家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

発達障害の子供の英語学習法!苦手の克服方法と、おすすめの勉強法

投稿日:2020年10月26日 更新日:

発達障害の子供は、勉強で上手くいかないことが多々あります。特に英語はつまずくお子さんが多く、「単語が覚えられない」「リスニングが聞き取れない」など、苦労しやすいです。

ただ、発達障害でも、勉強を続ければ学力を伸ばすことはできます。ここでは「発達障害の英語学習のコツ」と「おすすめの英語勉強法」を紹介します。

発達障害の英語学習でつまずきやすいのは、「英単語の暗記」「文法の理解」「発音」

発達障害(ADHD・LD・ASD・アスペルガー症候群・自閉症)のお子さんにとって、英語は難しい科目。特につまずきやすいポイントは4つ。

  • 英単語の暗記(覚えられない)
  • 文法(文の仕組みが理解できない)
  • 発音(話せない)
  • リスニング(聞き取れない)

上のいずれかでつまずくことが多いです。

ただ、きちんと英語学習に取り組めば、ペースはゆっくりかもしれませんが学力を伸ばすことはできます。

どうすれば上の4つを克服できるかを見ていきます。

発達障害でなくても、英単語を覚えられない子は多い。繰り返し、なるべく楽しく覚えよう

発達障害のお子さんは、「単語が覚えられない・・」と苦労することがよくあります。

ただ、周りの発達障害でなくても、なかなか単語の覚え方に苦労している人は多いもの。まずはお子さんに「周りの子も、単語を覚えるのに時間がかかっている(=自分だけが劣っているわけではない)」ということを伝えましょう。

「自分は発達障害で、単語を覚えられない」という思い込みが暗記のカベになっていることは、意外とあります。先入観を外したら、繰り返し、できれば楽しく覚えると良いです。

単語を1度見ただけで覚えられる人は、なかなかいません。読む・書く・声に出す、などの方法で、反復して頭に定着させましょう。

また、「単語を覚えないと、勉強が遅れてしまう・・」と深刻に考えると、どんどん覚えにくくなってしまいます。できれば明るく楽しい先生や英会話教材などで、「楽しく覚えよう!」というスタンスで学ぶと良いでしょう。

さらにできれば、「1日2つ、1週間で10個は覚えよう」のように、数を決めて暗記すると良いです。最初は数を増やしすぎず、「覚えた!」という感覚を重視しましょう。無理せず続けることで、自己肯定感を高めることにつながります。

英文法は発達障害でも、じっくり学べば理解できる!

次につまずきやすいのは、「英文法」。

例えば「This is a pen.」という文章は、「主語 + 動詞 + 名刺(補語)」という形になっています。より複雑な文章になると仕組みがわかりにくくなり、理解できなくなりやすいです。

文法は階段のように、だんだんレベルが上がります。つまりわからなくなっている部分を学び直して、そこからひとつひとつ学べば、理解できるようになります。

ただ、学校の授業ではほかの生徒さんがいるため、発達障害のお子さんだけにペースを合わせてくれません。家庭教師や英語教材などで、お子さん自身のペースで学ぶ必要があります。周りより遅れてしまうかもしれませんが、ひとつひとつ理解すればきっと追いつけます。

理論的な説明も必要だけど、「読む・聞く・書く・話す」の英会話的な学習も効果的

最後に「発音」。英語はリスニング(聞き取り)がありますが、単語や文法がわからないと「さっぱり聞き取れない」となることも多いです。

まずは単語と文法の勉強を重視して、学んだ単語や英文を、英語で聞くようにすると良いです。学校で使う教材は英語の音声をネットでダウンロードできるようになっていたり、リスニングの教材があったりするはず。これを聞いて、少しずつ英語に慣れましょう。

まずは全て聞き取れなくて良いので、定期的に英語を聞くことが大切。まずは聞き流しでも構いません。また、聞くだけでなく声に出して話してみたり、聞きながら読んだり書いたりするのも効果的です。英会話の学習に近いかもしれません。

また、発達障害のお子さんが発音を学ぶなら、「フォニックス」という学習方法が効果的という話もあります。小学生高学年や中学生、高校生は学校の教材(教科書・ワークなど)を元に勉強すると良いですが、発音をしっかり学びたくなったら取り入れてみてください。

リスニングも、まずは聞く時間を作ることから。YouTubeなどで、楽しく見れる動画を活用

英語を聞き取るリスニングも、発達障害のお子さんでなくても苦手な人が多い分野。

日本語が使えるのは、ずっと日本語に触れているから。英語もとにかく「量」が大切なため、まずは英語を聞く時間を作りましょう。

最近はリスニング教材を買わなくても、YouTubeなどの動画サイトで英語に触れることができます。英会話の基本を解説する動画や、英語のアニメやゲーム解説動画などもあります。

お子さんが興味をもてるジャンルの動画なら、英語自体は嫌いでも、ある程度は楽しく学ぶことができるはずです。

また、リスニングも「継続」が大切。1日や2日聞いて満足すると、なかなか英語力はつきません。何か別のことをしているときに動画を流すなど、ながら勉強を上手く活用して、英語を聞く機会が増えるように工夫しましょう。

