家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

家庭教師メガスタ(メガスタディ)オンライン指導の評判は?知恵袋などの口コミを元に解説

投稿日:

2020年は新型コロナウイルスの影響で、オンライン家庭教師が広まりました。オンライン指導は先生が自宅に来ないので安心感があり、お茶や交通費も必要ないので人気です。

オンライン家庭教師の中でも特に知名度を上げているのが、「メガスタ(2020年6月まではメガスタディ)」。新型コロナウイルスの時期から一気に広まった印象で、「どうなんだろう?」と気になることもあると思います。

メガスタについてはネット上で、さまざまな口コミが上がっています。ここでは「メガスタ(メガスタディ)のオンライン指導の評判」をまとめて解説します。

なお、メガスタを含めて家庭教師を探すなら、「かてきょナビ」という無料のサービスが便利。「かてきょ診断」というカンタンな質問に答えると、お子さんと相性の良い、地域で人気の家庭教師センターをまとめて探せます。1社ずつ調べる手間が省けて便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

メガスタのオンライン指導はまずまずの評判。知恵袋の口コミも一応参考に

まず、メガスタのオンライン指導の評判は、「まずまず良い」という印象。正直、すごく良いという口コミはあまり見かけませんが、逆に「ひどい」という話もあまり聞きません。

知恵袋を見ると「良くなかった」という話も一部ありますが、多くのご家庭は満足していると考えられます(管理人はメガスタの回し者ではありません 笑)。

ただ、「悪くないが、まずまず」というのは、微妙なクオリティ。どんな点が良くて、どんな点が良くないという評判なのか、紹介していきます。

顔と手元(ノート)が両方見えるため、「わかりやすい」という声がけっこうある

メガスタのオンライン指導は、「カメラを2つ用意する」という特徴があります。顔と手元(ノート)を映すためにカメラを2台用意して、先生と生徒さんがお互いに顔とノートを見ながらコミュニケーションできます。

このカメラ2台というスタイルが、「わかりやすい」と評判。メガスタの授業は、質が良いといえます。

多くの家庭教師センターのオンライン指導は、1台のカメラで授業を進めるのが基本。お互いの顔を映し、先生が解説するときはホワイトボード機能に切り替える、などで対応しています。

これでもしっかり授業は進められるものの、やはり手元と顔を同時に映せるほうが便利。メガスタは独自の授業システムでこれを行っていて、メリットは大きいです。

先生の質は、大手の会社と同程度の印象。オンラインなら全国の先生に教えてもらえる

次に先生の質ですが、「大手のトライや学研と同じくらい」という印象。

在籍する講師数の目安は、トライで20万人、学研で10万人ほど。メガスタは講師数の数字を公表していませんが、オンライン指導の講師は全国から募集しているため、かなり多いと考えられます。

メガスタのオンライン指導は、全国の良い先生に教えてもらえるのが特徴。関東の難関・有名大学の先生に教えてもらうのも良いですし、東大・京大・阪大・北大・東北大・名大・九大などの旧帝大に在籍する先生もいます。

高学歴な先生は絶対に良いというわけではないものの、実力のある先生が多いことは間違いありません。

先生は充実しているが、正直、相性・当たり外れはある。変更は無料なので、早めに相談

良い先生が在籍しているとはいえ、人によって相性はあるもの。メガスタでも正直、先生の当たり外れはあり、「イマイチだった・・」という口コミも見かけます。

ただ、1人の先生だけを見て、メガスタをやめるのはおすすめしません。メガスタは先生の変更が無料なので、合わない先生は早めに変更をお願いすると良いです。ここでスタッフの対応が微妙だったり、またわかりにくい先生だったりした場合は、退会を考えると良いでしょう。

メガスタの料金は「高い」という口コミが多い。授業は悪くないが、他社と比べて考えるべき

メガスタは良い授業が期待できるものの、「料金が高い」という口コミは多いです。オンライン指導の料金は下のようになっていて、教材費はかからずシンプルです。

【メガスタ・オンライン指導の授業料】
(対象は高校生・税抜)

