家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

不登校や引きこもりにも家庭教師はおすすめ。向いている理由とメリット

投稿日:2018年1月16日 更新日:

子供が不登校や引きこもりの場合、勉強が心配になることもあると思います。

  • 「学校の授業に、どんどん遅れてしまう」
  • 「高校受験や今後の進路が不安」
  • 「将来のために、親ができることはないのだろうか」

上のような不安があることは多いですが、こうしたときにも家庭教師は向いています。自宅で1対1の授業を受けることができ、必要な学力を保つのに役立ちます。

ここでは、「不登校で家庭教師を利用する場合」を解説します。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。簡単な「かてきょ診断」で質問に答えると、複数の大手家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。かてきょナビなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

不登校や引きこもりに家庭教師が向いている理由

不登校や引きこもりに家庭教師が向いている理由は、次の5つ。

  • 昼間を含めて、指導時間を自由に選べる。
  • 家で授業を受けられる。
  • 1対1で教えてもらえるため、周りの目が気にならない。
  • 人見知りでも、先生がリードしてくれる。
  • 会社によっては「不登校コース」を用意している。

こうしたメリットは、塾や通信教育にはありません。それぞれについて、詳しく見ていきます。

昼間を含めて、指導時間を自由に選べる

不登校や引きこもりの子供は、昼間からゲームをしたり、ゆっくり過ごしたりすることが多いです。家庭教師として教えてくれる先生は人によって予定が違い、昼間に教えられる先生もいます。

  • 平日の昼間に授業の空きがある大学生の先生
  • 教育の仕事をしていて、午後から出勤する社会人の先生
  • 昼間は空き時間がある女性の先生

こうした先生は、「むしろ昼間のほうが空いている」ということも多いです。

学習塾だと多くの場合、夕方以降しか開いていません。家庭教師なら時間・曜日に融通が利くので、子供の生活リズムに合わせて教えてもらうことができます。

家で授業を受けられる

子供が家にこもりがちな場合、塾は行きたがらないことが多いです。かといって参考書や問題集、通信教育の独学はかなり強い意志が必要なため、長続きしないことがよくあります。

家庭教師なら先生が家に来てくれるため、引きこもりの子供でも勉強を続けることができます。

家庭教師なら慣れた自宅で授業を受けられて、子供が不安を感じることなく勉強できます。

子供が1人で勉強しようとすると、誘惑に負けやすいです。教材を開いてもゲームやマンガが近くにあるため、つい遊んでしまいます。家庭教師なら先生が来ることで強制力が働くため、勉強習慣を作りやすいです。

人見知りでも、先生がリードしてくれる

「うちの子は人見知りだから、家庭教師の先生に慣れてくれるかな・・」と心配な場合もあると思います。

ただ、家庭教師では先生が子供をリードしてくれるため、安心して授業を受けられます。

あまり話さない子供でも、先生から積極的に話を振ってくれます。

勉強することは大切ですが、先生が子供と良い関係を作ることは学力を伸ばす上でとても大切。「何か好きなこととかある?」「ゲームとかよくする?」のように先生が雑談を適度に挟むと、子供は授業を楽しく感じて、勉強へのモチベーションが上がります。

 

1対1で教えてもらえるため、周りの目が気にならない

子供によっては「周りに人がいる中で勉強するのが苦手」ということもあります。

家庭教師ならマンツーマンでの指導なので、集中して勉強しやすいです。先生は年齢が離れているため学校の同級生と同じではなく、子供は先生を「大人」として見ます。そのため、子供にとって先生の存在がストレスになることは少ないです。

家庭教師を利用する場合、週に1~2回のペースで指導してもらうことが多いです。時間的には少ないものの、1対1で毎週勉強を教えてもらうと、子供が少しずつ「勉強のペース」をつかめるようになります。ペースができてくると積極的に勉強できるようになり、子供が自分で勉強できるようになることもあります。

会社によっては「不登校コース」を用意している

家庭教師センターによっては、「不登校コース」を設けている会社もあります。家庭教師が不登校に向いていることは多くの家庭教師センターが理解していて、不登校コースを専用に作っていることは多いです。

主な会社の例を挙げると

  • トライ
  • 学研
  • ノーバス
  • あすなろ

などがあります。

トライや学研は大手のため幅広い生徒に対応していて、不登校コースももちろんあります。質や安心感を重視したいときはおすすめですが、料金は正直高めです。

ノーバスやあすなろは「準大手」の会社。トライや学研ほどのブランド力はないものの、質は良くて料金も大手より安価なサービスです。体験授業を受けて考えるのも良いと思います。

どの家庭教師センターでも、不登校コースの大きな特徴は「コミュニケーションを重視する」という点です。

特別な教材を使う場合もありますが、「カウンセリングの資格を持つ先生」や「不登校の生徒さんの指導に慣れている先生」が、じっくりと対話をしながら子供の指導を進めてくれます。

通常コースの先生でも、不登校の子供を指導することはできます。ただ、不登校コースだとより子供に合う指導を受けやすいため、家庭教師センターのスタッフと相談してコースを決めると良いです。

不登校や引きこもりにも家庭教師は向きやすい。体験で確認するのがおすすめ

家庭教師は、不登校や引きこもりの子供にも良い勉強方法。自宅でマンツーマン指導を受けることができ、先生が子供に合わせてリードしながら教えてくれます。不登校コースも検討すると、より子供に合う授業を受けられるはずです。

ただ、家庭教師は良いといっても、本当に良いかどうか、子供に向いているかは実際わかりにくいもの。多くの家庭教師センターは無料で体験授業をしてくれるため、まずはどんな感じで授業が行われるかをチェックしてみるのがおすすめです。

トライや学研の体験を受けてみるのも良いですが、家庭教師センターを探すのに便利なのが「かてきょナビ」というサービス。かてきょナビは大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間が省けます。

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。かてきょナビなら不登校向けの家庭教師センターもすぐ検索でき、複数の会社を比べることでベストなサービスを選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。かてきょナビは無料で利用でき、「かてきょ診断」で簡単な質問に答えていけば家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

-向いている子供
-, , ,

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.