発達障害の子供でも、英語を克服できる勉強法!3つの方法

発達障害のお子さんがつまずきやすい点を理解したら、次に英語の勉強法を決めましょう。できれば教材や家庭教師などを活用すると、お子さんが英語をスムーズに学びやすくなります。

発達障害のお子さんに向いている教材・サービスは、次の点を基準に選ぶと良いです。

  • お子さんが自分のペースで学べるか(わからないまま先に進まないか)。
  • 先生や教材の内容が面白いなど、楽しく学べる要素があるか。
  • 先生がきめ細かく教えてくれるか。

英語の教材はたくさんあり、どれも学力アップに役立ちます。ただ、発達障害のお子さんには、上のポイントを押さえたものが向いています。特におすすめなのは、次の3つ。参考にしてみてほしいと思います。

家庭教師なら、英語・英会話が得意な先生がマンツーマン指導!オンラインで気軽に受講も可能

発達障害のお子さんにまずおすすめなのは、家庭教師

家庭教師は先生が1対1で教えてくれるため、発達障害のお子さんに適しています。先生がお子さんの様子を見ながらじっくり教えてくれるので、わからないまま進められることがありません。

また、先生は雑談などを混じえて楽しく教えてくれるため、勉強へのモチベーションが上がるお子さんも多いです。

家庭教師の会社はたくさんありますが、「あすなろ」「学研」「ノーバス」など、発達障害について知識のあるスタッフがサポートしてくれるところもあります。こうした会社はADHD・LD・アスペルガー症候群・自閉症など、それぞれの傾向を踏まえて教えてくれるため、よりきめ細かい指導が期待できます。

家庭教師の会社はたくさんあるため、できれば2〜3社の体験授業を受けて、比較して決めるべき。1つの会社だけに相談して決めると、「別の会社のほうが良かった・・」ということになることもあります。

家庭教師比較ネット

家庭教師比較ネット

「家庭教師比較ネット」という無料のサービスは、さまざまな家庭教師センターをまとめて検索・資料請求でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。カンタンな申込み手続きで手間が省けるため、家庭教師に興味がわいたら使ってみてほしいと思います。

「家庭教師 比較ネット」の公式サイト・家庭教師センター比較

発達障害グレーゾーンなら、不登校専門のオンライン家庭教師「ティントル」もおすすめ

不登校オンライン家庭教師ティントル

発達障害の症状がどの程度あるかは、お子さんによって千差万別。比較的軽い「グレーゾーン」のお子さんなら、不登校専門のオンライン家庭教師「ティントル」もおすすめです。

オンライン指導をしてくれる家庭教師の会社はありますが、ティントルは不登校のお子さんを専門にサポートするサービス。

  • 授業時間は平日昼間の13〜16時のうち30分〜1時間。
  • 何度も学べる映像授業あり。
  • 月1回の面談で、担当スタッフに不安な点や気になる点などを相談できる。
  • 科学・イラスト・マジックなど、好奇心を刺激するオンライン授業「スコラボ」あり(オプション)
  • プログラミングの学習もあり(オプション)

ティントルは上のように、ほかの家庭教師サービスにはない特徴があり、かなり魅力的。学校をお休みしているなら、考えてみるのもおすすめです。

不登校専門オンライン個別指導・家庭教師「ティントル」公式サイト・詳細

スマホで楽しく英語を学べる教材「スタディサプリEnglish」文法・単語・リスニング・スピーキングをバランス良く学習

リクルートの「スタディサプリEnglish」は、最近人気の英語学習サービス。テレビでもCMが流れていて、ご存知かもしれません。

スタディサプリEnglishはテキストで学ぶのではなく、スマホやタブレットで授業の動画や音声を聞いて学ぶスタイル。本当に基礎から勉強でき、ストーリー形式で楽しく学べるように工夫されています。

また、楽しく学べつつも内容は本格的。予備校で人気の先生による授業はわかりやすく、少しずつレベルアップできるようになっています。

さらにスタディサプリEnglishは英語の音声を重視しているため、発音(スピーキング)やリスニングの力も自然に伸ばせます。文法や単語だけでなく発音やリスニングも合わせて学ぶことで、よりしっかりとした英語の力を身につけられるはず。

スタディサプリEnglishは最初に7日間の無料おためし期間があり、この間にやめれば料金はかかりません。まずは試しに使ってみるのも良いと思います。

「スタディサプリEnglish」公式サイト・詳細

発達障害の英語学習は、まずは英語を毎日勉強するところからスタートしよう

発達障害のお子さんでも、英語の苦手を克服することはできます。「わからない、覚えられない」という状況から勉強せずにいることが多いため、まずは英語を定期的に勉強するところからスタートしましょう。

できれば毎日勉強すると、少しずつ理解・暗記できるようになってくるはずです。最初はペースがつかめず大変かもしれませんが、少しずつ、なるべく楽しく学ぶと良いですね。

-不登校

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.