講師 月4回(週1回)
80分
月4回(週1回)
100分
学生講師 22,880~26,240円 28,600~32,800円
大学院生
社会人講師
31,360円 39,200円
プロ講師 38,880~58,240円 48,600~72,800円

※最初に「入会金:15,000円(税込)」が必要
※料金は別ページで詳しく解説。

注目するべきポイントとしては、下の4点。

  • 大学生の先生でも、2.5万円くらいの費用がかかる。
  • 社会人や大学院生の先生だと、3〜4万円と高め。
  • 授業時間80分と100分で、授業料がかなり変わる。20分で上の差は大きい。
  • プロ講師はトライや学研と同じくらい。

大学生の先生でも2.5万円くらいかかるのは、少し高め。また、社会人・大学院生になるだけで3〜4万円になるのも、少し気になります。

また、授業時間は80分と100分で、何だか中途半端です。学習効果を考えてなのかもしれませんが、60分や90分でも良い気はします。20分の差でかなり金額が変わるのも、高く感じる原因になっています。

メガスタはもちろん良い先生が揃っていて指導システムも整っていますが、この値段に見合うかは、他社と比べて考える必要ありです。

お試し授業はあるものの、気軽に受けられる無料体験はない

メガスタの気になる点としてもうひとつ、「体験授業がない」ということも挙げられます。

多くの家庭教師センターは、無料の体験授業があります。実際に授業を受けることでお子さんが自分に合うかを確認でき、良いサービスかどうかを見極めるにも役立ちます。

メガスタの場合、「もし合わなければ返金します」という「返金保証つきお試し授業」は行っているものの(2020年10月現在)、入会金15,000円と4回分の授業料は1度支払うことになります・・。つまり、気軽に無料で受けられる体験授業はありません。

もちろん家庭教師センターにとって、無料体験は労力がかかるもの。メガスタにとっても負担になるため、行っていないのかもしれません。

ただ、やはり実際に受けないと本当に良いサービスか判断しにくく、「良さそう」という印象だけで決めるのは不安。できればメガスタも、無料体験をやってほしいものです。

講師として感じた、メガスタの感想

管理人は講師としてメガスタのスタッフと面談したことがあり、案内の連絡なども受け取っていました。

そのときの正直な感想としては、「メガスタで教えなくてもいいかな」という印象でした(汗)

  • 何だか対応が適当・・。
  • スタッフの間で連携が取れてなさそう(言ったのに・・という感じ)。
  • メールがちょっとわかりにくい。

要するに、「運営体制は整っているのかな」ということが気になりました。

もちろんこれは管理人が感じたことで、ほかの先生にはしっかり対応しているかもしれません。たまたま忙しいタイミングだったという可能性もあり、メガスタが悪いサービスと決めつけるわけではありません。面識のない講師にあっさりした対応をするのは、どこの会社でも同じです。

ただ、「ここはとてもいい会社だな」とは感じられなかったのが本音。

オンライン指導が広まったことで、メガスタは知名度が高まったはず。「これから体制を整えていく段階なのかも」と思いました。

メガスタのオンライン家庭教師は、考えてみるのもあり。ただし他社と比べて決めるべき

家庭教師のメガスタ(メガスタディ)は全国の良い先生が揃っていて、自宅でカメラ2台によるオンライン指導を受けられます。料金は高めですが、考えてみる価値はあります。管理人の感想はあくまでも、ひとつの参考として考えてほしいと思います。

新型コロナウイルスの影響で、オンライン家庭教師は人気が高まっています。対面のほうがダイレクトな指導を受けられるものの、全国どこでも教えてもらえるのはやはり魅力。ほかの会社と合わせて、考えてみてください。

なお、メガスタと合わせて家庭教師を探すなら、「かてきょナビ」という無料のサービスが便利です。「かてきょ診断」というカンタンな質問に答えると、子供にピッタリの地域で人気の家庭教師センターをまとめて探せます。

家庭教師を考えるときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ調べる手間が省けて便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-サービス

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.