家庭教師の選び方を徹底解説!

家庭教師の選び方完全ガイド

家庭教師のあすなろとガンバ・ゴーイング・ふぁいとなどが似ている理由

投稿日:2019年11月26日 更新日:

ガンバやゴーイングなどのサイトを見たときに、「あすなろと似てる?」と感じるのは、偶然ではありません。

あすなろは人気の家庭教師センターのひとつ。ただ、さまざまな家庭教師センターを見ていると、ガンバやゴーイングなど、サイトの雰囲気が似ている会社がちらほらあります。

これは実は、ガンバやゴーイングがあすなろのグループ会社だから。あすなろは自社だけでなく複数の会社がグループとなっていて、家庭教師のサービスを全国展開しています。

ちなみに、あすなろを含めて家庭教師を探すときに便利なのが「家庭教師 比較くらべーる」というサービス。学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、地域で人気の家庭教師センターをすぐに検索できます。家庭教師を頼むときは、複数の会社を比べることもあるもの。家庭教師 比較くらべーるなら1社ずつ問い合わせる手間がなくなるので、ぜひ使ってみてください。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

家庭教師のあすなろは、複数のグループ会社がある。3つの共通点

家庭教師あすなろのグループ会社は、次のようになっています(2021年11月現在)。

  • 株式会社ひのき:家庭教師のあすなろ関東・九州
  • あすなろ株式会社:家庭教師のあすなろ東北
  • 株式会社あすなろ:家庭教師のあすなろ関西
  • 株式会社マイ・プラン:家庭教師のあすなろ東海・静岡・北陸・甲信
  • 株式会社ふぁいと:家庭教師のあすなろ北関東
  • 株式会社みのる:家庭教師のあすなろ九州
  • 株式会社ゴーイング:家庭教師のゴーイング
  • 株式会社がんば:家庭教師のガンバ
  • 株式会社アップ:家庭教師のアップ
  • 有限会社ジャニアス:家庭教師のジャニアス
  • 有限会社エール:家庭教師のえーる

上のように、実はあすなろのグループ会社はとてもたくさんあります。

それぞれの会社は別々に運営されているものの、実は共通点もあります。次の3つは、あすなろグループの主な特徴です。

【あすなろグループの特徴】

  • どの会社も、「親しみのある、わかりやすい授業」がコンセプト。
  • 料金は会社ごとに違うが、月謝は各社とも安価。
  • 「学習ゼミテキスト」という、オリジナル教材を用意している。

どの会社も、「親しみのある、わかりやすい授業」がコンセプト

【↑家庭教師のあすなろ公式HP】

【↑家庭教師のガンバ公式HP】

あすなろのグループ会社はどの会社も、ホームページが親近感のあるデザインになっています。これは「親しみのある、わかりやすい授業」を提供するというコンセプトからきています。

あすなろグループの先生は、大学生が中心。大学生はお兄さんやお姉さん的な立ち位置で子供を教えやすく、勉強が苦手な子供でも気に入りやすいです。「勉強は苦手だけど、先生に教えてもらうのは好き」となったら、成績が伸びる可能性はぐっと高くなります。

料金は会社ごとに違うが、月謝は各社とも安価

あすなろグループは、料金が各社とも安価です。会社ごとに料金体系は違うものの、月4回・60分の指導で8,000円〜1万円、これに管理費または教材費が加わって月1.5〜2.5万円くらいになります。

大手の家庭教師センターは同じ内容でも、月3〜4万円ほどかかります。これに比べるとあすなろグループの料金は安く、金額を抑えて1対1の指導を受けられます。

「学習ゼミテキスト」という、オリジナル教材を用意している

あすなろグループはどの会社も、「学習ゼミテキスト」という教材を用意しています。学習ゼミテキストの正しい名称は「メイトホームスタディ」といいます。

メイトホームスタディは小学生・中学生向けのテキストで、学年ごと・科目ごとに分かれています。これを使って先生に教えてもらう場合、必要なテキストを購入することになります。

進研ゼミなどの通信教育は、月7,000円〜1万円ほどの費用がかかります。毎月かかる金額はそれほど高くありませんが、年間にすると10万円ほどになります。

メイトホームスタディもこれと似た仕組みで、1年分で10〜15万円ほどの教材を、分割で購入する形になります。

「あすなろやガンバは教材代が高い!」という口コミも見かけますが、その分指導料が安くなっていること、通信教育と同じくらいの費用ということを踏まえると、考えても良いと思います。ただ、「やっぱり手持ちの教材でいいや」と思ったら、メイトホームスタディは使わなくて大丈夫です(この場合は1万円ほどの管理費がかかります)。

会社が分かれている理由は、地域密着で運営するため

トライや学研などの大手家庭教師センターは、日本の各地に営業所を作って全国展開しています。一方あすなろは、各エリアで別の会社を設けています。

家庭教師センターは、地域密着で運営する必要があります。大学受験は全国共通ですが、私立中学受験や高校受験は地域ごとで仕組みが違います。また、子供が通う学校によっても指導方針が違い、きめ細かい対応が必要。

そのためあすなろは地域ごとに会社を設けて、全体で「あすなろグループ」として運営しています。

また、ふぁいとやガンバなど別の家庭教師センターを作っているのは、よりシェアを獲得するためだと思われます。

ただ、あすなろは1990年ごろからスタートした会社で、設立当時は積極的に教材をすすめることもあったよう。あすなろやふぁいと、ガンバなどのサイトでは、「強引な営業は絶対にしません」というフレーズをよく見かけますが、今は普通に良心的な家庭教師センターです。

あすなろはいろんな会社がグループになっていて、ほかの家庭教師センターにはない仕組みで運営されています。似たデザインのホームページが多くて少しわかりにくい面もありますが、あすなろグループの会社は勉強が苦手な子供には合いやすいです。

勉強が苦手な場合やまず平均点を目指したいなら、あすなろグループの会社はおすすめ

あすなろはふぁいとやガンバなどのグループ会社があり、共通の特徴をもっています。お兄さんやお姉さんのような家庭教師にわかりやすく教えてもらえるため、伸び悩んでいるなら考えてみる価値はあります。もちろん他社も含めて、体験授業を受けて検討してほしいと思います。

なお、あすなろグループを含め、家庭教師を探すのに便利なのが「家庭教師 比較くらべーる」というサービス。大手の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ問い合わせする手間を省くことができます。

家庭教師 比較くらべーる

家庭教師を頼むなら、なるべく信頼できる会社にお願いしたいもの。家庭教師 比較くらべーるなら複数の家庭教師センターにすぐ相談でき、各センターのスタッフの様子・対応から、ベストな会社を選ぶことができます。

良い先生に巡り合うには、家庭教師センター選びがとても大切。家庭教師 比較くらべーるは無料で利用でき、学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、地域で人気の家庭教師センターを提案してもらえます。ぜひ使ってみてほしいと思います。

「家庭教師・比較くらべーる」の公式サイト・家庭教師センター比較

(あすなろについてはこちらも参考に)

-サービス

Copyright© 家庭教師の選び方完全ガイド , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.