家庭教師を利用する場合に、異性の講師は大丈夫?同性のほうが良い?

投稿日:2018年1月9日 更新日:

家庭教師の先生を紹介してもらうとき、「異性の講師」は不安を感じることもありますよね。

「子供と先生が、恋愛関係にならないだろうか・・」
「セクハラなどのトラブルにならないかな・・」

ただ、家庭教師センター(家庭教師を紹介してくれるサービス)は異性の先生によるトラブルを防ぐために、対策をしています。これに加えて家庭でも気をつけることで、問題を避けることは十分できます。

そこでここでは、「異性の先生に勉強を教えてもらう場合」について紹介します。不安を取り除いて、家庭教師を検討してくださいね。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

異性の先生は、恋愛などのトラブルにならない?

家庭教師センターで異性の先生を紹介してもらう場合、実際のところトラブルになることはあまりありません。以下のことを知っておくと良いです。

講師は家庭教師センターの研修で、前もって注意されている

先生はトライや学研などの家庭教師センターで、「研修」を受けてから指導に来てくれます。研修では「家庭や子供に関する情報提供」や「指導ポイントの説明」に加えて、「セクハラ」や「生徒との恋愛」についても注意があります。

家庭教師センターは家庭から、「異性の先生に指導へ来てもらうのは不安です」という相談をたくさん受けています。そのため講師はセンターのスタッフから、

「当然ではあるものの、セクハラや生徒との恋愛は絶対禁止!子供との連絡先交換もダメ。もし恋愛の事実が分かった場合、指導はすぐにストップ。場合によっては損害賠償の請求」

という案内を受けています。

また、家庭教師センターは研修で、「講師の見極め」を行っています。「本当に信頼して、指導を任せることができる人かどうか」を判断してから先生を派遣しているため、トラブルを起こしそうな人が指導に行くことはほとんどありません。

管理人は家庭教師センターで、内部のスタッフをしていたことがあります。「家庭教師として、子供を教えたい」という人と話す機会がたくさんありましたが、本当に色んな人がいるものです。。「怪しい人」は言動や雰囲気などがおかしいため、大体分かります。

親の目につく場所で指導してもらうと安心

上のように家庭教師センターが講師の見極めをしていても、場合によっては子供と先生が恋愛関係に発展してしまうことがあります。良い講師でも「指導をする中で、好きになってしまった」ということになる可能性は、ゼロではないのです。

こうしたことをできるだけ避けるには、「親の目につく場所」で指導してもらうと良いです。リビングなどなら閉じた空間ではなく、親がときどき様子をチェックすることができます。あまりジロジロ見ていると講師も子供も集中できませんが、ときおり確認するくらいは大丈夫です。

管理人も女子生徒さんを教えるときは、とても注意していました。そしてできれば「ご両親に、ときどき確認してほしい」と思っていました。管理人が異性の生徒さんを受け持ったときは、リビングで教えたり、子供部屋のドアを開けて指導したりすることが多かったです。

万が一何かあった場合には、すぐに家庭教師センターへ連絡を!

上のように異性の先生は家庭教師センターの研修・見極めを経て紹介されており、リビングなどで指導してもらえば、トラブルになることはあまりありません。

ただ、もし「子供と講師が恋愛関係に発展しそう」などの問題が起きそうなときは、すぐに家庭教師センターへ連絡しましょう。するとスタッフが講師の指導をストップしてくれて、別の先生に指導を変更してくれます。

また、こうした急な指導ストップがあると、「授業に間が空かないのかな・・」と心配になるかもしれません。これについても、大丈夫なようになっています。

通常、先生の変更を希望するときには、1~2週間の時間がかかります。ただ、このようなトラブルで指導が急にストップした場合、できるだけセンターのスタッフが優先して先生を紹介してくれたり、代理の先生が教えに来てくれたりします。つまり、指導に間が空かないように配慮してくれます。

このような体制が整っているため、異性の先生に指導へ来てもらっても、恋愛やセクハラなどのトラブルに発展する可能性は低いです。

異性の先生に教えてもらう場合、親が家にいないといけない?

家庭によっては親が仕事などで忙しく、「先生の指導中、親が家にいられない」ということもあると思います。

異性の先生に指導してもらう場合はできるだけ、親が家にいるほうが安心です。ただ、どうしても難しい場合は、親が不在でも指導を受けることはできます。ただしその場合、子供へ「何かあったらすぐ連絡してね」と伝えておくと良いです。

心配なら、同性の講師を紹介してもらうのが安心

そもそもですが、「異性の先生だと、いろいろ心配・・」という場合は、同性の講師を希望するほうが良いです。

家庭教師センターに先生を紹介してもらうときは、「男性の先生がいい」「大学生で、明るく教えてくれる先生がいい」のように希望を伝えることができます。するとセンターのスタッフが、要望に合う講師を紹介してくれます。

家庭教師センターでは多くの場合、できるだけ同性の講師を紹介するようにしているはずです。異性だとどうしても上で紹介したようなトラブルの心配があるため、「同性の講師を紹介するほうが安心」と考えるのです。そのため要望を伝えなくても同性の先生を紹介してもらえる可能性は高いですが、より確実に紹介してもらうなら、同性希望であることをハッキリ伝えておくことをおすすめします。

異性の講師でも、体制を整えておけば大丈夫

異性の先生に教えてもらう場合、恋愛関係に発展するなどのトラブルが起きる可能性はゼロではないです。ただ、家庭教師センターではしっかりと対策をしており、リビングなどで指導を受けるようにすればトラブルを避けることができますし、同性の希望を出すこともできます。また、何か気になることが出てきたら、すぐに家庭教師センターへ連絡すれば大丈夫です。準備を整えて、家庭教師を利用してくださいね。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-先生のタイプ
-, , , , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.