不登校や引きこもりにも家庭教師はおすすめ。向いている理由とメリット

投稿日:2018年1月16日 更新日:

子供が不登校や引きこもりの場合、勉強が心配になることもあると思います。

「学校の授業に、どんどん遅れてしまう」
「高校受験や今後の進路が不安」
「将来のために、親ができることはないのだろうか」

こうした場合にも、家庭教師は向いています。家庭教師は塾や通信教育より、不登校や引きこもりに向きやすいサービスです。ここではその理由について紹介します。家庭教師のどんな点が良いのかを知ることができ、サービスを利用するかどうかの判断材料になるはずです。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

不登校や引きこもりに家庭教師が向いている理由

不登校や引きこもりに家庭教師が向いている理由は、次の5つです。

  • 昼間を含めて、指導時間を自由に選べる。
  • 家で授業を受けられる。
  • 1対1で教えてもらえるため、周りの目が気にならない。
  • 人見知りでも、先生がリードしてくれる。
  • サービスによっては「不登校コース」がある。

こうしたメリットは、塾や通信教育にはないですよね。それぞれについて、詳しく解説します。

昼間を含めて、指導時間を自由に選べる

不登校や引きこもりになると、子供は昼間にゲームをしたり、ゆっくり過ごしたりすることが多いと思います。家庭教師では指導時間を自由に選ぶことができ、昼間に教えてもらえる先生を紹介してもらうこともできます。

「昼間に教えてくれる先生なんているの?」と思うかもしれませんが、家庭教師の先生はさまざまです。

  • 平日の昼間に授業の空きがある大学生の先生
  • 教育の仕事をしていて、午後から出勤する社会人の先生
  • 昼間は空き時間がある女性の先生

このように、「昼間に教えたい」という先生も実はたくさんいます。塾だと多くの場合、夕方や夜にしか授業を受けることができません。家庭教師なら時間や曜日に融通が利くので、子供の生活リズムに合わせて教えてもらうことができます。

家で授業を受けられる

子供が家にこもりがちな場合、塾にもなかなか行きたがらないですよね。家庭教師なら自宅に先生が教えにきてくれるため、引きこもりの子供でも勉強をしやすいです。

家なら慣れた環境の中で勉強することができ、親がほかの部屋で過ごしていれば、子供もリラックスして指導を受けやすいです。「家族が家にいる」という感覚があるだけで、子供の安心感は大きく違います。ただ、逆に「親もあまり干渉しないほうが集中できる」という子の場合は、親はあまり邪魔をせず、静かにしていれば良いです。

また、子供が家で独学をしようとすると、つい誘惑に負けてしまいやすいです。ワークなどの教材を開いても、近くにあるゲームやマンガが気になってしまい、つい遊んでしまいやすいのです。家庭教師なら先生が来ると強制力が働き、勉強に向かいやすくなります。

人見知りでも、先生がリードしてくれる

子供が不登校の場合、「うちの子は人見知りだから、家庭教師の先生に慣れてくれるかな・・」と心配になることもあると思います。

家庭教師の先生は子供をリードして教えてくれるので、安心して大丈夫ですよ。

子供が最初はあまり話さなくても、先生から積極的に話題を振ってくれます。もちろん勉強をすることはとても大切です。ただ、「最近、何か好きなこととかあるの?」「ジャニーズとか好き?」のように講師が適度に雑談を加えながら指導すると、子供は勉強を楽しく感じやすいです。

また、もちろんですが、講師は子供の様子を見ながら楽しさを取り入れてくれます。

「楽しく教えてほしいけど、あまりにもハイテンションな先生は嫌」ということもありますよね。先生は「この子には、これくらいのテンションが良さそうだ」と子供に合わせて指導してくれるため大丈夫です。

ちなみに先生に触れてほしくない話題がある場合は、前もって伝えておくと良いです。「学校での友達関係が不登校の原因だから、学校の友達についての話題はNG」など、家庭教師センター(家庭教師を紹介してくれるサービス)のスタッフに要望を出しておきましょう。

1対1で教えてもらえるため、周りの目が気にならない

子供によっては「周りに人がいる中で勉強するのが苦手」ということもあると思います。

家庭教師ならマンツーマンでの指導なので、集中して勉強しやすいです。先生は年齢が離れているため学校の同級生と同じではなく、子供は講師を「大人」として見ます。そのため、子供にとって先生の存在がストレスになることは少ないです。

家庭教師を利用する場合、週に1~2回ほど自宅で指導してもらうことが多いです。時間的には少ないものの、1対1で毎週勉強を教えてもらうと、少しずつ子供が「勉強の習慣」を作ることができます。ペースをつかめばより積極的に勉強するようになり、子供が自分で学習時間をとるようになることもあります。

サービスによっては「不登校コース」がある

家庭教師センター(家庭教師を紹介してくれるサービス)によっては、「不登校コース」を設けていることがあります。家庭教師はこれまで紹介したような特徴があることから、多くのサービスに不登校コースがあります。

管理人が紹介している家庭教師センターの中で不登校コースがあるのは、

  • トライ
  • 学研
  • ノーバス(関東地域のみ)
  • あすなろ

この4つです。ほかのサービスも「不登校の生徒さんに対応しています」とうたっているものの、しっかりと不登校コースを設けているのはこの4つでした。

ノーバスやあすなろは「準大手」のサービスで、サービスの質が良くて料金も安いです。体験などを受けて検討してみるのも良いと思います。

不登校コースの特徴は「通常コースよりコミュニケーションを重視する」という点です。特別な教材や資料などを使う場合もありますが、「カウンセリングの資格を持つ先生」や「不登校の生徒さんを指導した経験のある先生」が、じっくりと対話をしながら子供の指導を進めてくれます。

通常コースの先生でも、不登校の子供を指導することはできます。ただ、不登校コースだとより子供に合った指導を受けやすいため、家庭教師センターと相談してコースを決めると良いですね。

不登校や引きこもりにも家庭教師は向きやすい。体験で確認するのがおすすめ

ここまで見てきたように、家庭教師は子供が不登校や引きこもりの場合にも適しています。自宅でマンツーマン指導を受けることができ、講師が子供に合わせてリードしながら教えてくれます。不登校コースも検討してみると、より子供に合った授業を受けることができますね。

ただ、「家庭教師は不登校や引きこもりに合いやすい」とはいっても、本当に良いかどうかは実際に見てみないと分かりません。そのため家庭教師を検討する場合には、実際に体験してみることをおすすめします。

各家庭教師センターではネットで「体験授業」を申し込むことができ、無料で実際に授業を受けてみることができます。「実際に指導が合うかどうか」や「スタッフの対応はていねいか」を確認して、良いサービスを利用してくださいね。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-向いている子供
-, , ,

Copyright© 中学生向け家庭教師の選び方・完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.