターはどこも、先生に「お茶」を出すのは必須ではないです。ただ、「お茶を出すついでに、きちんと授業が行われているかチェックする」というのはおすすめです。これなら子供や講師の邪魔をせずに、2人の様子を確認できます。

ただ、講師が「異性」の場合、子供部屋での指導はあまりおすすめしません。誠実そうな先生でも、最近は何があるか分からないですから。子供が男子で女性の先生に教えてもらう場合や、女子で男性の先生に教えてもらう場合、下で紹介するリビングのほうが良いです。また、子供部屋で指導を受ける場合でもドアを開けておくなど、対策をしておくことをおすすめします。

リビング

次にリビングについてです。

リビングで指導を受ける場合、「親が子供と先生の様子を確認しやすい」という点がメリットです。ときどきほかの部屋へ移動するふりなどをして、指導の状況を確認することができます。ただ、ずっと見ていると2人が緊張してしまうため、おすすめしません。

上でもお伝えしたように、特に「異性の講師に教えてもらう場合」はリビングが適しています。

ただ、リビングのデメリットとして、「子供や講師が、集中しにくい」という面があります。もちろん講師は、どんな場所でもきちんと勉強を教えるのが仕事です。ただ、子供部屋に比べると、保護者からの視線が気になることは、やはりあります。あまりジロジロと指導の様子を見ないよう、気をつけたいところですね。

また、もうひとつのデメリットとして、「リビングを片付けておく必要がある」という点も挙げられます。

リビングは普段、「いろんなものを置く場所」として使うことが多いと思います。講師が来る前にはいつも片付けておく必要があるため、掃除を面倒に感じるかもしれません。もちろん「子供部屋なら散らかっていてもいい」というわけではないのですが、、リビングは散らかり具合が目立ちやすいです。

また、勉強場所は途中で変えても大丈夫です。そのため「最初はリビングで様子を見て、ある程度慣れてきたら子供部屋で指導を受ける」という方法も良いと思います。これなら子供部屋とリビング、両方のメリットを活用できます。

近くのカフェ・家庭教師センターの校舎

とても少ないケースですが、どうしても自宅を使いたくない場合は、近くのカフェを利用するのも良いです。駅前のカフェなどで講師と子供が待ち合わせをして、一緒に入店して指導を受けます。

ただし親も1度は講師と直接会うほうが安心です。そのため指導初日は、自宅の玄関に先生を招いて挨拶をしたり、カフェに親と子供で一緒に出向いたりすることになります。

カフェで指導を受ける場合、講師を家に入れる必要がないので安心です。また、周りに人がいるため、異性の講師でもトラブルになる心配は少ないです。

ただしカフェは、「指導の様子を確認しにくい」というデメリットがあります。また、講師がカフェで飲むコーヒー代は、親が負担することになります。もちろん講師の交通費も支払うため、「1度の指導にかかる費用が高くなりやすい」ということもデメリットです。

私は1度もカフェなどで指導をした経験がないのですが、場合によってはあるそうです。もし自宅での指導にどうしても抵抗がある場合は、家庭教師センターに相談してみてください。

また、関東にある「ノーバス」という家庭教師センターだけは、各地域にある「校舎」で指導を受けることができます。この場合、先生と子供が校舎へ出向いて、指導を受けます。校舎は家庭教師センターが管理しているため安心で、トラブルになる心配もありません。ただし「校舎の利用料」が追加でかかります。

基本は子供部屋かリビング。どちらで指導を受けるか検討を

家庭教師で勉強を教えてもらう場合、基本的には「子供部屋」か「リビング」どちらかです。紹介したようにそれぞれでメリット・デメリットがあるため、よく検討して決めてくださいね。

きちんと考えて勉強場所を決めれば、安心して効果的な指導を受けることができます。また、場合によっては、カフェや家庭教師センター校舎での指導も検討すると良いです。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-家庭教師の基本
-, , , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.