家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

家庭教師ゴーイングは料金・教材費を確認!評判は実際どう?

投稿日:2021年12月9日 更新日:

関東エリアを中心にサービスを展開する「家庭教師のゴーイング」。親近感のわくホームページで良さそうに思えますが、確認が必要な点もあります。

公式サイトは格安な指導料が目立つものの、ほかの料金もかかるため、トータル月額は月1.5〜2.5万円ほどが目安。また、ゴーイングはオリジナルの教材も用意していますが、学校の教材に集中したり、本屋で売っている参考書や問題集も十分に良いため、利用するかどうかはよく考えて決めましょう。

ここでは家庭教師ゴーイングの料金(教材費)や、評判を解説します。

ちなみに、家庭教師を探すときに便利なのが「家庭教師比較ネット」というサービス。「ぴったり家庭教師診断」というカンタンな質問に答えるだけで、地域で人気の家庭教師会社をすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。家庭教師比較ネットなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてください。

「家庭教師 比較ネット」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師ゴーイングは料金を確認。指導料のほかに教材費または管理サポート費がかかり、合計で月1.5〜2.5万円ほどが目安

ゴーイングの料金は、少しわかりにくいです。

公式サイトの料金ページを見ると「小学生1コマ1,000円(30分・税込)」のように、格安な指導料が目に入ります。ただ、かかる料金はほかにもあるため、合計の月額は月1.5〜2.5万円ほど。結局は相場くらいの金額になります。

公式サイトには一応「全ての料金をホームページで表示しています」と書かれていますが、正直もう少し見やすく載せてほしいところ。

大きく分けるとゴーイングの料金は、「ゴーイングで用意している教材を使うか、使わないか」で2パターンに分かれます。

ゴーイングの教材を使う場合(指導法1):「指導料」+「教材費」+「先生への交通費」
ゴーイングの教材を使わない場合(指導法2):
「指導料」+「管理・サポート費」+「先生への交通費」

ゴーイングの教材を使う場合は「教材費」、使わない場合は「管理・サポート費」がかかります。それ以外の「初期費用」「指導料」「先生への交通費」はどちらの場合も共通で、下のようになっています。

【初期費用】

入会金 22,000円(税込)
預り金(保証金) 16,000円

※預り金(保証金)は、もし月謝の支払い遅れがあった場合、埋め合わせに使われるお金。滞納がなければ退会時に返金。

【指導料】

学年 1時間の料金(税込)
小学生 2,000円
中学生 2,000円
高校生 2,500円

ゴーイングの公式サイトには1コマ30分での料金表示ですが、ここでは1時間(2コマ)あたりの料金としています。

たとえば

小学3年生・週1回(月4回)・60分の指導なら、指導料は2,000円×4=8,000円(税込)
中学2年生・週1回(月4回)・90分の指導なら、指導料は2,000円×1.5×4=12,000円(税込)

となります。

ただし上の金額はあくまでも「指導料だけ」の金額で、毎月のトータル金額ではありません。

【先生への交通費】

なるべく近くに住む先生や、定期を持っている先生を紹介してもらえるため、かかっても往復1回500円ほど。
月4回の指導なら、500円×4回=2,000円のようになります。

家庭教師ゴールの教材を使う場合(指導法1):教材費で年間10〜15万円ほどかかる(プランによって変わる)

ゴーイングが用意している教材を使う場合、科目によってテキストの値段が違い、下のような料金になっています。

【指導料+教材費】
(税込)

教科数 月4回
90分
月4回
120分
小学生 算・理 19,400円 23,400円
算・国 20,200円 24,200円
算・英 20,200円 24,200円
算・理・社 22,700円 26,700円
算・国
理・社
26,800円 30,800円
中学生 数・理 19,400円 23,400円
数・英 20,200円 24,200円
英・数・理 23,500円 27,500円
英・数・国 24,300円 28,300円
営・数・国
理・社
30,900円 34,900円

ゴーイングは指導料がお値打ちなものの、教材費を含むと相場くらい。すごく安いというわけではありません。

また、気をつけたいのが、教材は「契約」ではなく「購入」という点。もしゴーイングを途中で退会しても、教材代のローン支払いは残るため確認しておきましょう。

ゴーイングの教材は「メイトホームスタディ」というもの。内容はしっかりしているので、体験授業で確認して「これはいい」と納得できたら利用するのも良いと思います。

ちなみにゴーイングの教材を使うのがおすすめな人として、

  • 勉強のやり方がわからない人
  • 勉強が大キライな人
  • 受験が心配な人

とあります。

学校の定期テストは基本的に、授業で使っている教材から出題されます。ゴーイングの教材まで増やすとやることは増えるため、しっかりこなせるか考えて利用しましょう。

家庭教師ゴーイングの教材を使わない場合

ゴーイングの教材を使わない場合、教材費のかわりに「管理サポート費」がかかり、下の料金になります。

【指導料+管理サポート費】
(税込)

月4回
90分
月4回
120分
小学生 21,800円
(管理費9,800円)
25,800円
(管理費9,800円)
中学生 21,800円
(管理費9,800円)
25,800円
(管理費9,800円)
高校生 28,400円
(管理費13,400円)
33,400円
(管理費13,400円)

こちらのほうが、シンプルな料金でわかりやすいです。手持ちのワークや参考書・問題集で教えてほしい場合、こちらを利用すると良いです。

ちなみにないとは思いますが、もしゴーイングの営業スタッフがオリジナル教材を強く勧めてくる場合、やめておくべき。

会社によっては教材を売るのが目的の場合もあるため、親身になってくれない、違和感があるなどの場合は「すいません、やめておきます」とキッパリ断りましょう。

また、その場の空気から、つい契約をしてしまう可能性もあります。ただ、契約から8日以内は国の「クーリングオフ」という制度を使えば、無条件で解約できます。ゴーイングのスタッフは親身に考えてくれると思いますが、もしものためにクーリングオフ制度があることを覚えておくと良いです。

(参考)国民生活センター:クーリングオフについて

家庭教師ゴーイングは評判もまずまず良い会社。他社を含めて考えよう

家庭教師のゴーイングは公式サイトを見ると良さそうに思えますが、料金は確認が必要。ゴーイングが用意している教材を利用する場合、途中でやめると支払いが残ってしまうため確認して利用しましょう。

ゴーイングの評判はまずまず良く、多くのご家庭に支持されていますが、管理人的には他社とも比較して決めるのがおすすめ。お子さんのために、ベストな会社を利用してほしいと思います。

なお、家庭教師を探すのに便利なのが「家庭教師比較ネット」というサービス。イトクロという教育系の大手企業が運営していて、人気の家庭教師会社をまとめて検索。1社ずつ問い合わせる手間を省けます。

家庭教師比較ネット

家庭教師比較ネット

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。家庭教師比較ネットなら複数の家庭教師会社にすぐ相談でき、スタッフの様子・対応などから、ベストな会社を選べます。

家庭教師比較ネットは無料で利用でき、「ぴったり家庭教師診断」で学年やカンタンな質問に答えるだけで、地域で人気の家庭教師会社を提案してもらえます。ぜひ使ってみてくださいね。

「家庭教師 比較ネット」の公式サイト・家庭教師センター比較

-サービス

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.